facebook

【石川ライド】”渋峠”に行ってきた。
by: 石川康輔

 

20210512_122846

 

 

はい

渋峠!!

 

 

という訳で

草津から待ちに待った全線開通の志賀草津道路

絶景ヒルクライム楽しんできました!!

 

 

前回のブログでも書きましたが

2カ月ぐらいまともに走っていないので

ぶっつけ本番ヒルクライムって感じです

 

ダメなら何度も休憩していく感じで無理しないように走ります

 

 

 

FENIXくん

いつもの格好で出動です

20210512_101545

 

 

全く軽くはないですが

今の身体で一番高いパフォーマンスを発揮できるので

今年はこのバイクがメインです

 

他のバイクでは身体を慣らす必要があるので

しばらくはこの子で走ります

 

 

 

渋峠まで

大まかに

20km1100アップ

ヒルクライム一本

ツーリングペースで行ってきます

 

草津側からスタートし

序盤はまだまだ木々の生えた

山道を走ります

国道なので広いですし

こういった場所にしてはキレイな路面になっています

 

観光で来ることは何度もありましたが

いざロードで登るとなると

やはりタフな感じですね

 

しゃべりながら走って二時間を目標に

ペースは抑え気味で走ります

 

 

という訳で見晴らしの良い

ポイントへ

1時間を超えるぐらいだったと思いますが

既に程よい疲労感

 

20210512_113506

 

 

ちなみに

元々重いから登りが苦手なので

フロント36

リア32を使っていましたが

 

現在何故かリアを30Tにしているので

ギヤ比が重くなっています

 

ですが

オーシンメトリックを完璧に使いこなしているので

低回転になっても

無理なく走れるので

問題ありません

 

ケイデンスは

60回転台で

7%ぐらいの斜面を越えていきます

 

 

ちなみに高回転もオーシンメトリックは最高です

180回転ぐらいでもペダリングできます

 

 

20210512_113549

 

 

緩やかに続く道は

とっても上りやすいです!!

短いけどパンチだけはある

埼玉の峠も見習ってほしい物です

20210512_114012

 

 

 

 

絶景を楽しみながら

時折温泉卵の匂いがしている区間を通ったりと

白根山の雄大な自然を満喫します!!

 

 

3倍とか出せないので(240w超えるし)

ペースは落としていますが

やはり後半だんだんときつくなります

 

 

ちなみに

話題の雪の壁は健在でした

20210512_121756

 

 

 

まだまだ3mぐらいはあるので

この週末とかなら全然行けそうですね

天気は微妙ですが

 

 

分水嶺の標識ってこんなに立派でしたっけ?

20210512_121256

 

 

ここから向こうは日本海側って事ですね

 

 

分水嶺を通過すると

まもなくゴールです

 

 

日本国道最高地点

渋峠

標高2,172m

20210512_122846

 

 

長かった、、、

とは全然思いません

休憩した時間含め約2時間

ドラマティックで壮大なコースに感動しっぱなしでした

後半は真っ白な北アルプスが出迎えてくれるので

感動で疲れは吹き飛びます

 

長時間登りっぱなしは奥多摩越えした時依頼ですね

 

20210512_122928

 

 

20210512_122919

このバイクに乗ってからは一番高いところにやってきました

 

ロードバイクで走れて

ここより高い場所は何か所かありますが

 

ヒルクライムの聖地

乗鞍岳が最も高い場所です

2720mと

ほとんどの山が下に見える位置まで登れます

 

 

 

他にも

有名なのが富士山の5合目とか

一般道最高地点の大弛峠2,360m(山梨/長野)

 

R299の麦草峠も2120mと非常に高いです

 

 

日光方面の

金精峠も2000mを超えるので

楽しそうな峠ですね

 

美ケ原高原も2000mぐらいあるので

オススメ

今度行ってくるかな

 

 

 

という訳で渋峠から少し走って

有名な県境のあの場所へ行ってきました

20210512_124238

 

紅茶を一服と

証明書をいただきました

DSC_1509

 

長野側へちょっとだけ走ると

眺めのいい場所があります

北アルプスの白馬方面が見えているはずですね

20210512_125953

 

 

下りは

ディスクブレーキなのですが

 

圧倒的に楽ですね

下りは長い場合は休憩を入れるのですが

全くいらなかったですね

 

コースが緩やかなところが殆どで

車もこの日は少ない事もありますが

 

 

ブレーキ疲れが全くと言えるぐらいありませんでしたね

 

路面を読む事に集中して

減速量も思いのまま

ちょっとオーバースピードで入ったなと思っても

後からでも調整が効くので

 

安心して下る事ができます!!

※後ろのやつがディスクブレーキじゃなきゃ危なかったらしい

 

制動力の最大値というよりは

コントロール領域が非常に広くなるのと

必要な握力が半減するので

 

 

明らかに疲れにくいですね

 

DSC_1511

 

 

 

来週は天気も微妙そうなので

地元を走ってきますが

暑くなりすぎる前に

色々なところに走りに行きたいですね