facebook 旧ブログサイトはこちら

【社員試乗会】カタチは同じ・ドコが違う?コルナゴNEWモデル『V3』・『V3-RS』を乗り比べ♪【COLNAGO】
by: 津森 弘晃

去る9/20、池袋チャーリー通常営業・本来は店舗出勤でしたが…

多くのメーカーさんにご協力いただき最新モデルを実際に試せる機会をいただけたので参加してまいりました♪

 

 

 

勝ち星を量産する『Vシリーズ』も今や第3世代に突入し、2種類に拡充!?

 

0925_COLNAGO

2つの『V3』を試してまいりました♪

 

 

 

 

 

 

V3-RS

KIMG0566

 

 

先代の「V1-r」・「V2-r」に続くエアロオールラウンダーは、ヘッド・リア三角のボディー剛性をさらにアップさせたピュアレーシング性能に磨きを掛けたという事で「高剛性」をイメージしていましたが、実際感じたのは芯はありつつも程よいしなりで癖の無い乗り味。

 

 

さすが軽量モデルだけあって漕ぎ出しの軽さやグングンというよりもスルスルーっと伸びていく軽やかさ。

 

 KIMG0570

(足回りカンパシャマルDBってのも影響してる?)

 

登り基調のほぼ無いテストコースだったのが残念。もっと軽さを味わいたかった~!!

 

 

KIMG0568

 

剛性感アップのヘッド周りで切れの良いステアリングは意識せずともコーナーを処理でき、旋回性の高さも感じられる操作性はプロのレース機材という感触でした。

 

 

 

価格¥560,000(税別/フレームセット価格/DISCブレーキ仕様)

価格¥510,000(税別/フレームセット価格/リムブレーキ仕様)

※池袋チャーリー店にてメーカー在庫確認・お取寄せも承ります。

 

 

 

 

V3-DISC

KIMG0555

 

 

上記「V3-RS」と同じ形状の無印版。カーボンの積層を変更したという事でマイルドになってるとのこと。

実際に試してみると真っ先に感じたのはススス―――ッと好印象な漕ぎ出しの軽さ。

 

 

RSグレードじゃなくてもこれだけ軽やかさを感じるなら無印でもいいかな?と感じさせる走りでしたが、中高速域の伸びやコーナリング処理で言うとやはりRSの方がキレッキレ。

 

KIMG0557

 

路面追従性も高く最大28c幅タイヤ幅搭載も可能という事なので、レース使用がメインじゃないけど軽いバイクで幅広く楽しみたい♪という乗り方にマッチしている感触でした。

 

 

価格¥560,000(税別/DISC・シマノULTEGRA Di2仕様)

価格¥450,000(税別/DISC・シマノULTEGRA仕様)

※池袋チャーリー店にてメーカー在庫確認・お取寄せも承ります。

 

 

 

 

両車乗り比べてみると軽量モデルという事をしっかり感じられる走行感や衝撃吸収向上による快適さや安定感も高さもどちらも共通に感じる事が出来ました。

 

 

試乗したV3-RSはカンパ・コーラス&シャマルDB仕様でしたので組合せ的には100万コース、無印V3は通常ラインナップ通りのシマノ・ULTEGRA仕様なので45万

2倍以上の価格差といった点も悩みどころ?

 

 

 

0925_COLNAGO

(自分なら用途的に無印V3かな~、でもRSの機敏さは忘れらんないな~)

 

 

 

ラインナップが増えたことで用途でチョイスできるのは嬉しい!!…逆に悩む!?

 

軽さを求めオールマイティーな1台ならVシリーズ第3世代の2モデルは見逃せない選択肢かもしれません♪