facebook 旧ブログサイトはこちら

【池袋チャーリー店本日の作業日記】電動コンポ『アルテグラDi2』でバラ完。『内蔵ジャンクション』でハンドル周りスッキリ!
by: 田中義臣

池袋チャーリー店、

本日の作業は・・・

 

 

 

 PB199846

 

 

 

『バラ完』。

 

 

 

 

 

 

電動コンポ、『アルテグラDi2』

を使って組み立てるフレームは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 PB179825 (2)

 

 

 PINARELLO

GAN RS

 

 

 

 

 

プロレースで圧倒的存在感を放つ

『ピナレロ』。

 

先代フラッグシップ『ドグマF8』に

肉薄する走行性能を誇る2ndグレードです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはDi2の配線から。

 

 

PB179836

 

 

フレームのワイヤー受けを取り外し、

Di2用のキャップに交換していきます。

 

 

PB179837

 

 

リアブレーキアウター受けは、

エレクトリックケーブルの取り出し口と共用です。

 

配線が一か所に纏まることで、見た目もスッキリしますよ!

 

 

PB199845

 

 

そしてもう一つの

見た目スッキリポイント!

 

左右のシフトレバーや、

フレームからのケーブルが集約される

『ケーブルジャンクションA』。

 

 

PB199846

 

 

これを、ハンドルバー内装型にすることで

一気に配線の露出が減ってクリーンなハンドル周りに!

 

 

BontragerEliteAeroVRCFHandlebar_23238_A_Profile

 

 

これには、ケーブルを内装出来る

“穴の開いたハンドルバー”

が必須になりますが、

 

今回は

『お値段1万以下』『エアロな見た目』

という条件で、

 

ボントレガー

『エリートエアロロードバー』

¥8,241+税

 

を採用。

 

 

PB199857

 

 

ロゴやグラフィックなどは控えめなので、

どんなバイクにも合わせやすいです。

 

配線のシンプルさは際立っていますね!お薦めです。

 

 

PB199863

 

 

前後の変速機やバッテリーからの配線は、

BB付近の『ケーブルジャンクションB』に集約されますが、

 

ピナレロのフレームは

ねじ切りのイタリアンBBを採用しているので

作業スペースがちょっと狭め。

 

 

知恵の輪のようにうまくケーブルを通して、

出来るだけシンプルに配線していきます。

 

 

PB199866

 

 

配線が終わったらいよいよパーツの取付です。

 

BBはお客様こだわりのセラミックベアリング!

大人気の『ウィッシュボーン』を使いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成したバイクがコチラ!

 

 

PB199872 PB199890 PB199894 PB199908 PB199909 PB199880 PB199902PB199932

 

 

シンプルな配色ながら、

2018モデル限りの

限定グラフィック『マジックス』

で高級感あふれる仕上がりです!

 

 

 

 

 

この度はご依頼いただき

ありがとうございました!

 

またのご来店をお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラ完作業は

ぜひ池C店へ!!!!

 

 

 

 

本日の作業日記

 

 

 

車体の他にもアクセサリ・パーツも豊富!!

 


180707池C地図

 

 

お気軽にお立ちより下さいませ♪