facebook 旧ブログサイトはこちら

【池田哲也のじこまん】クイックをしっかり締めるには。
by: 池田哲也

この時期のチャーリー店風物詩は実は「イベント車検」

 

 

毎日数件といっていいペースで車検の依頼がありますが、その時に非常に多いのが「クイックの締め付けが緩い」こと。全部とは言いませんが半数ぐらいはクイックが緩い、走行中に開いちゃいそうなほど緩いケースもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

が、それも仕方のないこと。なぜなら市販のバイクのいくつかのクイックはそもそも固すぎて閉められない。(そして開けられない)

 

例えば代表はこれ。

 

4408DE24-747D-4E83-8D93-C5A6AE39A24A

 

このクイックは結構な数の完成車。なかには30万を超えるバイクやフルカーボンホイールにも使われているのですが、十分なトルクでしめようとするとかなり固い。

 

納車説明の時にご自身でクイックを閉めてもらっているのですが、男性でも人によっては苦労する。ましてや、女性なら十分なトルクで締めるのは無理と言ってもいい。クロスバイクの修理で錆びてむちゃくちゃ固くなって工具でこじらないとあかないのも大抵このクイックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この問題を解決する一つはレバー側にスプレーグリスやオイルを一拭きすることですが、効果が長続きするわけではないので確実性がありません。

 C07054D3-BD92-40CE-B55E-DBDC07FF4581

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでオススメするのはクイックを軽い力で確実に閉まるクイックに交換すること。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば代表はシマノのクイック。

 

 487CA737-F5B2-45D5-B3B5-79C5434800FB

 

昔から軽い力でよく閉まるクイックの代表。

 

値段はそこそこしますが、しっかりと閉まり安全性も向上。開閉のストレスもなくなり何より長く使えると考えれば十分ペイできるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

他にもオススメはいくつかあり例えばカンパニョーロやフルクラムのクイック。(取り寄せでご用意できます)

 

 

3EF7D2B1-E665-4821-9D6B-089E5B850426 

 

下位グレードのものでは無く上位グレードのものに使われているクイックなら見た目もかっこよくしっかりと閉まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにMAVIC(取り寄せでご用意)

 

413D5716-2C5D-4503-93B0-53D720C474AF

 

こちらも下位グレードでは無く上位グレードについているなら本当に軽い力でしっかり固定。個人的に締め付けるときの感触も一番気持ちいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに隠れた良品ボントレガークイック(取り寄せでご用意)

463ACE02-3F93-4020-9224-666D026F7A2B

 

ひょっとしたら最も軽い力でしっかり閉まるかもしれない優良クイックの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よりがっちり固定したいならこちらのスキュアータイプ。

 

 30904092-6A0E-4539-86BA-F747E8F4C7195943F4FD-4E5B-4D7B-8E5D-EC48A26CFB3A

 

工具を使って締め付けるので安心確実に固定が可能。難点は工具を持ち歩く必要があること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私の一番のオススメはDT SWISSのRWS

 

AD8CD2F9-0E71-427D-B126-A6DA01B46C0FB964263E-A9D9-475D-BB57-E522E7BA9057

 

私も愛用する「DTのぐるぐる」(と私が勝手に呼んでるだけでほかは誰もそう呼んではいませんが)は一見クイックながらレバーを回して締め付けるスキュアータイプ。

 

クイックリリース式に対してより確実に高いトルクで締め付けられ、レバーも長いので女性でもしっかり閉めやすい。

 

 

 

 

 

 

 

レバーの角度も写真のように引っ張て締め付けた後も変えることができるので、しっかり締め付けた後に空力的にベストなポジション。あるいは他のクイックではできないフレームにぴったり沿わせた位置(他メーカーは指が入らなくなって開けられなくなるので無理)に調整も出来ます。

E9863BCE-58F0-4C9D-89EC-C8479FFEE5E9

 

 

 

 

 

 

 

さらに、レバーのオフセットが大きいのでエンド形状が複雑でレバーが回しにくいフレーム(TREKのカーボンフレームのリアエンドとか)でもスルスル素早く回して固定することができます。

 

 

 

 

 

 

 

通常のクイックよりも固定力が上がるのでホイールとバイクの結合も増し走行性能もアップ。

 

私はディスクブレーキのバイクに初めて使いましたが、ブレーキングも含めてバイクの総合性能が確実に上がって走りの満足感がしっかり向上しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一見するとタイヤの脱着に時間がかかりそうですが、爪に合わせてクイックを緩めなくてはいけないフロントならむしろ脱着スピードはアップ。リアも数回転させるだけなのでそれほど時間はかかりません。

 

 

 

 

 

 

最後に「クイックを閉めすぎるとハブの回転が悪くなる」という意見は昔から根強くありますが、私がRWSをいろいろなバイク(クロスバイクなども含む)に使った感じでは回転が悪くなるどころかむしろ滑らかに回るようになった感じがあります。詳しい検証はできませんが、ホイールとフレームがしっかり固定され安定感が増したメリットの方が回転が多少鈍くなるマイナスを補って余りあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「クイックが緩い。固くて閉められない、開けられない。」対策にはクイックを新しくするのが一番。

 

 

 

 

 

 

 

ベストは私オススメのRWS。他にも今回紹介したレバー達ならどれも軽い力でしっかり閉まるので是非是非導入してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。