【レースレポート】日産カップトライアスロン
by: 安田 一行

こんにちは

日曜日に開催された日産カップトライアスロンに参加して来ました。

このレースを選んだ理由はずばり近いから!

神奈川県在住で神奈川県のショップで働いているなら

神奈川のレースに参戦して知っておくべきだなと思い

2010年に出て以来ぶりに出ました!

目標は6位以内(入賞)です!

※長いので興味がある方だけお読みください。

 

距離はオリンピックディスタンス(SWIM1500M-BIKE40KM-RUN10KM)

 

当日はレンタカーを借りて行くか悩みましたが

輪行を選択

バイクはトライアスロンバイクIA14にリアディレーラーにはビッグプーリーを付けているので

ハンドルを曲げて、リアディレーラーはフレームから外して輪行しました。

4,5mmのレンチがあればできるのでそんなに手間にはなりません。

DSC_0569

※ここから先は一人で参戦&雨の影響もあるので画像無しで行きます、ご了承ください。

朝食とレースまでの補給は

おにぎり1つ、パン3つ、mag-ONジェル3つ,CCDドリンク500ml

ちなみに起床5:00-レースは11:30開始

 

現地ではアップは30分程かけてゆっくりとJOGで心拍を上げます。

ここら辺は今までのGARMINの分析から割り出しています。

 

入水チェック30分前からはゆとりをもってウェットスーツを着ます。

ウェットスーツは着方によってその効果をどれだけ発揮できるかが決まってきますので

ここが重要ポイントです。※レース前からレースは始まっているんです。

 

スタート直前に風と潮の流れから非常に波が強くSWIMの短縮が決定

1500m→750m

短くなったとはいえ波が強いということはSWIMでの泳力差は大きく出るので

これが自分のレースにどう影響するかは分かりません。

ひとまず375m×2の往復コースを2周回なので

脳内でシミュ―レーションを行い、入水チェック後のアップもしっかり行います。

水温は意外と暖かく感じました。21℃くらいかな。

 

使用機材:HUUB エアリアス2,MP XCEED チタニウムミラーBLU

SWIMはプルメインで水のかかりはいい感じで泳ぎます

やはり波は強く、真っすぐ泳ぐのに苦労します、ヘッドアップを多めに真っすぐ泳ぐこと

集団で楽をすることを重視して最短距離で泳ぎます。

ゴーグルはチタニウムミラーのブルーですが、曇りでも視界は確保できました。

 

14:14 (25位)先頭と2分差(※事前のシミュレーションだと想定内むしろ良いくらい)

SWIMアップ時には自分の順位は分からないものの

そんなに上位ではないだろうと思い。トランジットを素早く済ませて

6周回のBIKEへ

 

使用機材:FELT IA14

バイクコースはテストコースと工場内駐車場を使用した特設コース

風避けが少なく前、横いたるところから風が吹いてくる

BIKE力が大きく差になるコースでした。

ページングは常にパワーメーターとにらめっこしながら行います。

コーナーでの減速などもありますが巡航は240W でこぎすすめます。

平均速度は36km/h前後

1周6.6kmのラップは

10:52-10:44-10:54-10:39-10:58-11:13-4:26

※最後はコースが40km以上あったようなのでその余剰分です。

4周目までは余裕があり、5周目にはちょっと辛くなり、6周目にちょっと足をつりかけてペースダウンしています。

 

風には普段からディープリムでDHポジションを取り続けるトレーニングをしているのでそんなに苦ではありませんでした。

 

1:10:53 ラップ2位 スプリット4位 

トップとは約3分半差 ラップトップとは2分半差が付いてしまいました。

順位は想定内でしたが タイムには満足できず、他の選手へバイクであまりタイムアドバンテージ稼げなかった

この時点でもまだ自分の順位は分からず、前を追うしかないと思っていました。

私のパワー(W)ではこの順位が妥当ではあるので、やはりベースアップが必要

51.5の距離だとどの選手も良いタイムで走りきれてしまうため

ロングやミドル程大きなタイムを稼ぐことは厳しいと感じました。

※51.5は弱点の無い総合力の高い選手が強い

 

ラストはRUN

使用機材はon クラウドフロー

 

走り始めてすぐに痙攣は落ち着き

前の選手をすぐにとらえる、そして10m前に選手をとらえたのでじわじわと差を詰めるように

最近導入した腕を振ってリズムを刻み脚を前に出すフォームを維持する

GARMINでラップを確認すると

3:41-3:47-3:40

非常にいいリズムで前を詰める

対面の所で確認すると3番手

先頭も追えるか微妙な位置

しかし、折り返しで後方確認すると

意外と後方の選手も多く入賞圏内もまだ確定ではなさそう。

 

3km地点で前の選手を抜いて2位の浮上

しかし!

無理をしたつもりはないですが

緩やかな下りor追い風でリズムが崩れたのか

左ももうら(ハムストリングス)がつった💦

とりあえず止まらずに左ひざは伸ばしたまま無理矢理走る

今止まるわけにはいかない!

300m程走ってなんとかつりが治る

ロスも最低限の4:02で1kmをカバー

次の1kmは3:52

つるのだけは勘弁なのでペースは落とす

後方からBIKEで抜いた選手に抜かれる 3位

この後完全にクルージングで入賞圏内確保(6位以内)に方針チェンジ

4:02-4:13(ここでもう一回逆のハムがつりました、強制走りながら治し第2弾)-4:00-4:03-3:23

こういう時にGARMINの自動ラップは役立ちます

1kmごとにペースを確認できるので良いです!

2人に抜かれて5位フィニッシュ

 

39:27(ランラップ8位)

つったのは多分バイクの後半つったのがRUNのやや速いペースで

いってしまったのかと推測されます。

ただ、そんな状況でもこれだけ走れた

onクラウドフローは良かった!

DSC_0570

 

おまけ

雨が強く表彰式は中止に

カラダもずぶ濡れになったので

輪行すると風邪をひきそうだったので

茅ヶ崎店まで自走27km 1時間

朝比奈経由ですぐです。

 

良いリカバリーでカラダを動かす事で風邪もひかずに済みました。

 

2017.6.22 安田

 

 

 

トライアスロンはじめるなら茅ヶ崎店へ!
現役トライアスリート「安田」他
エキスパートスタッフ多数在籍。

↓安田監修のトライアスロン入門動画もぜひご覧ください!