【池田哲也のじこまん】その完成度ハイエンドモデル以上。コラテックのドロミテDISC。
by: 池田哲也

例年に比べ大幅に規模は縮小されましたが、今年もひっそりとですが開催された社内試乗会。

 

 

 

 

 

私も参加させていただきたくさんのバイクを試しましたが、その中でも印象深かったバイクがこのドロミテ DISC。

 760CAB9E-0D9C-4ADD-A2F4-C492372A694C

 

 

 

ドイツのコラテックが送るハイエンドアルミバイクのドロミテはリムブレーキモデルも試乗したことありますが、その滑らかでクセのない走りは他社のバイクに引けを取らない素晴らしい走りでした。

 

 

 

 

 

 

そんなドロミテにDISCブレーキを搭載したモデルですが、その完成度は想像の遥か上。

 

 

 

リムブレーキのドロミテはその滑らかなカーブを描くフレームから想像できるようにアルミフレームでありながらしなりを感じさせる優しいペダリングフィールと快適性が魅力でした。

 

 

9ECC2C17-9F60-417F-A9C9-608EC5AF4A2C

 

 

その反面、剛性の低さも感じる部分があり加速などは他社に比べると少し物足りない部分があったのですが、DISCモデルはスルーアクスルのおかげか、その物足りなさが払拭。

 

 

 

魅力であったしなやかなフィーリングにロスのない加速が加わり走りの滑らかさは大幅に向上。

 6EC1AAF6-C409-4E15-B099-1E04693C9416

 

 

 

 

 

加えてDISCモデルはライドフィーリングの完成度も秀逸。

 

バイクの中にはハイエンドモデルであっても加速、巡航、登り、スプリントなどでライドフィーリングやペダリングフィーリングが異なってしまうことも(「スピードを上げていくと〜」「上りに入ると〜」なんてインプレを見たことがあるでしょう)

 

 

 

それに対してドロミテDISCは0発進でも上り坂でも下りのスピードを出すときでも平坦を巡航するときでも一貫したライドフィーリングで非常に走りやすい。

 

そのためのぼり下りを連続でこなしても疲労感が少なく純粋に走ることだけを楽しむことができます。

 

 

 

 

 

このようなシチュエーションで変わらぬ、乗車フィーリングを持っているバイクは驚くほど少なく、私がここ数年乗ったので当てはまるのは他に3車種だけ(しかも、1車種は廃盤)完成度ではハイエンドバイクをも凌ぐ完成度を誇っています。

 

760CAB9E-0D9C-4ADD-A2F4-C492372A694C 

 

 

 

 

コラテックはこの日にもう一台。また他の機会に乗ったことがありますが、バイクの完成度には毎回感心させられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

地味ながら快適なライドを間違いなく約束してくれる隠れたハイスペックブランド

 

 

 

 

 

 

人と違い、間違いのない一台が欲しい方に最適です。

 

 

 

 

 

 

 当店ではこのドロミテDISCをもちろん在庫中。

 

1709B89D-AA15-4CCB-A4B8-B0AF4AD0A19C E51D50EF-0CD2-46C4-BD36-8D783887683E

 

 サイズ、カラー違いも取り寄せ可能ですのでぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。 

 

 

 

 

 

車体の他にもアクセサリ・パーツも豊富!!

 

180707池C地図

 

 

コンビニ感覚で気軽にお立ちより下さいませ♪