facebook 旧ブログサイトはこちら

【池田哲也のじこまん】GIANT展示会!(バイク編)
by: 池田哲也

今年も来た世界最大のブランドGIANTの展示会。

 

毎年、地元横浜で開催されるので気軽にいって楽しんでいます。2018年はここまでジロ総合優勝やツール2賞勝ち取りなど乗っているGIANT。展示会の注目はもちろんあのバイクです。

 

 

 

 

 

 

入口横には「マリアローザ」TCR ADVANCEDがお出迎え。

 

DSC00893

 

デュムランの実車かな?と思ったのですがスペーサーが積んであったので違うみたいです。

 

 DSC00894

 

 

2018年の注目はなんといっても新型PROPEL

 

 DSC00913

 

 

 

UCIのルール変更に伴う新たなチューブ形状「AERO SYSTEM シェイプ」で前作よりも大きくボリュームアップ。

 

 DSC00914

 

空力はもちろん、剛性も非常に高そう。ボリュームアップしすぎて見た目がおかしくなったりしないか心配でしたが、全体でうまくまとめて凄いボリュームなんだけどゴツクないデザインにまとめてあります。

 

 

 

パッと見ではフレームよりもボリュームアップしたフロントフォーク。フォークブレードって表現もありますがまさにそれですな。

 DSC00916

 

 

 

 

DISCブレーキのワイヤーはオリジナルステムとハンドルに完全内装。

 

 DSC00935 DSC00932 DSC00919

 

 

ハンドルを切ると操作が重くなりそうですが、このようにステムサイドがカパカパ開いくことで重くなるのを回避しています。

 DSC00934 DSC00933

 

 

トップモデルのSLは価格125万(税抜き)とGIANTにしては珍しい100万越えながらシマノパワークランク標準装備などまさにプロツアー仕様。今考えられる最高の一台ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

トップモデルの性能を引き継いだPROは¥600,000+税。

 

DSC00930

 

絶対価格は高めながら油圧アルテグラDi2にフルカーボンホイールということを考えれば驚異のパフォーマンス。

 

 

サドル高の調整幅も広く実質的なトップモデルといってもいいのではないでしょうか。個人的にもほしくなってしまいます。

 

 

 

 

 

そのほかリムブレーキモデルも継続販売。

 

DSC00928 DSC00926

 

ADVANCEDはアルテグラで26万(税抜き)と手軽に手に入る本格エアロです。

 

 

 

 

 

 

 

ツールで2賞を獲得したTCR ADVANCEDにもシマノパワーメーターを採用した100万越えのトップモデルが登場。

 

DSC00908 DSC00909

 

 

 

 

 

 

そのほか58万(税抜き)ながらDi2を装備したSLや相変わらずのハイコスパを誇るPROも昨年と変わらず登場。すべてにフルカーボンホイールが標準装備されているのですから恐ろしいことです。

 DSC00924

 

 

 

DISCモデルのPROはフルカーボンホイールにアルテグラとフルカーボンホイールで40万(税抜き)とこちらも驚異のコスパです。

 DSC01048

 

 

 

 

 

 

最近若干影が薄くなってますがDEFYも昨年からスルーアクスルにアップデートしています。

 

 DSC00936

 

トップモデルのSLのシートはISP仕様。

 

ISPは性能は高いながらシートの調整幅が狭い為、最近どんどん少なくなっていますがGIANTはエアロ、オールラウンド、エンデュランスのすべてのモデルでトップモデルはISP。ここは性能に対する強いこだわりが見て取れます。

 

 

 

 

 

 

PROはULTEGRA Di2にフルカーボンホイール仕様が50万(税抜き)。アルテグラにフルカーボンホイールが39万(税抜き)とまたまた驚異のコストパフォーマンス。

 DSC00937DSC00939

 

 

ADEVANCEDはアルテグラ仕様がわずか24万(税抜き)。

 

DSC00941

 

ブレーキはフル油圧でないですがCONDUCT DISCブレーキの採用で油圧に負けない効きと高いコントロール性。レバーがスリムなのもうれしいポイントです。

 

 

 

 

トライアスロンバイクトリニティーは53万(税抜き)でアルテグラDi2仕様と37万(税抜き)でアルテグラ仕様。しかもオリジナルのストレージも標準装備と至れり尽くせりの装備になっています。

DSC00903 DSC00899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の購入候補であるシクロクロスではトップモデルにカーボンホイールを搭載したモデルが。

 

DSC00989

DSC00990 DSC00991 DSC00996

 

 

持ちやすいトップチューブやオリジナルのチェーンキャッチャーなど相変わらず完成度の高い仕上がり。今年の目標はスルーアクスル対応のシクロクロス車を買うことなので最有力候補の一台です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MTBにも注目作が。

 

 

 

なんといってもXCラインのANTHEMとXTCが29erになったのが大きなトピック。

 

 DSC00999 DSC01003

 

 

いずれもトップモデルはオリンピックを制したXX1 EAGLEを装備して迫力の見た目。

 

 DSC01000 DSC01002

 

 

29erながら27.5インチと見た目に全く違いなくデザインできてるのにも驚きました。

 

 

 

 

XTCの方には何やら特徴的なエンド。どうやらシングルスピードに対応するためのエンドらしいです。これまたマニアックな。

 DSC01001

 

 

 

 

 

 

 

そのほか他社がMTBの展開を抑えたりやめたりする中、幅広くラインナップ。

 

 

フルカーボンのDHバイクやら

 

 DSC01007 DSC01006

 

 

 

エンデューロ向けのREIGN

 

 DSC01015 DSC01016 DSC01017 DSC01018

 

 

 

 

 

オールラウンドに使えるTRANCE

 

 DSC01004DSC01005

 

 

 

 

 

 

トレイル用のFATHON

 

 DSC01013

 

 

 

 

写真忘れましたが入門用のTALONなど様々なタイプが選べるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シティーバイクの豊富さはGIANTの真骨頂。

 

 

 

アルミトップモデルのSLRフレームを採用したクロス&グラベルバイクのTOUGHROAD。

 DSC01010

 

GIANTのグラベルともいえるバイクで高い走破性とバイクパッキングに対応する余裕を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27.5インチのタイヤを採用したGRAVIER。フレームロゴはパイプを成形させてつくられています。

 

 DSC00985 DSC00987 DSC00986

 

 

 

 

軽さとスポーティーさを強化したCROSTAR

 DSC01020 DSC01021

 

 

どちらも金額的にはESCAPE R3と被りますが、はっきりと異なるテイストとすることで違いが少ない低価格クロスバイクの選び方広げてくれています。

 

 

 

 実に長い間ラインナップされているシティーMTB SNAP

 

DSC00983

 

他社だとドロップしそうなこういうバイクが選べるのもGIANTのいいところです。(そして、実際結構売れる)

 

 

 

ESCAPE RXのトップモデル。

 

DSC00980 DSC00981

 

クロスバイクでも油圧DISCが最近の流行りですが、GIANTはおそらくあえてVブレーキ仕様。確かに整備や扱いやすさはこのほうがずっと上です。

 

 

 

 

 

といいつつシティーのトップモデルFAST ROAD SLRは理想を追求してDISCブレーキ。

 DSC01036 DSC01023 DSC01022

 

 

 

 

ドロップハンドルですがこれもシティーバイクに入れていいでしょうANYROAD

 

DSC01037 DSC01039

トップモデルはスルーアクスル採用のフルカーボン。

 

一見DEFYと被りそうですがタイヤクリアランスは更に広くポジションンもクロスバイクの様にアップライト。ロードともグラベルとも違うシティードロップとも言えそうなANYROADにしかないジャンルはGIANTの開発力と企業としての体力の高さをうかがわせます。

 

 

 

 

 

小径車のidiom。

 

DSC00982

 

特に変わってないかな?と思って会場ではスルーだったのですが、なんとワイヤーが内蔵式に。ダウンチューブのボリュームも拡大してアルミ素材もALUXXからALUXX SLに進化してチョット軽量化。またぎやすく、軽く、クイックな走りにさらに磨きがかかってそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GINATが近年特に力を入れてきたLIV。

 

 

 

レディースロードには新たにオールラウンド計量モデルに「LANGMA」が登場。

 

 DSC00946 DSC00947 DSC00948

 

E-TAPを搭載した110万(税抜き)のトップモデルをラインナップするなど力の入れ具合がうかがえます。

 

 

 

 

そのほかトライアスロンバイクやシティーバイクもノーマルラインナップに負けないぐらい展開。

 

 DSC00944 DSC00952 DSC00949 DSC01026 DSC01024 DSC01027 DSC01032 DSC01035 DSC01052

 

 

 

 

 

 

MTBも数種類。

 

 DSC01028

 

 

 

そのほかスカートでも乗れるドロップハンドルモデルなどとどまるところを知りません。

 DSC01029

 

 

 

レディースモデルは各社力を入れているところですが、LIVのデザイナーが個人的は一番いいセンスしてると思っています。

 

 

 

 そのほかコチラも写真を忘れましたが子供車も複数本格的に展開。とどまることを知らないまさに世界最大の総合スポーツバイクブランドであることあらためて思い知らされました。

 

 

 

 

 

 

 

以上でGIANT展示会バイク編は終了。バイクをざっと紹介するだけでもこの分量はさすが世界のGIANTです。

 

 

 

次回は今やオリジナリティーも十分のアクセサリー編。買うものが出来ましたのでそちらもなるべくすぐご紹介いたします。