facebook 旧ブログサイトはこちら

【2020キャノンデール】最新作勢揃い。キャノンデール展示会行ってきました。
by: 池田哲也

 

 

数々の革新的かつ魅力的なバイクを作り出すキャノンデール。

21556D27-D020-4950-951F-DCFCB8D5F20A 

 

 

注目モデルが数多く出揃った2020年の展示会に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

2020年の注目モデルはなんといってもSUPERISIX EVO、CAAD13、TOP STONE CARBONにTRED WELLの4台。

 

 

 

 

 

 

 

会場すぐのところに置いてあったCAAD13。

 

30D1188E-D100-431C-A14B-FE1C040FBB62

 

13は欧米ではキリスト教の絡みで不吉な番号ではあります。

 

しかし、その一方でアルミの元素記号番号は13。

 

D06DDD30-8106-479E-835D-D103F11CE47F

 

アルミの神を標榜するキャノンデールとしてはあえて13を型名に入れたバイクをリリースしてきました。

 

 

 

 

ぱっと見はオフセットしたシートステー以外は大きな違いを感じませんがチューブやシートポストなどを含めて最新テクノロジーを多数導入。

 

D83B5362-37D3-4280-93A9-51A0A928C125

 

競合他社ひしめくハイエンドアルミ市場で再び圧倒的トップに君臨する性能アップを果たしています。(詳しいインプレは個別の記事で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにツールで戦っているSUPERSIX EVO

 

6E25C20B-CD8F-45AB-8C12-A66F4C4C9B4A

 

最高峰の軽量バイクとして世界中から高い評価を受けていましたが、SYSYTEM SIXの経験を生かしさらなる速さを獲得するためにエアロ効果を大幅強化。

  

時速約50kmで30Wもエネルギーをセーブできる怪物バイクへと進化しました。

 

 

 

 

CAAD13と同じくオフセットしたシートステーも大きなポイント。

 

2C4C31B5-8B5C-4662-8C59-86E0A7AFACED

 

従来のSAVEとはまた違った働きをするこの部分がSUPERSIX EVOらしさをさらに強化しています。(こちらも詳しいインプレは個別で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにグラベルバイクの注目作TOP STONE CARBON。

 

D604EA59-3597-4074-A534-773D8AD291C7 

 

MTBの傑作スカルペルを思い出させるしなるチェーンステーを駆使したグラベルの最新作。

 

 

 

ただ快適なだけではなく「AI」テクノロジーを組み合わせ、反応に関わるチェーンステー長はなんと415mm!!(参考までにピナレロのGREVILでも420mm)走りも驚きの完成度です。(こちらも詳しくは個別の記事で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにトレッドウェル。

 

579F1AB3-01B1-4EE3-85BD-D94FE9E386EE

 

 

 

 

 

 

 

 

発表された時はなぜこのタイプの自転車を?と不思議だったのですが、これはキャノンデールの「ミレニアル世代」に対して売り出したバイクでフィットネスではなくウェルネス(生活全般を通しての健康的な生き方みたいなものらしいです)のためのバイクとなっています。

 

A94F24DD-F726-4634-BEB0-EA264416CA8B
 

 

 

発表時の写真では地味な印象がありましたが、実物は細部の細かなラインまでよく作られており、この手のハイエンドバイクとしては随一のデザインの一台です。

EC1C0AD4-89AC-40B7-A090-370B2A7DC3C8E2106820-9169-40F7-A9EA-AD5217913E30 

 

 

 

 

 

 

 

 

さりげなくモデルチェンジした人気クロスバイク QUICK。

 

67AE7CFB-DFBA-4849-B227-120C5518DC47

 

昨年よりもスリムになり見た目も軽やかに進化。

 

 

 

 

 

今年は下位モデルから全てSLグレードのフレームで統一し走りの質も大幅アップ。

 432BDAEC-B9ED-4691-8732-23D47D417D26

 

 

 

 

 

最上位グレードのQUICK DISC3はクロスバイクでありながらフルカーボンフォークを導入し、他社と比べてもひときわ高い性能に仕上がっています。

 FF3E2A9B-5147-49A5-8622-05C9B1C66951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年のバイクは鮮やかな塗装も注目ポイント。

 

0CCF2497-8B26-48FE-ABF1-C465DA882DF4 

 

こちらのRAPHAコラボカラーを筆頭に

19C88BBA-DF3D-448D-A7A7-969A59342203 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロスバイクのクイックでもこの凝った塗装。

 D956F26E-9A06-4EBA-89E0-C69411E5183A

 

 

 

 

 

こちらのトップストーンも非常に凝った塗装になっています。

BD71CEC4-CF7D-4302-8378-DF99B54DAD70837DF487-3744-4B90-9ED1-89908CA8D715 

 

 

 

 

 

シナプスのアルミもこの塗装です。

56A10B9A-B41F-4509-89DA-7FDF63270CDE 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに2020年のキャノンデールはクロスバイクも含め全てのカーボンフォークがフルカーボン化。

 

3FC9CC00-2F15-4A0D-A77C-8629C5DD708B 

 

他者や以前のキャノンデールでもカーボンフォークといっても写真のように半分がアルミのあるカーボンフォークがクロスバイクやロードのエントリーグレードに用いられていました。

BEAD1177-F3E9-460E-8296-435760E68357

 

 

 

しかし、今年のキャノンデールはクロスバイクののCAAD OPTIMO FLATやQUICK 3 DISC。

 

ロードエントリーモデルのSYNAPSE DISCSORAやCAAD OPTIMO SORAまで含めてあらゆるカーボンフォークがフルカーボン化。

 

それによりエントリーグレードでは特に軽さ、乗り心地、性能とも他者を引き離すバイクが実現しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに2020年の注目が多くの車種に取り付けられるこちらのセンサー。

 

2BC2F722-41CE-486A-BE45-66D7E031421AD98D10CF-0BC4-4569-BB82-441BC62AC922 

ガーミンと共同開発したこのセンサーは走るだけで自動的にスピード、距離、時間を記録。

 

 

アプリと連動することでメンテナンス時期や自分がどれだけ走ったか(ツール一周分とか)がすぐに確認できます。

 

136E315B-ED6D-46D3-A42C-DCFE2E75A3D4 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーツ類ではこちらのハンドル、ステムにも注目。

 

5CA3AF8D-F5C7-4BE5-BB61-12DC4AE23729

 

シナプスの時に製造がうまくいかず一旦はお蔵入りとなったSAVEハンドルバーとステムがついに販売。

 

 

 

専用ハンドルと組み合わせることで空力と快適性を高いレベルで両立したハンドル周りに仕上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイヤー内装の場合はシステムシックスのKNOTステムと組み合わせることも可能。

 

B8C5CA5D-7D93-437A-B7DA-BA165E5BC3BC

 

あまり多くないかもしれませんがステムクランプ部分は一般的なオーバーサイズなのでキャノンデール以外のバイクにつけることも可能です。

 

 

 

 

2020年は意欲的な製品が多数お披露目となったキャノンデール。

 

当店でも早速注文を受けていますし、資料もありますので是非お尋ねください。

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。