facebook 旧ブログサイトはこちら

【NEW!2018モデル!】デュラに次ぐセカンドグレード!『シマノ』ニューホイール、入荷しました!
by: 田中義臣

【SHIMANO】

WH-RS700-C30-TL

重量:1568g

 

 

PB308893-2 

 

 

定価¥83,485+税→池Cスペシャルプライス!

¥75,137+税

 

 

 

 

 

『デュラエース』ホイールに次ぐ、

 

シマノのセカンドグレードが

モデルチェンジ!

 

早速、池Cに大量入荷しています!

 

 

 PB308900-2

 

 

前作、『WH-RS81』は、

 

リムタイプが

『クリンチャー』と『チューブレス』の2種、

 

リムハイトが

『24mm』、『35mm』、『50mm』の3種と、

 

たくさん種類がありすぎて

なんだかちょっとわかりづらかった?

ですが、

 

 

 

今回の新作では、

 

ラインナップを

ギュギュ~っと絞り込んで

 

 

 

一種類のみ。

 

 

 

 

 PB308897-2

 

リムタイプは『チューブレス』!

 

そもそも、

チューブレスリムには

クリンチャータイヤも使えるので、

あえて分ける必要なし!

 

 

一般的には

クリンチャー専用リムより、

チューブレスリムの方が重くなりがちですが、

 

デュラホイールと同じ製法の

 

PB308896-2

 

『カーボンラミネートリム』

 

は、超軽量なので心配無用。

 

チューブレスタイヤも、一度使ってみれば、

乗り心地とグリップの良さに

やみつきになりますよ!

 

 

 

 

 

 

 PB308899-2

 

リムハイトは、前後で違う、

 

フロント『24mm』

&リア『28mm』。

 

『RS81-C24』よりは少し高く、

『RS81-C35』よりは低い絶妙なところ。

 

 

 

『重量:空気抵抗&ホイール剛性』

のバランスを考えて

この一本に絞って来たという事でしょう。

 

近い価格帯の大人気ホイール、

『ゾンダ』や『レーシング3』と、

ほぼ同じリムハイト

というのも興味深いですね。

 

 

 

 

 また、

『RS81-C24』と『RS81-C35』では、

リアのスポークパターンも違いましたが、

 

今回『RS700』に採用されたのは、

『RS81-C35』と同じ

 

PB308898-2

 

『OPTBALスポークシステム』。

 

フリーボディ側のスポーク本数を増やし、

反フリー側を減らして

『2:1』の比率にすることで、

左右のスポークテンションを均一化。

 

ホイール剛性が上がり、

ペダリングパワーの伝達効率も向上。

 

キレのいい加速性能を実現しています。

 

 

 

 

 

「デュラホイールは予算的にちょっと・・・」

なんて皆さん!

 

 

 

デュラエースのテクノロジーを

しっかり受け継ぎながら、

 

よりリーズナブルな

ハイコスパホイールはいかが?

 

 

 

 

 

池Cにてチェック!