facebook 旧ブログサイトはこちら

【2020NEW】変わらないように見えて実は大幅刷新。ビアンキ2020も注目モデルたくさん。
by: 池田哲也

だいぶ間が空いてしまいましたが、各店でもニュースに載っている通り2020年ビアンキ展示会に私も行ってきました。

BCDF2A0A-45D0-475B-8426-9C430724CD63 

 

当店はレパルトコルサストアではないのフラッグシップのモデルのカーボンバイクなどは扱えないのですが、スポーツバイクを扱うものとしてビアンキは欠かせないバイク。気になったモデルを紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

2020年のロードバイクラインナップでフルカーボンモデルはスプリントの追加以外は大差なし?

 F8C6EDEC-F5F9-4129-9D34-6D581EF38201

 

 

 

と思っていたら大違い。実はOLTRE DISCシリーズ、ARIA DISCはフレームをDISC用に再設計。

 

剛性バランスを調整することでリムブレーキと遜色ない乗り味を実現した他、OLTRE XR4では専用ハンドルと使うことで電動ならケーブルをフル内装することが可能になっています。

 

(展示車はまだ間に合ってないのか機械式のため外装でしたが)

B3A38A6E-A734-40AB-957E-849FE596F93E 

 

ほかにOLTRE XR3はバランスを再調整してホビーライダーにも乗りやすいようになっているなど見た目は違えど中身はさらに進化しています。

 

 

 

 

 

 

さらに2020年からビアンキでもカラーオーダープログラム「TAVOLOZZA」がスタート。

 

 6B8AFEAD-C87F-453F-A976-2FB7F2549413

 

対応モデルは「OLTRE、SPECCIALISSIMA、AQUILA、METHANOL RS」の4車種。塗装はトレビリオにある本社工場内で職人がハンドペイント。それでいてアップチャージ代は¥38、000ー+税とかなりリーズナブルです。

 

ビアンキのホームページでは早速シュミレーションができるようになっているので是非試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今年の注目は様々なメディアやワイズロード のブログで紹介されている「SPRINT」

F5DB18AC-2F0F-4871-A622-3A5EC70F12FE

 

(この塗装がなんかすごい)

C524B8AF-AE84-4DDD-865C-FA18E868AA7A

 

 

 

 

同じくミドルグレードのARIAに対して軽さと反応製を重視したフレームはコンパクトなデザインでいかにも挙動が軽そう。

8796C257-A1C8-4968-BCB0-6E5E15E6F700

 

 

 

 

 

 

フロントフォークとダウンチューブは繋がるようにしてデザインするなどARIAなどで培った空力性能を盛り込んでいる所など最新モデルという感じがします。

7EE26C92-501A-484E-9101-0C58773BE083

 

 

価格もリムブレーキモデルなら¥228、000ー+税とヨーロッパのカーボンモデルとは思えないやすさ。当店でも取り扱いできますので興味のある方は是非ご注文ください。

 

 

 

 

 

 

 

またアルミモデルの定番IMPULSOに新たにオールロードモデルが追加。

19AC780D-67B4-421A-BE1C-BED5D5127501

 

ディスク、グラベルロードはどんどん増えています。

 

 

 

 

 

 

展示車にはGRXが付いているモデルもありました、ブラケット握りやすかったです。

258EE65F-169E-46F7-AD33-84C354C2DFCA6A9B54B6-E196-4BDF-B6D5-08EC713B4B24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の高いクロスバイクも油圧ディスクモデルが増加中。

B593F2C5-9F77-473C-AB5C-0E523B17805ED96CC3D8-4E37-4A27-84F1-2130728CE1FD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

密かな超高性能XCバイクMETHANOL CV RSも展示されていました。

40C542DA-6168-4A33-83F0-6952CD7A6308

 

 

 

 

 

 

 

 

ビアンキはアクセサリーにも力を入れており今年も豊富に用意。

F85B17DC-8279-4F30-8D4C-9EDD94D83DC2 255E9605-F1AF-4672-9DAC-DCD13AC7E89E 883792E0-3FCD-487A-B880-D2DADCE38525

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのサングラスはNXTレンズを使った超高品質モデル。

 

A242FA85-BBA0-4481-AF55-73B321A25C06 0A1C99B5-1BE6-4AF0-BD62-6576C7A3D629

 

それでいて¥13、000ほどの価格と非常にリーズナブル。かけてみた所視界もクリアで非常に高い品質でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビアンキは一時期カーボンモデルの開発に苦労してだいぶ存在感が薄くなった時期がありましたが、CV採用以後はガンガン盛り返して今ではかつての輝きを取り戻しています。

 

 

魅力的なモデルが揃った2020年モデルが気になる方は是非当店でご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。