facebook 旧ブログサイトはこちら

【2020 ジャイアント】とにかく破格のCADEX【パーツ編】
by: 池田哲也

スポーツバイクショップの必修科目2020GIANT。

 

3781D8AD-33D7-4C90-98A2-9895D5F22AB6

 

前回の完成車編に続き今回は注目の新製品があるパーツ編です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020ジャイアントパーツ最大の注目はCADEX。

 

DB618739-B9AD-44BA-B326-468114067C3F

 

1985年にジャイアントがカーボンロードバイクを量産するプロジェクトとその製品名に由来するコストを度外視した最高級コンポーネント類。

 

 

 

 

注目のホイールは現代では珍しくチューブレス/クリンチャーとチューブラーの両方。さらにそれぞれリムとDISCをラインナップ(TTモデル除く)

 9C765514-FC91-4504-AD74-D374D517ACD8379C0F6B-8D47-4DFC-85FA-2215558AF4F5A3CD1908-7EE2-4A57-AAEE-7A5B5E0E534837624BB5-7290-4AE3-A2DC-7D32044EC115 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューブラーが軽いにはもちろんチューブレスもハイト42mmながらなんと1、327gと超軽量!!(しかも、DISCなのに!!)

 

 B1401271-04B1-41A6-ACA6-5968D8A6B941

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この軽さを支えるのはこれまでの常識を覆す細身のカーボンスポークと

BAF1739C-ECBF-4F00-8960-526C47633A0D 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フックレスリム。

 E583C4C5-731B-40B4-A09A-BF37CD162957

 

 

 

 

 

 

 

 

カーボンスポークは軽量、高剛性、そして形状の自由度により高い空力を併せ持った理想のスポーク。

BAF1739C-ECBF-4F00-8960-526C47633A0D

 

 

 

 

 

 

 

一見整備が大変そうですが振れ取りもできるし、スポーク一本単位の交換も可能なメンテナンス性も備えています。

09C80602-1914-4CE0-946B-E3748370D923
 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、フックレスリム。

 

CCA66484-F5CC-4236-9C02-F5EA1D8E41A7

 

一見するとフック式より弱く見える構造ですが実はフック式よりも薄いながらも強靭。

 

その理由は製造方法のよるもので、フック式のリムは大雑把に言えば一度チューブラーのリムを作ってそれを削って作るんだそうです。

 

そうなると当然カーボンの大敵「繊維切れ」強度が低下。結果、強度を出すために重く仕上げなければならなくなってしまいます。

 

 

 

 

それに対してフックレスリムなら一体形成が可能で強度はもちろん抜群の軽さ、そして高い剛性を獲得可能。まさに新世代のカーボンホイールと言えます。

 

 

フックがなくて大丈夫かという意見もあると思いますが、実は車などでは当たり前の使用。GIANT以外ではENVEがすでに実用化しています。

 

 

ただ、そうは言っても現時点でGIANTが認定しているタイヤは自社のタイヤのみ。それ以外のタイヤは現時点では安全性の保証なし。今後はぜひ認定タイヤを広げていただきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーボンスポークにフックレスリム。さらにGIANT独自のDBLテクノロジーが合わさったこのホイールは間違いなく現代の最先端を行くホイール。

 

0DE81E31-909E-48F7-8EAB-F06CE133F745

 

価格も他社ハイエンドホイールと同じ32万前後とテクノロジーを考えれば破格なので最高のホイールが欲しい人はご相談ください。(というか私が欲しい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カデックスはこれ以外にショートサドル。(重量138g)

D7A0A847-67C5-489C-A64B-1AB48F44AE98 

 

 

 

 

 

 

 

さらにホイールに合わせたハイエンドタイヤが展開。(写真忘れました)いずれも当店でも取り寄せ可能になると重ますので是非お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のGIANTでCADEXに並ぶ注目製品がパワーメーター。

 

6D7E5DD7-A99E-486E-AD58-D2C3CBA5706550B6DBA1-F4A7-4231-9A40-31993FDB50D9

 

なんと左右独立のオリジナルパワーメーター付きクランクを10万円(税抜き)と過去最安値で販売開始。(クランクはアルテグラのみ)

 

 

 

これは左右独立式のパワーメーターとしては間違いなく過去最安値。見た目もシンプル(何故かおにぎりは無くなりました)でマグネットがいらないなど扱いやすい仕様で手軽に、すぐにパワーメーターを使うことができます。

 

パワーメーターというとプロ用、あるいは練習用の機材と思われがちですが、実は初めての人でもペースメーカーとして使うことでオーバーペースを防ぎ余力を持ってロングライドを楽しめるようになるなどメリットがたくさん。

 

ロングライド派の方にもぜひ導入していただきたいおすすめアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年のGIANTで忘れてはいけいないのがプロチームにも供給するなど大きな進化を遂げているウェア。

 

ED6A041C-3F9F-46F5-8055-B047C22030DE

 

 

 

今年はトップモデルに従来のエチュオンドではなくスイスの高級アパレルメーカー「CUORE」社を採用。(CCCチームウェアは従来通りエチュオンド)

 

D7E39476-13D9-46BF-B66F-6227DBE5048B 

 

 

 

 

その一つがこちらの超大胆な全面メッシュのウェア。

 

C5B58466-9054-48DB-88AC-73D7BC2B585F

 

私もここまでじゃないですがメッシュスケスケのウェアを持っていますがその涼しさはこれまでのウェアが着られなくなる異次元の涼しさ。このウェアはそれを上回る圧倒的な涼しさでワイディングをサポートしてくれそう。時期的には来年用になりそうですが今から手に入れて見てはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

また写真は忘れましたがビブショーツも「CUORE」製。

 

 

オリジナルのパッドは非常に快適性が高そうです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の展示会で私が個人的に目標にしていたのがこちらのシューズ(の試着)。

 

DFDE9FAF-B368-4C15-8781-23D88B6C4656

 

現在愛用しているCHARGEの後継シューズであり、このシューズの試着をするのが今回の展示会の最も大きな目的の一つです。

 

 

 

 

 

このシューズは他のメーカーにないユニークな機構が満載。

 

一つはこちらの真ん中のBOA。

 

A262BAD1-0DAD-4C14-B78F-97604AD59848EBF698FE-6B34-4DD4-AEB7-D0F37BC74DF487CF4A50-FC39-4C3F-BA43-22DEE126FBC1 

 

写真ではよく写せなかったのですが、このBOAは外側のアッパーをしめるのではなく、シューズ内部の土踏まずサポートベルトをしめるダイヤル。

 

 

これを締めることで土踏まずがブレないようガッチリと固定され、これまでのシューズでは感じなかった絶大な固定量を得ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、従来よりも広めのラストMES2.0を用いることでパワー伝達や安定性、フィット感を向上。

0F83F148-93CD-4B40-B629-65CEF0E832CF 

 

 

 

 

 

 

 

 カーボンの広い一枚板でなく部分的にボリュームを絞り戦略的なねじれを持たせたソールなどほかメーカーにはないテクノロジーがたくさん。

 

CA54C66B-2C9D-4DF1-B49C-EAFB06FD67CB

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにかかと部分はサメ肌加工されフィット感と高めるなど前作からさらに進化しています。

18F7752E-F543-4BA0-9BCB-76E947F4D134

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、個人的に前作の大きな売りだと思っていた超独自機構つま先のフレックス機構は廃止。

 

2380C9CF-6718-47A2-BC95-FFA9EDB695B4

 

ランのあるシクロクロスではこの部分が大きな力になっていただけに惜しまれる変更点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試着してみると先代からの進化は明らか。

 

6A2D61DA-E2F6-4582-BCF8-20749DE014E2

 

前作のCAHRGEは当時最高のフィット感を持つシューズが100点だとしたら83点ぐらいのフィット感でしたが、新作は間違いなく現時点でトップクラスのフィット感を持つシューズに進化。

 

特に独特の土踏まず固定ベルトは圧が偏ることもなく足をしっかりサポートするように支えてくれます。

 

 

 サイズは前作は44.5でしたがMES2.0を採用した新型ラストだと44が良さそう。

 

 

つま先のフレックスがなくなったのは大変残念ですが、なんだかんだ言っても走るよりペダリングしている時間の方がずっと長いのだからこちらにした方がパフォーマンスが上がるはず。近々買います。

 

 

 

 

 

 

 

もう一つシューズの注目作がこちら。

 

903F0EBA-8EF6-4E95-B099-C1D774D85A1E

 

一見ビンディングシューズに見えますがクリートを取り付ける部分がないフラット専用シューズ。自転車用に滑りにくく硬いソールとBOAクロージャーを合わせた非常にニッチな製品となっています。

BDBF7C1C-DAAE-4705-9BB7-AC579677A7C1CF3FAF76-B874-4348-BFE3-AA47580821FD43C1FC8B-2306-4D1E-840C-F9A7946BC4AF

 

 

これ自体は数年前からあり欲しかったのですが、試着したことがなく扱っている店舗もほぼ見たことないので今日まで買えず。

 

会場で試着し43がちょうどいいとわかったので買います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはもともと定評があるローラー台のスマートトレーナー。

 

9DF5BAE2-30AD-4D33-93C5-33CFB251003D

 

コンパクトかつ静かで性能の割に価格もリーズナブルなのでおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンプは一見スリムな見た目ながら2層構造によりチューブレスタイヤを押し上げるコンプレッサーとしても使えるポンプが登場。

 

2F35E18A-2D35-408A-BEF7-EA6BF9A8D44E120C43A3-8FA9-40CA-88D0-33B3ADE23350

 

この手のポンプはほかメーカーでもありましたが、大きくて重いタンクがついていたので持ち運びがしにくく正直使いにくかった。

 

このスリムなポンプは持ち運びもしやすく、使い勝手も上々なので自宅用のポンプとしてはベストの一本と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほかNXT調光レンズを採用しながら超リーズナブルなサングラスやどんどん増えるチューブレスタイヤ。

4735FD78-CE28-4D3D-AA5D-EC92286362FD8B18D75B-2B4B-4613-884D-7A1011613457

 

 

 

 

 

 

さらに豊富な明るさが揃うライトなども新商品が登場。

DF740053-F2BD-4098-872A-5909F159A5E5

 

 

 

 

 

 

 

いずれも当店で取り寄せ可能。

 

細かなラインナップを知りたい方はカタログもありますのでぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。