facebook 旧ブログサイトはこちら

【池田哲也のじこまん】¥2,700−でZWIFT動いたら安くね?と思って試してみた。
by: 池田哲也

先日、売り場をぼんやり眺めていてふと思ったのがこのスピードメーターを使ったZWIFT。

 

4206D017-CF4B-4C94-B575-8851BBFF79A9

 

今、全世界でトッププロも含めて多くの人が参入しているZWIFTはパワーメーターやスマートトレーナーを使うのが一般的ですがスピードメーターでも動かなくはないということは知っていました。

 

 

 

ということはこの特価センサーを使えば容易にZWIFTを楽しむことが可能では?

 

パワーメーターほどリニアじゃなくてもそれなりに動けばZWIFTの参入障壁も一気に低くなるんじゃなかろうかと思い試してみました。

 

 

 

 

早速取り付け。

 

 

6983CB78-6D0E-419E-8E75-34956F23FB6F 

固定方法はタイラップとゴムバンドを選べます。しっかり止めるならタイラップですが、今回はローラー専用で検証だけなのでゴムバンドで止めちゃいます。

 

 

 

 

そして、早速ZWIFTを立ち上げてペアリング。

 

C39F0919-1659-4CEA-9BB2-6F63A987AEFC

 

認識しないなどのトラブルを期待していたのですが、あっさり認識してくれました。

 

 

 

 

スピードメーターをセンサーとして使うとパワーメーターの時には出てこなかったローラー台を選択する画面が出ます。

 

3E8FF957-B9DC-4CFF-B9D9-52C5FB8B376C

 

色々なメーカー(日本に輸入されていないメーカーも)ありましたがグロータックは流石になかったので無名メーカーの3本ローラーを選択して進みます。

 

 

 

 

で、早速スタートしてみたわけですがその結果は、、、、(なぜかパワーが表示されていますが、なんらかの方法で仮想的に表示しているのかも)

 D97CF390-D827-4ADB-989E-AE7DD4271E47

 

 

 

進まない

 

 

 

 

アバターが走らないわけじゃないんです。

 

スタート直後はリニアに動き出したので「これはいけるか!」と思ったのですが、ちょっとペースが上がったところでピタッとスピードの上昇がストップ。

 

その後は激しくペダリングしてみても、あえてゆっくりペダリングしてもクールダウンぐらいのペースでしかアバターが走らない。

 

 

 

反応が鈍かったり、リニアじゃなかったりということは考えていましたが、ペースが全く変わらないのは想定外。

 

 

 

一応、動いているので風景を見ることはできますが、楽しむという意味では到底不足。やはりパワーメーターかスマートトレーナー出ないとダメという残念なオチになってしまいました。

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。