facebook 旧ブログサイトはこちら

【池袋チャーリー本日の作業日記】『デュラエースDi2』にコンポ載せ替え!フレーム内蔵ジャンクションで超スッキリ♪
by: 田中義臣

池C店、本日の作業は・・・

 

 

 

 P1220291

 

 

 

『コンポ載せ替え』!

 

 

 

 P1220245

 

 

 

機械式のアルテグラで組まれたコチラの

『プリンスFX』

 

『デュラエースDi2』に組み換え!

 

 

 

 P1220261 P1220256 P1220252 P1220268 P1220265

 

 

 

元々のコンポを手早く取り外し・・・

 

 

 

P1220291 P1220295 P1220299 P1220281 P1220286

 

 

 

新しいレバーやブレーキ、前後の変速機を取り付け。

 

 

 

 P1220279

 

 

 

フレームのケーブルアウター受けもDi2用に変更します。

 

 いよいよ、電動用のケーブル配線・・・

 

 

ですが、

 

 

 

P1220318

 

 

 

ピナレロなどの『ねじ切り式BB』のフレームで、

 

ローターなどの『30mmシャフトクランク』

を使う場合は要注意!

 

 

 

 P1220316-2

 

 

 

この太いクランクシャフトを通すと、

BBシェルとの隙間は青い斜線を引いた分、

 

2mm幅ほどしかありません。

 

 

これでは、

BBシェルの中にケーブルを通して

配線することが出来ないので・・・

 

 

 P1220310-2

 

 

 

 

中に開いたこの数センチほどの小さな穴から

すべてのケーブルを繋ぎます。

 

 

 

 P1220308

 

 

 

通常作業の倍近い時間をかけ(笑)、

知恵の輪のようにケーブルをつないだ状態がこちら。

 

 

レバー、バッテリー、FD、RDからの4本の配線が

ジャンクションポートに繋がりました。

 

 

 

 P1220315

 

 

 

これらをすべて穴の中に押し込んで・・・

 

 

 

 P1220324

 

 

 

BBを付けるとこんな感じ。

 

これならクランクシャフトと配線が接触して

擦り切れたりする心配もありませんね!

 

 

 

 

 

 

 

 P1230405

 

 

 

出来上がったのがこちら!!!

 

 

 

 P1230429

 

 

 

2019NEWモデルの『プリンスFX』は

『ドグマF10』を踏襲し、

 

従来はステム裏などに取り付けられていた

『ジャンクションA』を、

ダウンチューブ内に内蔵できるようになりました。

 

 

 

 P1230427

 

 

 

また、

ピナレロのパーツ部門、『モスト』製のステムは、

『ブルートゥースユニット』を内蔵できます。

 

 

 

 P1230420

 

 

 

かさばる部品がすべて内蔵されたおかげで、

ハンドル周りは超スッキリ!

 

 P1220246

 

元の機械式変速の時と比べても一目瞭然です。

 

 

 

 P1230416 P1230445P1230410 (2)P1230438 (2)

 

 

 

この度はご依頼いただき

ありがとうございました!

 

またのご来店を

お待ちしております!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 æœ¬æ—¥ã®ä½œæ¥­æ—¥è¨˜

 

 

 

コンポ載せ替えも池C店まで!

 

 

 

 

 

 

 

車体の他にもアクセサリ・パーツも豊富!!

 


180707池C地図

 

 

お気軽にお立ちより下さいませ♪