facebook 旧ブログサイトはこちら

【池袋チャーリー店本日の作業日記】激安カーボンハンドルの落とし穴。安いのには理由がある?
by: 西河 圭

 

 

 

 

 

 

常お店でカーボンハンドルを買うとすると2万円~4万円前後します。

 

 

 

 

 

 

でも通販で探したりすると見た目は全く同じで5千円くらいのもあります。

一体何が違うんでしょうか?例の一つとして今回の作業をご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0349

 

 

今回は、自分でハンドル交換をやってみたが

上手くできなかったという事でお持ち込み頂きました。

ケーブルがハンドル内蔵型だと難しいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはケーブルの通し穴について。

 

 

IMG_0352

 

 

 

 

 

外側内側に1つずつケーブル通す用の穴があります。

ブレーキのルーティングに違和感を感じ、シフトと一緒に

同じ穴から通そうと思いましたが、断念。

 

 

 

 

 

 

1本分しか通る大きさになっていません。

 

IMG_0354

 

 

 

 

 

Di2組で、ブレーキ+電線だったらいける大きさですが、

今回の車体は機械式だったので、仕方なく当初ので通すことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的内蔵ハンドルの場合

IMG_0360

IMG_0364

 

2本分入る大きさになっていたり、

格納できるような設計になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0353

 

 

元々作業されていたアウターを引っこ抜いた時に既にボロボロの状態でした。

 

安いものはおそらく内面処理が雑でバリが立っているようです。

なので繰り返し通すとそれに引っかかって傷がついてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして激安あるある!?

 

IMG_0357

 

ハンドル中から謎のプラ素材が出てきました(笑)

そんな話を聞いたことがあったので、ホントにあるんだなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0365

 

 

そして苦労しながらも完成。

シフトは思ったより動きが悪くなかったですが、

ブレーキはやはりとても引きが重くなってしまいました。

 

 

 

 

やはり見た目や重量がほとんど変わらずとも、

製品としての完成度・質は明らかに差がある事が分かりました。

 

 

見た目だけを重視するのであれば構いませんが、

 

安全性が怪しかったり、操作性が悪くなったりと

犠牲になる部分も必ずありますので、そういったリスクを

よくお考えのうえ購入してください!

 

 

 

 

 

※なお、通販で買った商品の持込作業は

お断りさせていただく場合もございます。

 

 

 

 

本日の作業日記