facebook 旧ブログサイトはこちら

【池田哲也のじこまん】展示会巡り!深谷産業編。私はこれが欲しかった!!
by: 池田哲也

深谷産業

 

と言われても多くの人はイメージがわかないと思います。

 

 

同社は「エディ・メルクス」やツーリングバイクの定番「DAVOS」。パーツではミノウラを扱っている皆さんに馴染みのあるメーカーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

新たに取り扱いを始める予定の「ACE PACK」

 

DSC02280

 DSC02284

 

 

 

 

 

大きな特徴はこのバックル。

 

 DSC02286

 

コチラが良くあるバックル。

 

DSC02320

 

どんなメーカーの商品でも結構奥まで押し込まないと取れず、大型のものだと力が必要だったと思います。

 

 

 

「ACEPACK」のバックルは外側に爪を設ける事で少ない力でバックルが外れるようになっています。

写真にはうまく取れませんでしたが押し込むと勢いよくバックルが飛んでいくほど。この外しやすさは体験するともう旧型のバックルは使いたくなくなるほどです。

 

DSC02288

 

 

バックとしての作りもしっかりしていてブルーのカラーも新鮮。戦国時代のバイクパッキング市場に増えた新しい選択肢として歓迎したいです。

 

 

 

 

 

 

 

あっと言う間に品切れになったBRYTONのGPSサイコン。

 

 DSC02289

 

次回入荷は10月下旬ごろだとか。当店もモチロン補充します。

 

 

 

 

 

 

 

特徴的なコロイド素材を採用したSMITHヘルメット。

 

 

 DSC02349 DSC02351 DSC02352

 

一部に設けられたコロイドが衝撃をさらに吸収し脳挫傷などのリスクを大幅に減らします。見た目に反してベンチレーションも良好。重量も重くなくより安全なヘルメットを探している方にはオススメです。

 

 

 

 

 

 

最近、人気のシューズカバーVELO TOZEには新たにヘルメットカバーが追加。

 

 DSC02340 DSC02355

 

雨の日はもちろんこれから寒くなるので防風用にも使えそう。色が派手なので安全性も向上しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ミシェランの新型MTBタイヤ。26インチもラインナップされているのが重要なポイントです。古い規格も排除しないよ。

 DSC02318 DSC02319

 

 

 

 

 

 

高級カスタムパーツメーカー「ホワイトインダストリー」。超高精度とMADE IN USAが売りのメーカーです。

 

DSC02309 

 

もはや絶滅種に近いハイエンドスクエアテーパーBB(チタンBBで¥22,200-と作りを考えれば激安。)

 

DSC02312

 

 

高級フラットペダル。(4万ぐらいだったはずです)。

 

 DSC02313 DSC02314

 

 

 

 

 

ハブもたくさん。様々な規格に対応できるようになっています。

 DSC02317

 

 

 

 

 

ピスト用の高級コグ。

 

 DSC02311

 

 

 

 

いずれもベアリングの回転は極上。セラミックベアリングを使うなどではなく、精度を徹底的に高める事で得られる回転の軽さは所有欲を大いに満たしてくれるはずです。

 

 

 

 

 

ミノウラとモドル企画のコラボレーションモデルである「S+W-mM 木製スタンド」

 DSC02322

 

 

 

 

車輪の部分が回転することで出し入れの際にホイールが傷つかない便利な構造です。

 

DSC02323 DSC02325

 

車輪部分は上下に移動事で様々なホイールサイズに対応。本体重量は2.6kgで軽すぎず重すぎずで動かすのも楽。木製ベースのおかげで部屋の中においても違和感なく使えます。

 

¥15,540-+税と一台分としてはやや高いですが細かな不満がキッチリ解消されている製品なので結構需要がありそうです。

 

 

 

 

 

話題の電動空気入れ。結構大きいの(IPHONE+位)のですが、スイッチを入れれば勝手に入っていくのはやはり楽です。

 DSC02357

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に今一番カッコいい固定ローラーだと思っているミノウラのトレーナー。

 

 DSC02293

 

このフィンとかたまらんよね。

 

 DSC02297

 

 

 

最近発表されたスマートトレーナー「KAGURA」。

 

 DSC02327

 

 

 

 税込でも¥89、100-とスマートトレーナーとしてはかなり安い。

 

 

機能はメーカーサイトなどを確認していただくとして気に入ったのが音の静かさ。かなり強い力で踏んでも本体からの振動は非常に少なく、タイヤがきゅるきゅるいう音の方が遙かにうるさかったぐらいです。

 

会場の床はかなりガッチリしていたので一般家庭ではもう少し音が出るでしょうが、それでも非常に静かなローラーであることは間違いなさそうです。

 

 

 

ZWIFTを楽しむためにタブレットをハンドルに付けるグリップもしっかり用意してあります。

 DSC02334 DSC02335

 

 

 

 

さらに今後増えるスルーアクスルの自転車でローラー台が使えるようにするアダプターも用意。ネジピッチなどで3種類用意されるのでスルーアクスルの自転車を持っている方は是非お問い合わせください。

 

 DSC02294 DSC02296

 

 

 

 

 

 

 

そして、トリを務めるのはタイトルにある通り私が買う予定のコレ。

 

 DSC02298

 

 

 

ミノウラから新しく出た振れ取り台。

 

 

 

 

 

これまであった振れ取り台は安くて古い規格のみ(スルーアクスルなどに対応できない)しか対応できないものか。

 

 

 

 

 

物凄く高いモノしかありません。(余談ですが多くのプロショップでPARK TOOLの振れ取り台が使われているのはPARK TOOLが唯一新規格などにもアタッチメントなどで素早く対応しくれるからです。)

 

 HOAZN C-300 ¥72,900-

 

 71E3JYUpJnL._SL1500_

 

 

 

PARK TOOL TS-4 ¥83,052-

 

 51XxenMxLvL._SL1000_

 

(どちらも性能は良いのですが)

 

 

 

 

 

 

つまり家庭ユースのミドルグレード振れ取り台というのがこれまでなかったのですが、そこに登場したのがこの振れ取り台。

 

 

 

 

アタッチメントを付け替える事でクイックからスルーアクスルまで幅広く対応。BOOSTにも対応します。

 DSC02300

 

 

対応タイヤ幅は29×2.1まで。MTBメインの方は使いにくいかもしれませんがロードがメインの方なら非常に使いやすいです。

 

 

 

 

ゲージは着脱式で上下に動かすことで16インチまでのホイールに対応可能。

 DSC02302 DSC02303

 

 

 

着脱式という事は今後オプションが増えたりするのも期待できるかもしれません。

 

 

 

 

 

本体は4kgと軽すぎず重すぎず。

 

 

 

 

底面にアタッチメントを置くことが出来るのでアタッチメントを紛失する心配もありません。

 

 DSC02301

 

 

安くて低品質か?超高い高品質か?

 

 

 

二極化していた振れ取り台に家庭用ミドルグレードという新たな役目を担うこの振れ取り台。私は買いますよ!!

 

 

 

 

 以上で深谷産業の紹介は終了。今回紹介した商品で興味のあるものがありましたら是非ご来店、ご注文お待ちしております。