2017春の乗り出しメイン

■海のモデルコース

春を先どり!南房総サイクリングに家族を、仲間を連れ出そう!

 

春、新年度が近づいてきました。健康のためや新しいチャレンジとして、奥様と、家族と、会社の仲間とスポーツバイクを始めませんか?

 

今回は当社スタッフ「ダイスケ」が奥様「ヨーコ」をサイクリングに連れ出しました。

ヨーコはマウンテンバイクの経験もありますが、10年以上も遠ざかっていたため「さて乗れるかな?」とご心配の様子でしたが。「自転車に乗れたら一生忘れない」とはまさにこのことで、すぐに慣れておいででした。

 

さて、「房総フラワーライン」をご存知ですか?

南房総の海沿いを走る花いっぱいの国道、県道の愛称です。

今回はその中でもハイライトとなる白浜周辺の片道約14キロをサイクリングしてきました。

暖かな気候のため早くから花が咲き、2月が花のピークとなるこのエリア、風景、食とどれをとっても最高のロケーションです。

 

※本情報は2017年2月に撮影、作成したものです。

 

 image1

スタートは「白浜フラワーパーク」を利用いたしました。こちらはキャンプなどもできる施設ですが、受付で500円を支払えば、駐車場のみの利用もでき、車をデポするのにも便利です。

 

 image2

このシーズンは「花摘み」のポピーが満開です。

 

 image3

目の前が410号線「フラワーロード」、右手に海を見ながら出発です。

出発前に機材のレクチャーを受けたヨーコ、すぐに勘を取り戻してますね。

気をつけて、いってらっしゃい!

 

 image4

砂浜を右手に見ながら走ります。

あまりに海岸に近く、風で飛ばされた砂が浮く場所がちらほら。前走者のダイスケが後ろに声をかけながらスローダウンして回避。

 

 image5

今回のルートには海岸線の車道と並走して「サイクリングロード(自転車歩道です)」があるのですが、あまりに多い飛砂のため、ところどころたち消えているため、基本車道を走ります。このあたりは路肩も広く、車道も走りやすいです。

 

image6 

声をかけながら手信号で合図。海岸に降りてみることにしましょう。

 

 image7

いたるところに海岸までアプローチできる場所があります。しばし潮騒を・・・。

 

 image8

ワンちゃんを散歩していた観光客とコミュニケーション。旅先での出会いもまた一興。

 

 image9

野島崎灯台まであと2km。ゴールまでの30%を消化。

 

 

 image10

10分ほどで野島崎灯台に到着。周辺はホテル、海産物系のお土産屋さんが軒を連ねる観光地です。

 

 image11image12

灯台までは徒歩でアプローチ。全高30メートル近い灯台は入場料200円で展望台まで登れるので試してみることに。

 

 image13

視界をさえぎるものがまったく無いので、海から山までの360度パノラマが広がります。

 

 image14

天気がよければ遠く大島まで遠望できます。

 

 image15

灯台周辺のお土産屋さんも魅力的なのですが、さらに3kmほど走って乙浜漁港まで足を伸ばすと一軒の海産物店が・・・。外で干物をまさに作っているところです。

いわし、さんま、あじ、さば、むつなど地元で定置網にかかった魚を干物にしているそうです。それにしても子いわしが20尾で100円、さんまが150円、あじが120円とは・・・いくらなんでも安すぎませんか?

おかみさんによると、店先に干物を干して販売できるのは、寒くて天気がよくある程度風のある冬の間だけとのこと。

 

 image16

「おいしそう!」と見ていたら、風が強くなってそろそろしまうから今のうちにね、ということで「食べてみて」と試食が出るわ出るわ。

 

 image17

これからお昼ご飯だというのに香ばしいにおいに負けてパクついてしまう二人。

少しは汗もかいて、塩分がほしかったのかもね。

「いやホントにおいしいんだって。」

 

 image18

さて、この辺の道路の歩道は「自転車通行可」となっています。野島崎周辺は車道が狭く初心者であれば少し怖いかもしれませんので、ゆっくりと歩行者を気遣いながら歩道を走ることも検討しましょう。

 

 

 

 image19

この海岸線の道路はフラワーロードから一本海側にありますが、花き農家さんが花摘みを営む光景が増えてきます。

 

 image20

先ほどの干物屋さんのあった乙浜漁港からさらに2.5kmで突如現れるアーチ型の「南房千倉大橋」。てっぺんからの眺めと潮騒をしばし堪能。

 

 image21

橋からは波に洗われる岩越しに大きな商船が。

 

 image22

千倉大橋から1.5kmほどで本日の実質ゴール地点「ちくら潮風王国(道の駅)」に到着です。

2月は花摘みのピークで観光客も大勢。駐車場がいっぱいです。

 

 image23

「千葉県サイクルツーリズム」を標榜する現地では道の駅などにサイクルラックを設置しているところがあり、このちくら潮風王国にもサイクルラックが大きく設置されていましす。

(※カギを忘れずもっていきましょう)

 

 image24

本日のメインイベントとも言える「海の幸」!

 

 image25

最も人気の「海鮮丼(1,850円)」は10種前後の鮮魚が踊る。だしのきいた味噌汁に、時間限定ですがアジフライがサービスになることも。

ボリューム満点でおなかいっぱいになります。

 

 image26

腹ごなしに海岸を散歩し、「漁船」で語らうふたり。お天気がよくて良かったですね!

 

 image27

ちくら潮風王国の向かい側は10件近い花摘み農家が軒を連ねる。

自転車だと持って帰れないけどあとで車でまた来よう!

 

 image28

復路はまったく同じコースを戻るので今回は割愛しました。

スタート地点だった白浜フラワーパークのすぐ下は「屏風岩」と呼ばれる奇岩が1km以上にも連なる絶景海岸。着替えたらぜひ訪れてみてほしい場所です。

夕方になれば、岩越しに夕日が沈む感動シーンとなります。この日は曇ってしまい、見れなかったです、残念・・・。

 

 image29

晴れたらこんな感じ。

 

南房総サイクリングいかがでしたか?関東の中でも南に位置し、伊豆と並んで暖かなエリア。車も少なく、また、海岸線沿いなのでアップ段も無く初心者とのサイクリングにはやさしいコースです。

 

ワイズロードでは3月1日から「春の乗り出しキャンペーン」の一環として2台同時購入の場合には特典がつきます。

この機会をぜひご利用いただき、サイクリングに出発してみませんか?




■サイクリングのモデルコースとして下記サイトも参考にしてみてください

>> 千葉県サイクルツーリズム 別窓 ※「海のモデルコース」は千葉のサイトを参考にしました。
>> 淡路島サイクリングマップ 別窓
>> 比企の観光ガイド 別窓
>> SHIMAP しまなみ海道観光マップ 別窓


■店舗の特価品情報&メーカー別キャンペーン

春のお買い得情報