【トライアスリート安田】ポイント練とは? +休日のトレーニング
by: 安田 一行

よくこのブログでポイント練という言葉を使っていますが。

ポイント練とは強度の高い スピード、持久力を高めるためのトレーニングを指します。

通常はポイント練を中1-3日空けて行います。

強度が高いため回復を必要とするためです。(特に筋力面)

私の場合はRUNは週に2回火曜日と土曜日

BIKEは水曜日と日曜日

SWIMは火曜日と木曜日に行っています。

 

また、トライアスロンのように複数種目の場合

使う筋肉が異なる為異なる種目のポイント練を連続で行うことも可能です。

 

また、ポイント練とは対になる言葉をつなぎと言います。

これは軽いJOGやポタリング、流したSWIMを行い、フォームの確認や

有酸素運動で疲労の回復を促します。

 

※ここで重要なことはポイント練に疲労を残さない事です。

 

では実際のトレーニングこんな感じでやりました。

 

5/9(火) 8:00~ SWIM ポイント練

TOTAL 1800m

対乳酸スピード練

100×8本 3:00 DIVE HARD

全部HARD 1本目1:18 以降は1:24-26で腕がパンパンで

凄い疲れたのにスピードが出ない自分に悲しくなります。(´;ω;`)

 

15:00~

RUN ポイント練 スピード系インターバル

1kmクロカン走+ドリルで走りの形の確認の後

400×5

1000×1

400×5

自分の設定は400が73秒で 1000が3:03

5000mの目標が15:30切りタイム

73,73,73,72,74,3:02,72,73,73,73,73

EVENで何とか押し切ったー(でもいっぱいいっぱい)

Screenshot_20170511-212059Screenshot_20170511-212109Screenshot_20170511-212120

もうね脚も心拍も限界だけど、途中でたれなかったのは自信になります。

この時点で脚はダメージ大。

クロカン1kmDAWNして

30分休憩をはさみ

RUN ポイント練第2部

ペース走

2kmクロカンでアップした後に

12.5km ペース走 目標ペース1km/4:00

完全に足が終わった状態はBIKE後のブリック状態

ここで走れればトライアスロンでも走れる。

注意すべき点はフォームとケガ

Screenshot_20170511-212147Screenshot_20170511-212154

疲労がMAXだったので初めからペースは上がらず

設定ペースよりも遅い4:13/1km

だけど走りきれたことと、ペースは一定で行けたことでまあ十分でしょ

今の時点では合格点です。

次は4:00/1kmで押せるようにしよう

DAWNに1kmクロカンで走り

TOTAL22.5km

 

翌日は雨プラス疲労でBIKEポイントは中止

今朝も疲労でSWIMできなかった

弱いな自分

 

ちなみにふくらはぎが破裂しそうに痛い(筋肉痛)

 

これで分かったことはRUNはふくらはぎをかなり使うので

BIKEは使わないように漕がなくてはいけないということ。

こういったことを考えながらやるのも楽しい。

 

では明日中に脚を回復させるぞ!

 

2017.5.11 安田