facebook

【石川ライド番外編】CIPOLLINI DOLOMIA軽量イタリアンレーサーフレーム到着
by: 石川康輔

走っていませんが

‟コイツ”が到着したので

箱から出してみました!!

 

 

 

CIPOLLINI

DOLOMIA

20210222_191804

 

 

受注生産なので

注文してから3~6か月程度お時間いただいています

 

文脈的にお分かりだと思いますが

私の注文したフレームです

 

 

超軽量イタリアンフレーム!!

ハンドメイドなのに

ここまで軽いフレームを作れるなんて、、、

 

 

今回はいつもみたく

載せ替えするつもりが無いのですが

パーツが手元に無く

まだ、しばらく組めません

とりあえずフレームだけでも確保

20210222_191804

 

というか、思っていたより早かったので

何も準備していませんでした(笑)

 

 

 

色についてですが

特に意味はなく

20210222_191732

 

到着するまで何故か

白を頼んだつもりでいましたが

 

ちゃんとこのネイビーでオーダーは出していました(笑)

 

最近何かと青っぽいのとかを

無意識に選んでいるので

その流れでかなぁ

 

 

ヘッドセットはDEDA DCR用のCIPOロゴ入り

基本的にはアラネラハンドルを使う設計でしょうね

20210222_191831

 

 

もちろん、ワールドツアーでも走れるUCIマーク入り!!

シートステーへの流れとかも美しい!

20210222_191841

 

 

BB86プレスフィットBBなので

多くのクランクに対応できます!!

個人的には他のと同様386EVOにしてくれた方が嬉しいのですが

20210222_191858

 

ちなみにチポッリーニは

BB下がりが低め

このDOLOMIAのMサイズに関しては71mm

似たサイズのピナレロやコルナゴが72mmなので

近い感じですね

いたしゃは気持ちBB低めなのですかね

 

BB下がりだけで話をすると

現行イザルコマックス78mmは凄く低いです

 

突然何の話をしているのか

と思われるかもしれませんが、、、

ご想像にお任せします、、、

 

 

 

各部の造形

20210222_191914

 

 

 

フロントフォークは

例によってカムテール形状ですね

20210222_191959

 

 

 

ちなみにチポのえらいところは

エンド部分

DSC_1169

 

右側は当然ですが

 

 

左側もアルミ製のリプレイスエンドに!

DSC_1168

 

 

 

カーボンで成形すると

軽量にはなりますが

その分左右の平行や

使用による摩耗など

長く使用すると気になる事も出てきます

 

 

そういった気遣いができるイタリアの伊達男!!

 

素敵ですね!

 

商品紹介というよりは

ただの造形を見ながらつぶやいているだけの記事ですが

なんだかいいなと思われる方は

是非オーダーしに来てください!

一度も乗っていませんがチポッリーニなら

RB1000登場以来

コンセプトがはっきりしているので

ご想像通りきっと気にいる事でしょう

 

 

 

ハンドル周りだけはこっちで調整して持って帰るので

しばらくは展示しておきます

 

 

※触っても持ち上がらないようになっています