facebook 旧ブログサイトはこちら

カーボンフレーム破損は治せます!修理例 ~RIDLEY FENIX SLの場合~
by: 西河 圭

 

 

 

 

この度はお客様より、落車でクラックのようなものが入ってしまい、

大丈夫か検査したいというご依頼を受けました。

 

 

 

 

 

 

DSC06898K DSC06903K 

 

 

該当箇所はこんな感じ。トップチューブ部です。

パッと見は塗装面が割れてるだけの様にも見えましたが、

指でちょっと押すとたわんでしまう感じがありました。

 

 

 

 

 

 

それだけでは判断しかねるので専門家にお任せ!

 

 

 

 

カーボンフレームの修理やカスタムを行っている

カーボンドライジャパンさんにフレームを送って見てもらうことに。

 

当初は超音波診断(1か所¥3,000~)の予定でしたが、

検査をしてもらったところ破損が確認できたということで、相談して治すことに。

 

 

 

 

IMG_1517 

 

戻ってきたフレームがコチラ。

破損箇所の上からカーボンで補強してあります。

 

 

 

 

 

 IMG_1521 IMG_1518

修理痕ははっきり残ってしまうのですが、今回はフレームが赤黒だったので

遠目で見れば思ったよりは違和感なく仕上がったかなと思います。

 

 

 

 

 Before

IMG_1439

 

 

 

 

After

 IMG_1524 IMG_1525 IMG_1526

 

 

治した後の方が剛性が上がった気がするなんて声もあるくらいですから、

心配なまま乗るよりかは治したほうがいいと思います。

 

 

 

 

費用は破損個所や補修内容により異なりますが、

¥50,000前後~って感じです。

 

 

 

まずはお気軽にご相談ください♪