【マニアック古谷野】 3/31(金) 走行日記 + α
by: 古谷野 穣治

3/31(金)

 

昼から雨予報だったのでヤビツを登っただけでした。

短距離・短時間なのでMTBでしたが強度を上げて登りました。名古木交差点から44分でした。

ロードの2倍重量でタイヤの路面抵抗があるバイクですからタイムはともかく、いい強度になります(笑)。

 

P3313035

 

頂上に着いたときからパラパラ雨が降り始めたので帰路につきましたが、だんだん強まってきて本降りになりました・・・。

ここ最近の休日は雨に降られてばかりです・・・。

 

距離38km、獲得標高870mでした。

 

 

 


 

 

過去に乗っていたバイクの紹介でも・・・。

 

 

DSC01292

 

LOOK 555 (2008モデル?)

 

555は当時エントリーグレードでロングライド、サイクリング向けでした。確かダウンチューブのデカールが初期が555で、後期がLOOKだったので乗っていたのは後期タイプですね。LOOKの当時のラインナップはこれのほかに585、595があったはず。これらのグレードになるとフランスで作られていたので学生だった古谷野は手が出ませんでした・・・(555買うときは非常に覚悟しました)。

性能は・・・、もう覚えていません(笑)。このときはバイクの性能というより純粋に乗るのが楽しかったので。エントリーフレームなのでオードソックスで、変な味付していなかったことは記憶にあります。それよりもやっぱりLOOKに乗っているというのが大きかったですね(笑)。

 

 

コンポは105(5600)にコンパクトクランクR-600がついています。よく見たらSPDペダルついています。

赤いホイールはハイエンドのレーシングゼロ・・・、ではなくエントリーのレーシング7です。この時は赤いカラーのものが出ていました。

ハンドル・ステム・ピラーはDedaで統一していて、ハンドルのアナトミック形状が時代を感じますね。タイヤは今は亡き(?)DedaTreです。あのDedaがタイヤも出していました。

サドルはアリアンテγ、現在も同じ形状のものを使っています。

 

 

当時ロードバイク歴半年にして4台目(!!)のロードバイクでした。まだお客さんだった頃、世界のアサゾーで買いました。

フレームに貯金の大半を使ってしまったのでしぶしぶ自分でフレームを載せ替えしましたが、ど素人が作業したので色々パーツ壊して貯金が底を尽きた記憶があります(笑)。改めて今見直してみると素人感があるので恥ずかしいです・・・。

無知だったロードバイクの基本構造はこのバイクに学んだものです。代償は大きかったですがいろいろ勉強になりましたよ・・・。

 

 

2017/3/31 古谷野