facebook 旧ブログサイトはこちら

【2020 ピナレロ】DOGMA F12勢揃い。ピナレロ展示会行ってきました。
by: 池田哲也

 スポーツバイクを語る上で絶対に外せない定番鉄板ブブランドピナレロの2020年展示会に行ってきたので紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場で出迎えてくれたのは昨年のアイアンマンワールドチャンピオンシップで「キャメロン・ウルフ」が圧倒的なタイムを叩き出すのに貢献したトライアスロンバイク。

 

 A8C75B3F-71DE-4B22-9624-AE810C7B4CFE

 

 

トライアスロン専用として生まれたフレームは独自のストレージやパイプのボリュームなどロードモデルとは思えない迫力。

 30A2CD6B-3205-4243-81DF-6EA36ED54ED661D8C981-1EF8-40C8-9508-9E1F9EC02E587F074EDF-F777-4BC8-9CC6-6D789FCFCDA2F6C436A7-85ED-4926-BAAD-63285B31F1D75351C892-FA76-49C9-B091-FD2985E3429D090DE7BF-51AB-4FA8-8043-C16FC5B25620

 

 

 

 

このホイールはトライアスロン界隈で注目されているらしい「SWISSSIDE」のホイール。日本にも輸入されないものでしょうか。

 683EB815-DBD9-4B13-83FE-4775E368093F

  

TT用のボリデは納期が1年近くかかっていたそうですが、これはもう少し早い納期で入れることができるそうです。

 

  

フレームセットより完成車がだいぶお得になっています。

0148B317-1C33-4A6E-B235-37CC35B3997E 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一台は衝撃的なデザインが話題になったGREVIL+。

 

9E2C4091-0F74-49E0-8EFE-03BC178B35D0

 

アシンメトリーを推し進めたデザインやフロントシングル専用など見所の多い注目モデル。実際、かなりの高額車ながら注文もたくさん入っているようです。

 DC1A1DB3-1F93-4A79-B727-0989C4DE1F090615E15B-4394-47DC-BE43-AE052C773F51

 

 

 

 

 

 

 

今展示会のメインディッシュDOGMA F12達。

36D64708-DCC4-4665-A926-3F141E83943C1816A9E5-5E77-4937-B40F-1517199FCDF3A561DE33-ACBC-4DE9-9154-2D6E42EFA3A618195341-7EB8-4F4C-82E2-CECC4E3561334956F5D9-8275-46F4-A9BD-2DE4D63046FE 

 

 

 

 

このシックなカラーはこれまでのピナレロとはまた違ったイメージです。

 F94CC2D2-0149-4688-BB95-E64FEFAC5B58

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、F10のブラッシュアップバージョンとも思われがちですが、GREVILでさらに進んだアシンメトリーデザインを採用した実車は実物を見るとまるで別物。

 86C55FDD-70AA-4A45-A776-4ED2006F257A0D92C4C6-D588-45A9-B4C6-B87E2A2F8CC10B94EEBF-FB84-4C18-B5E5-879043315534A5D5CCFA-3951-401B-B00A-50D38A8DB8D6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドチューブのボリュームはまさに別物

 

F10

8365A0A0-293F-4844-B522-406CE1E88083

 

 

 

F12
3E6714CE-1E88-4DF7-80BF-D3690E6A0BCA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボリュームを増し、エッジの効いたフレーム各部はF10とは比較にならないかっこよさに仕上がっています。

 

(比較にF10)

 035CCA7D-9D20-4DE0-9862-D0D84A335381

 

 

(F12 チームイネオス)

9C3C2FC0-9A8D-4C97-AB7D-23F9100E9A8D7FE4300F-C8AE-4D47-BDE0-3C2AFB98D903 

 

 

このボトルが気になる。

 55450D40-771E-4549-85E5-7925B53DD0A3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル一体型ハンドル。

 37A4A737-BB62-48F6-AFCB-6ECC33923DD7

 

 

 

 

リムブレーキの場合ワイヤーはここから出ます。

 5C133F90-4437-4940-B1D6-B4B2AD7A3BAD

 

 

 

 

 

こちらはノーマルステムなどを使う場合のスペーサーとヘッドの調整が簡単にできる分割式スペーサー。

 B63FAFD5-FB20-495D-9349-00DC3F4876A9144A5161-495B-4F32-9D0C-EFAB965EC8EF7C05BB52-F8F5-45D0-9188-184A98D62933

 

ワイヤーはかなり急になるので組み付けはやはり電動がオススメかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のプレゼンテーションでは歴代のDOGMAを試乗してきたシクロワイアードの方が登場。

 

曰くこれまでのDOGMAは

 

 

65.1

 

 

 

 

F8

65.1より 乗りやすくなった 

 

 

 

 

 

F10 

F8より剛性が上がった。脚力によってはオーバースペック 

 

 

 

 

 

 

 

 

という流れだったそうです。では新型F12はどうかというと「マイルドで角が取れた」

 

 

これは柔らかくなったという意味ではなくフレームのボリュームが上がったにもかかわらずF10とF12の重量は同じ。となるとフレームの肉厚が薄くなっているということでそれに伴うしなりが乗りやすさをあげているんじゃないかということ。

 

DOGMA F10は脚力がないときついとも感じるバイクでしたが、F12は脚力がない人でも楽しめる幅の広さを持ったバイクとなっているようです。

 

 また、大きくボリュームが上がったヘッドチューブの効果か安定感もさらに増しており、高速時や下り坂はさらに楽しく走れるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年モデルのそれ以外の注目モデルはMOSTのオリジナルサドル。

 

 0DEFE964-668A-44F5-B5A1-B61A0ED76A37

 

ショートテールサドルを中級以上のすべての車種に標準装備。これによりバイクの快適性をさらに引き上げることに成功しています。(ちなみにデザインにはクリストファー・フルームの意見も反映されているのだとか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以外の注目モデルはシクロクロスライダーなら気になる新型「CROSISTA」

 

1076A5D5-2995-483C-AA3F-08D2894A6C8A

 

ぱっと見ではわかりにくいですが、こちらも随所にアシンメトリーデザインが採用されています。

 

 

 

 

 

 

そして、人気モデルのRAZHAにはDISCブレーキが追加!

 

 

 

だったのですがこちらはまだ現物が届いておらず写真はお預け。価格は¥298、000ー+税となっています。

 

 

 

 

 

 

RAZHAはリムブレーキモデルも密かなアップグレードが図られており、28Cタイヤに対応するようになっています。

2E69143D-B742-45E6-994D-A0B819D74DD428E99886-6904-4A3A-97BD-561D78221AB4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに2020年のピナレロは新たにホイールアップグレードプログラムを開始。

 

 C793F8EA-AC5C-477E-8E4E-C5D19F742DD1

 

対象はDOGMA F12とPRINCE FXのみですが、フルクラム、カンパニョーロ、DEDAのホイールに通常よりリーズナブルな価格でアップグレードが可能なお得なプログラム。

 

対象ホイールや価格などは店頭に資料があるので是非お尋ねください。

 

 

 

 

 

 

 

 

DOGMA F12を筆頭に魅力的な製品が例年以上に多い2020ピナレロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる方は買うならいま。店頭に資料もありますので是非ご相談ください。

4D946E37-2959-4CBD-AAD7-59D0A061F68D 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。