【スタッフバイク】 初体験尽くしのニューバイク!
by: 山本 研一

 

 

暖かくなり屋外での運動がしやすくなってきたこの頃。

様々な事情から今年に入って自転車に乗る機会がめっきり減ってしまった山本。

 

打開をしようと模索していたところご縁のあるお話があったので、

ニューバイクでの機材ドーピング効果を狙って購入させていただきました。

 

 

P1170620

 

 

『おい!茅ヶ崎店なんだからそこはトライアスロンバイクだろう!』

という声が様々な方面から聞こえそうですが気のせいです。(何)

 

 

P1170603

 

 

商品名 : GT SENSOR CRB/AL EXPERT 

 

 

僕はワイズロードに入社してはや3年目。

自転車業界に入って6年目も終わりに近づきつつありますが、

自身で注力してこなかった分野の一つにマウンテンバイクがあります。

 

 

P1170604

 

 

もちろん大雑把な知識やいくつかの共通項目については問題ありませんが、

折角久々に購入するバイクだったので、新地開拓と整備練習用機材として

『いじり倒すことのできる一台』 を! ということで悩み、

いろいろな方に相談した結果この自転車となりました。

 

 

P1170613 P1170623

 

 

マウンテンバイクの特徴的な機構であるサスペンション。

 

わざとつけない方もいますが、やはり下りでの走破性能があがるので

荒れた路面を走る時ほど欲しくなります。

 

このセンサーには標準で良いサスペンションがついており、走行快適性と

路面に対する追随性が非常に優れています。

 

 

 

P1170634

 

 

近年ではロードバイクでも採用されてきているディスクブレーキ。

油圧ディスクのタッチの軽さと制動力の高さは山道を走破するのに

欠かせない機材となっています。

 

 

P1170611

 

 

フロント変速は近年無くしたモデルが流行っているようです。

私が以前持っていたのはS社の10年以上前の

シティマウンテン系だったので、3枚もギアがありました。

(カスタマイズしてシングル化してましたが…。)

 

 

P1170610

 

 

左手側。フロント変速の代わりについているのはドロッパ―という機構。

なんとサドルが下がります! ロードでは未知の体験です!

 

 

P1170624 P1170625

 

 

マウンテンバイクは下りではサドルを低くして身体をしなやかに衝撃を流す方が乗り易い

ですが、登りや平地で速度を出すときはサドルを上げて座り、効率の良いペダリングを

できるようにする為に使用することができます。

 

 

などなど!

色々な機能が詰まっていて自身としてはかなり興奮している方です。

今度の休日は友人らにどこか連れて行ってもらいましょう。