facebook 旧ブログサイトはこちら

【社員試乗会】ドンキー愛用の究極のパパチャリ。マリン DONKY SE
by: 池田哲也

毎年恒例となりましたワイズロード社員試乗会。今年も多くのメーカーの協力を得て様々なバイクを乗り比べる事ができました。

 

 

 

 

 

 

今回はすごく個性的で楽クロスバイクを紹介です。 

 

  MARIN

 

DONKY SE

 

¥100,000-+税

(現金の場合は8,000ー 現金以外の場合は3,000ー分のクーポンつきます。)

当店グリーン在庫あり

 

 

3A5E0F2B-3153-4EFA-A905-C87AB6BB428E

 

 

 

 

 

 

マリンバイクが誇るドンキーがパパのために生み出した究極のパパチャリとも言えるドンキー SE。(ドンキーって誰?という方はぜひ店頭でお問い合わせください)

 

 

 

 

 

 

一眼でわかる圧倒的な存在感のタイヤはなんと27、5×3、0。

 

MTBの+タイヤも圧倒する太いタイヤがあらゆる問題を解決するパワーバイクです。(重量はわずか14kg。意外と軽いです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速乗ってみた走りはじめの印象は「なんか乗りにくくて走らない。」

 

1周目は「走りにくいな〜」と思いながら2周目に入った時にふと思ったのが「これはそもそも乗り方が悪いんじゃないだろ。」うかということ。

 

 

 

ロードバイクのように高めのケイデンスでバイクを走らせようしていたのですが、このバイクはそれではダメ。

 

逆に軽めのギア、低いケイデンスでトンットンッと軽くペダリングすれば加速した重いタイヤが自動的に路面を踏み潰してスイスイ進んでくれます。

 

 

 

 

 

走り方をつかめみさえすれば快適性はもはや他のバイクが比べ物にならない。スピードこそ出て時速27km程でしょうが、路面の凹凸が一切無くなったかのような圧倒的な走りはロードバイクでは絶対に味わえません。

 

 

 

 

 

 

 

ギアも相当軽いものまであるので坂の部分もスイッと走り切れました。

 

 

 

 

 

 

 

「ここまで太いタイヤは街中で必要?」と思うかもしれませんが、実はアスファルトというのは想像以上に荒れています。

 

特に国道一号線など主要幹線道路や山手線沿線は舗装が追いつかないためかグラベルロードでも走りごたえがあるほど荒れている場所が多く、さらに意外と坂が多い。

 

 

 

 

 

 

 

そんな場所では意外とロードバイクなどよりドンキー SEの方が活躍してくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

一見超個性的ながら実用性もバッチリのドンキー SE。クロスバイクの買い替えを検討しているのですが、候補の一台です。

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。