facebook 旧ブログサイトはこちら

【池袋チャーリー本日の作業日記】オーバーホールでフレームもパーツもピカピカに♪
by: 西河 圭

 

 

 

 

 

まだ本格的にオフシーズンではありませんが、

一足早くオーバーホールをご依頼いただきました♪

 

 

 

 IMG_0847

 

 

チャーリーでも人気だった日の丸FENIX

パッと見はまだ綺麗に見えますが..

 

 

 

 

 

たまにメンテナンスにはお持込み頂いてましたが

本格的にオーバーホールするのは初めてです。

 

 

 

 

 

今回承ったオーバーホールBでは

フレームからパーツを全て外し、

フレーム・パーツの洗浄を行います。

 

 

 

 

 

 

 IMG_0854

 

 

ポジションの記録後ばらしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_0852

 

 

外してみてみると結構汚れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはフレームの方から洗浄していきます。

 

 

 IMG_0856 IMG_0858 IMG_0859

 

 

 

パーツを付ける前に一旦コーティングもしておきます

 

 

 

 

 

 

 

 

次は外したパーツの洗浄

 

 

 

 

(ブレーキ)

 

 

IMG_0861

 

 

砂・泥汚れが付きやすいです

 

 

 

 

 

IMG_0864

 

 

5800世代のブレーキはここのローラー部がミソです。

綺麗にして少しグリスを塗布しておくと引きが軽くなります。

 

 

 

 

(清掃後)

 

 

IMG_0867

 

 

 

 

 

 

 

(リアディレーラー)

 

 

IMG_0853

 

 

地面からの砂・チェーンからの油汚れが強くついています。

 

 

プーリーには粘土みたいな汚れが付いているので

しっかり綺麗にしておきます。

 

 

 

(清掃後)

 

 

IMG_0868

 

 

 

 

 

 

(クランク)

 

 

IMG_0871

 

 

歯の削れ具合をチェックしつつきれいにします。

チェーンリングを外すと作業しやすいです。

 

 

肉抜きのミゾに汚れがたまりやすいですね。

 

 

 

(清掃後)

 

 

IMG_0883

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(スプロケット)

 

 

IMG_0842

IMG_0872

 

駆動系の中で特に汚れているところです。

 

バラシて一枚一枚きれいにしていきます。

 

 

表面だけでなくチェーンが乗っかる歯の部分を綺麗にしないと

チェーンを新しくしても汚れが移ってしまいます。

 

 

 

 

(清掃後)

 

 

IMG_0873 IMG_0881

 

 

 

 

 

 

(STIレバー)

 

IMG_0837

 

 

オーバーホール時にぜひやっていただきたい

ブラケットカバー交換

 

ワイヤーを全部外した時が交換できる

タイミングなのでやっておきましょう!

 

IMG_0880

 

 

 

 

(ボルト類)

 

 

 IMG_0882

 

ハンドル周りのボルトもよく錆びています。

 

ここを新しくするだけでも見た目が引き締まります

 

IMG_0884 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこのオーバーホール用?に買っておいた

電動ブラシがとても役に立ちました。

 

 

 IMG_0874 IMG_0877

 

 

雑誌などでも紹介されている話題の掃除アイテムです。

 

 

 

 

各パーツが洗浄出来たら注油・グリスアップをして

フレームに組付けなおします。

 

 

 

 IMG_0866

 

 

オーバーホール後の操作感は新車に近づきます。

見た目も綺麗になり、さらに愛着が沸くでしょう!

 

 

 

 

汚れなどほぼ取り除いた状態にすると、

パーツの摩耗度がはっきり出る為、

さらに部品交換の必要があるかもしれません。

 

 

それを判断するためにも2年に1回は

オーバーホールをしてください!

 

 

随時作業受け付けております!

 

 

 

本日の作業日記