【海外レース】トライアスロンの新しいカタチ?
by: 高橋 淳史

DSC_0377

 

こんにちはワイズロード茅ヶ崎店スタッフ高橋です。

本日は海外の面白いnewレースをご紹介いたします。

 

 

その名は「スーパーリーグ トライアスロン」。

たくさんの有名選手と高額賞金で普通にやるだけでも興行的には面白いと思いますが、

一番の特徴は「既存の順番や距離にとらわれず新しいフォーマットでのレース、しかも三日間」という点。

 

上記動画の一日目は「The Triple Mix」

ラウンド1-スイム300m-バイク6k-ラン2k

10分休憩をはさんで、

ラウンド2-ラン2k-バイク6k-スイム300m

10分休憩をはさんで

ラウンド3-バイク6km-スイム300m-ラン2k

 

各ラウンドの上位者にはボーナスタイムが与えられます。

動画で見るとよく分かりますが、陸でゼーハーしてからのスイムは非常に大変そうですね、、、

さらにはまだ一日目なのでどこまで体力を出し切るか?マネージメントも必要です。

 

 

二日目は「The Equalizer」

バイク個人タイムトライアル6k、からのスイム300m-ラン2k-スイム300m-バイク6k-ラン2k

 

ドラフティングレースでは測りきれないバイク力を試し、

そのタイム差を使って時間差スタートしながらさらなる総合力が試されます。

これも中々きつそうで、バイクの最大は24%を超え、そもそも気温も高いし前日の疲労も。キツイ!

 

 

三日目は「The Eliminator」

ラウンド1-スイム300-バイク6-ラン2

トップがゴールしてから10分間休憩だが、上位15人以外は予選落ち!

ラウンド2は1と距離順番は同じだが今度は上位10人以外は予選落ち!

最終ラウンド-これも距離順番は同じでこのラウンドのトップが三日目の勝者!

 

コンスタントに上位に入りつつも最後はトップに食い込むスピードも求められます。いや、きついよ、、、

 

 

最終的には三日間で稼いだポイントの上位者が総合優勝のようです。

このレース、2×アイアンマンチャンピオンのクリスマコーマックさん(個人的に好き)が関連しています。

既存の物に捕らわれず新しいレースを作るという発想が素晴らしいですね。

 

レポーターはなんとロビーマキュアンさんです。その他にも豪華ゲストや選手層がとてつもない!

オーストラリアの地力を見ました、、、優勝賞金も$100,000(米ドルですよね?豪ドルでもすごいけど、、、)

 

 

ということで、なんか色々とすごいNEWレースが始まりました。

これがアマチュアまで広がるかは未知(バイクランのあとのスイムは事故になるかも、、、)ですが、

エイジグルーパーや女子バージョンも計画しているようです。

新しい物にトライしていくその環境や雰囲気がとにかく素晴らしいですね。

初レースなので周回数を間違えたりハプニングもあって面白いのでぜひ見てみてください。

 

2017/04/06 高橋