facebook 旧ブログサイトはこちら

【2020NEW】エアロの王様CERVELOは今年も充実のラインナップ。
by: 池田哲也

 スポーツバイク界のエアロ番長サーベロ

 

 

一時は他メーカーにデザインで遅れをとっているような時期もありましたが、ここ数年P5X →  S5 DISC → P3X  →  P5と立て続けにため息の出るような製品を次々と発表。その鉄壁のラインナップでエアロNO1ブランドの地位を復活させました。

 

 

 

 

 

 

そんなCERVELOの2020年の注目モデルはまず何と言ってもこちら。

 

8B0A90A1-F0E1-4D4B-B794-D20DC1D40E46

 

凄まじいオリジナルハンドルを使ったS5につけられる純正DHバーキットが登場。

D04850A7-EB66-4068-897E-563D3619F3FA

 

 

CERVELOらしくフィッティングには最大限の自由度が設定されておりパッドの位置などはご覧のように様々な位置に調整できるようになっています。

4FE0C272-2452-4AD0-A5D8-C3C92BE8B1DC545CCFD7-2F1F-4136-B5BD-2571BB3436AD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P5Xよりもリーズナブル(と言っても完成車で100万超えますが)で軽量、剛性も高いP3Xは見た目こそ変わりませんが、DHバーなどが軽量化。

 

802E99F9-413A-4155-AF67-85E9A0A874A3

 

軽量化幅は全体でなんと200g以上となり走りにさらに磨がかかっています。

 

 

 

 

 

全体写真は撮り忘れてしまいましたが、こちらはTTなどでも使われるP5DISCのハンドル周り。

 

19D7DD3F-293F-444C-A15F-39C7E152CBE8

 

TT以外にも距離が短いトライアスロンや軽さを優先するライダーにも最適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは変わらずラインナップされるP3。

 

4BD4B187-F322-47D5-8FA8-DB812EC8AA9E

 

ワイヤー外出しにダイレクトマウントでないリムブレーキともはや過去のもののように見えますが、実はストレージなしの状態で測った場合P5XやP3Xよりも高い空気抵抗軽減効果を発揮。

 

1E84D1AC-2E07-42EE-BB0C-2E19A1FE6686

 

整備もしやすく価格も(比較的)リーズナブル。ライドフィールはまるでロードバイクのように自然で乗り心地も快適と今でも文句のつけようのない一台と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GIROは怪我でリタイアしてしまいましたが、現代トップクラスのグランツールレーサーとも言える「トム・デュムラン」も愛用するR5。

 

0287CCEF-4846-46EF-A670-DC99D9464459

 

リムブレーキモデルも変わらず用意され様々なスタイルのライダーの希望に応えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

整備性も含めそのバランスの良さと性能と高さから実は一番おすすめとも言える S3DISC。

0EC7CCF3-E732-45C7-931A-0BA8711F38AA

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど忘れられてますが実はリーズナブルながら超高性能なR2。

 

0B325938-7243-48DE-9605-F63690FB9C28

 

30万円代前半で手に入る価格と他社同グレードを圧倒する高性能は隠れたベストバリューバイク。リーズナブルだけど高性能なバイクが欲しい方にもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

フレーム含めカラーが豊富に用意されているのもCERVELOの魅力。

 

18DBD422-A00C-4521-A7D5-533D78AAB087E66B9279-8978-4BEA-8547-AD62B1353F88D0A2F5DD-F619-4607-BD6F-61AFD0D806F9A476B2D5-D694-40D2-B228-65E2ACCB49860A47833B-73EE-4680-B6CA-48ACC4C10F53

 

レーシングカーを参考にしたそのデザインは他メーカーにはない個性を放っています。

 

 

 

 

 

 

 

チャーリー店ではレギュラー在庫としてはCERVELOを取り扱っていませんが、ご注文はもちろん可能です。

 

 

 

 

納期もかかることが多いので気になる方はぜひ早めにご注文ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。