facebook 旧ブログサイトはこちら

【池田哲也のじこまん】RED ETAP AXSをようやく組めた。️
by: 池田哲也

こちらのブログで紹介していたSRAM RED ETAP AXS。

 

発表翌日には注文を出していたにもかかわらず、172、5mmのクランクがなかなか届かず待ちぼうけ。2週ぐらい前にようやく届き組み上げることができました。

 

 

 

 

ちなみに私のコンポ遍歴は

 

 

シマノ 5600 105(シクロクロス)  →   半年ぐらい

 

カンパニョーロ ケンタウル(駆動系をカンパ。ギアをシマノにしたシマニョーロ仕様)(シクロクロス)   →  7年ぐらい

 

シマノ アルテグラ DI2(シクロクロス)   →  4年ぐらい(現役復帰予定)

 

SRAM RED11S(ロード)  →  3年ぐらい(現役)

 

SRAM  RIVAL 1×(グラベル) → 2年ぐらい(現役)

 

SRAM RED ETAP AXS(シクロクロス) →  今年(もちろん現役)

 

 

 

 

 

 

実はカンパ歴がまだ一番長くは初めはシマニョーロ。リアディレーラーが壊れたときにケンタウルが一時的に廃盤になっていたのでイゴールプーリーで動かすなどなかなか思い出の深いコンポ。

 

シクロクロスでカンパはほとんどないのでリドレー×カンパ、トレック×カンパなんて仕様で走っていたのは多くのレースで私だけだったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

シマノの機械式を自分用としてほとんど使ったことがないのは珍しいような逆にショップ店員らしいような、、、。メンテや試乗会でしょっちゅう触るので使ってないって感覚は全然ないんですがね。

 

 

 

 

 

 

 

で、遍歴からも分かる通り私はスラム党。

 

ケンタウルの時もちょうど最初のフォースが発表されたあたりでお金があればそちらにしたかったぐらい。

 

そして、RIVAL 1×を使った感触から「12速になったらシクロクロスは絶対1×で使う。」と決めていたので発表と同時に注文したのは必然と言えます。

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなりましたがコンポーネントを準備して組み付け開始。

F2DD2915-FDB6-45F2-BF71-773A41F2BE6C 

 

 

今回はフレームも新しくなります(このフレームもお金がなくてパーツが揃わなかったり、AXSの発表で予定変更したりで半年以上寝かせてました)

 5C00EEBA-95FC-45E3-966C-068BE52DD112

 

 

 

 

コンポの他にXDRのフリーボディーや

175A999C-A6F3-440F-B685-4B203112672C 

 

 

 

 

 

 

 

GXP用のBBを新たに用意しました。

2E75C06C-F57F-4271-89EA-01B55121CF07 

 

 

 

 

 

 

1×で無線なのでそれほど難しくもないでしょうが、公式サイトで必要なマニュアルや動画を用意してスタート。

 B91E7DBC-64E2-4832-A4B7-5E9B703313C3D3B67965-317C-4643-B5A3-45AB03BD6C4E

 

 

 

 

まずはブレーキホースをフレームに通すところから

 2062A3EF-FF97-46EF-B3B2-1822738349D3

 

 

グロメットを電動用に

 67326B68-1A41-4A8D-ABC0-98B22EFF6212

 

 

 

 

 

リアホースを通す際はフレームのカバーに通すのを忘れないようにします。(なぜこんなことが言えるかというと前回組んだ時自分が忘れたからですが)

 05E9661A-B187-4215-951E-DC131BC9932F

 

 

 

 

 

下から上にホースを通すのは何もないとちょっと難しいのでパークの工具を使います。

 

こんな感じで

 E9BA596E-38E1-4E1B-A859-25CB75C72E3B2F80C228-9DFF-4244-A6AA-BA79D15127D2CC84D3CB-8AFB-4496-B2CB-14071A63E225

 

 

 

 

 

 

 

ホースを繋いだらブリーディング。

 

今回は初めてなのでマニュアルに従ってしっかり工具を用意してから初めます。

 28958F65-3184-4A77-8676-EEBF80629DA6

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ここからは作業に集中してしまい写真はなし。

 

ただ、ブリーディングはリアのエアがなかなか抜けきらなかった(40分ぐらいかかった。フロントは一発でしたが)以外はスイスイ。工具がしっかり固定されているのでオイルが漏れることもなく簡単。

 

変速も1×なのでーペアリング→位置合わせでボタンを数回押すー であっさりと完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで色々飛ばして完成。

E81633E5-A384-4679-8321-838B561F9595 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポジションはまた決まってないのでコラムはかなり残ってます。

 BFCD4F22-376B-4190-BED4-10F859FF4EBD

 

 

 

 

 

無線なのでシフトワイヤーがなく非常にスッキリ。整備もむちゃくちゃ楽だったので他のメーカーも早く無線になってほしいです。

 FA470A73-026E-41AF-92B1-30CEB067EE8A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シクロクロスなので純正のチェーンキャッチャーがありチェーン落ちの心配はありません。

 6FD13675-5A9E-475B-9BDC-7BB7D46073C6

 

 

 

 

 

 

 

 

トップ側もクリアランスが気になりましたが余裕。13速になった時も問題なさそうです。

 85ED9477-A0BF-4597-B43D-2433EEF6C988

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サドルはカンビウムカーボン。

 472C6109-F34E-4221-B002-E8896A778B65

 

 

 

 

 

 

ブラケットは非常に握りやすくシフトスイッチも押しやすいです。

1B9ACF91-F78F-4319-821F-F8BEDA0CC086 

 

 

 

 

 

サイコンはパイオニア。

 

5533FB77-1388-4B0E-9DE2-A4049EC27912 

 

パワーメーターが届いてないので当分走行ログだけですが。

 

 

 

 

 

 

 

誰もが気になる性能ですが、まだ十分な距離を走っていないので詳しいインプレはまた後日載せますがとりあえず、、、

 

 

 

「チェーンがすごい」

 

「クラスチェンジ」

 

「チェーンマネージメントは圧勝」

 

 

現行NO1コンポといってもいい気がします。(詳しいインプレはまた後日載せますのでお楽しみに)

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。