facebook 旧ブログサイトはこちら

【自転車通勤】あなたはどれだけ守れている?よく目にする交通ルール違反
by: 西河 圭

 

 

 

自転車通勤を最近始めた方も多いと思います。

 

 

 

 

改めて皆さんにお願いしたい

「交通ルールを守る」ということ。

 

 

 

 

 

 

私も毎日片道10kmを自転車通勤しておりますが、

違反行為を見かけない日はありません。

 

 

 

 

 

個人的によく見かけるルール違反について、

自分はやっていないか再確認して頂きたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①信号を守る

 

 

 

当たり前のように聞こえますが、

これを守れていない方が一番多く見かけます。

 

 

 IMG_1235

 

 

 

自転車は車道を走る場合、原則車道の信号に従います

 

車道の信号が赤になったら自転車も停まらなくてはいけません。

 

しかし車の横をすり抜け、行ってしまう方が非常に多いです。

 

自転車は車のなかまという認識を改めて持ち、

都合のいい走り方をするのはやめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

②逆走

 

 

これも未だに多く見かけます。

 

自転車は車道の左側を走らなくてはいけません。

 

 

 

これは自転車専用道路があってもダメです。

 

 

 

自転車ナビマーク・自転車ナビライン 警視庁

 

 

青い中だったら双方向いいんでしょ?と

勘違いしがちですが、矢印方向にしか進行できません。

 

この逆走行為は大変危険です。

 

 

絶対にやめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

③歩道の走行

 

 

 IMG_1238

 

 

歩道を走行する場合は、安全な速度で走らなくてはいけません。

 

厳密にいうと徐行(時速10km以下)

 

 

 

歩道を走っているママチャリの速度は

時速約10km~20kmぐらいです。

 

スポーツ自転車は遅く走ることが逆に難しいので

スピードが出てしまいがちですが、

ゆっくり走ることをこころがけましょう。

 

 

 

 

①の信号を守るにも関わってきますが、

 

車道を走っていて信号が赤になったら歩道を走る。

その先でまた車道に出る、という方が非常に多いです。

 

これは歩道にとっても車道にとっても危険なので

やめましょう。

 

 

 

 

 

④右折の方法

 

IMG_1237

 

 

自転車は原付と一緒で二段階右折です。

 

速く走れるからと言って右折レーンを使ったり

車の後ろについて右折してはいけません。

 

 

 

 

 

 

⑤夜間のライト点灯

 

 

 IMG_1239

 

 

 

ライトは皆さん付けていると思いますが、

夜間走行時「点滅」で使っている方も多くいます。

 

 

これは違法ではないのですが、例として東京都では

「前方10メートル先の交通上の障害物を照らせるもの」

と定めています。

 

参考資料

 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/10/30/10_06.html

 

 

 

 

 

点滅モードで10メートル先を照らせるものはあまりないです。

 

なので原則「点灯」で使うようにしましょう。

 

その方が路面をはっきり照らせ、障害物などを発見しやすいので

安全性も高まります。

 

 

 

 

 IMG_1240

 

 

CATEYEのようなライト製品には

このような注意書きが書かれていたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもたくさん知ってほしいことはありますが

私が普段気になる行為をご紹介いたしました。

 

 

 

みなさんはどれくらい守れていますか?

 

スポーツ自転車は楽しいと同時に危険な乗り物です。

 

 

 

一人一人がマナーを守って安全な道路にしましょう!