【2020 NEWモデル】最後の大物⁉︎FELT 新型AR確認完了。
by: 池田哲也

今各社が最も力を入れているのはもちろんエアロロード。

 

その世界の最後の大物ARがついにモデルチェンジ。早速あった展示会でその姿を確認してきました。

 5CEBC66C-AC4F-4481-96F2-D1D339C1EA0201EAA1F4-71C7-433E-9E6F-752D03E1953E

 

 

 

前作のARのフレーム形状はなんと6年前のもの。

 

しかし、実はその空力は当時も、そして新型が出た今も最高峰。2年前に某メーカーのエアロロード発表会で他社バイクとの空力比較のグラフが出たのですが、旧ARは並いる最新バイクを抑えて2位か3位と圧倒的な成績を実現。

 

旧世代ともいえるバイクなのに圧倒的な空力を誇っていました。

 

 

 

 

 

そのためぱっと遠くから眺めると前作とよく似たフォルム。

 

5CEBC66C-AC4F-4481-96F2-D1D339C1EA02

 

しかし、近づいてみればその違いは歴然でダウンチューブはカムテールをベースとした形状に進化して板のような前作からボリュームのある形状に進化。

 CE704CCB-6F34-4F98-B95C-9E864529210E

 

 

 

 

 

その他のチューブもボリュームを増しており最新エアロロードらしいフォルムに仕上がっています。

 AB711C48-02A0-4414-B760-182DA2959AF8

 

 

 

 

 

 

リアホイールとシートチューブのクリアランスもご覧の通り。

 

54A24178-C709-4744-BA2B-B3A78F01FD24

 

こう見ると太いタイヤがつかなそうに見えますが、タイヤクリアランスは30Cまで確保されており太いタイヤをつければ高い快適性も確保できます。

 

 

 

 

 

 

 

スルーアクスルのネジもツライチの仕上がりで細部まで詰めた設計がなされています。

 B102EA22-AE48-4CA2-BFF7-0838C419A1D2

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴的だったシートポストは下側が割れた「リーフスプリング」形状で衝撃を吸収。

 FB93F5BC-14F5-40FF-BB30-33F35504ABF80AA44DDA-0833-4E44-95AA-246E90580889

 

 

 

 

 

 

 

さらにシートポスト部分にダンパーを入れることで前作から2倍の柔軟性向上を実現。

 

 B50F15D0-095A-49AC-84D6-57D0C79DFDBF

 

前作も結構乗り心地のいいバイクでしたがそれを2倍も上回るとは。太いタイヤと合わせて快適性はエアロロードの中でもかなり高そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パワーを伝えるBB部分も高い空力と剛性を両立した形状。

 

712143CE-A6D2-409F-B9B2-69B614E7A0DE7DDB1A6A-D968-46B7-9E6A-FD5072743C67

 

ボックスのようなBBは力を逃さず加速してくれます。

 

 

 

 

 

 

チャーンキャッチャーもフレームにあらかじめ備えられてトラブルを軽減します。

6EA4BE8A-C54B-41AD-8353-81E7B5FDA317

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアロロード、というより昨今のハイエンドモデルできになる整備性はどうか。

 

まずハンドルはフル内装ではなくステムクランプ手前で一体ワイヤーが出る形。これだけで整備性はだいぶ上がります。穴も大きくてグット。

 747B98E3-57FC-4BD7-BC86-1124AC73D532

 

 

 

 

 

ただ専用ステムを使った場合はブレーキホースがアンカーナットの中を通るのでステムは一番上にある必要があり、ハンドルを下げる場合はコラムカットが必須のため整備性はともかくポジション調整の自由度は低め。 

A155C87F-3E26-4540-879D-BE3911919289CC4E042E-4C02-488C-B8F7-411D174B1632 

 

 

 

 

 

ただステム自体はホースをカットすることなくかえることが出来るようです。

 A13CEF1A-7A43-485C-9CA9-DFBAFD972E5D

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム自体は1−1/8サイズなのでノーマルステムやハンドルを使うことが可能。

 

 

機械式の場合はシフトワイヤーも外だしですし、フロントブレーキホースもフォーク横から入るので整備性も調整のしやすさも抜群。(リアブレーキホースはコラム裏側のスペースからフレーム内。)空力は落ちますがお気に入りのハンドルも使えますのでノーマルステムで走るのも良いのではないでしょうか。

 5858C973-1AEE-4DBF-9870-4FCED8172D82920B724A-5FCC-435F-845B-F1E06176E9C3

 

 

 

 

 

 

すでに多くのメディアでその走りは絶賛されており、中でもトライアスロンメディアでその乗り心地の良さが絶賛されていたのが印象的。

 

 

エアロに尖ったモデルというよりオールラウンドに使える万能バイクのようなので速く、快適なバイクをお探しの方には最適だと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

プロが使うフレームが30万以下というコスパも魅力。

 

私も欲しくなっちゃう一台です。

 

 

 

 

 

ワイズロードではお茶の水店で本日より8日まで試乗が行えます。気になる一台なので私も休みの日に乗りに行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。