facebook 旧ブログサイトはこちら

【カスタム】 R8000アルテグラコンポ のせかえ
by: 古谷野 穣治

 

最近発売されたシマノR8000アルテグラのコンポーネントをのせかえしましたのでご紹介します。

 今回はその魅力をお伝えして同じようなお客様を増やそうという魂胆です(笑)。

 

 

P1180364

 

 

ベースの車体はちょい懐かしのKUOTA・カルマ。カーボンフレームだからできるルックスな上に、良いパーツグレードが付いていてお値打ちプライスだったコストパフォーマンスが高いバイクでした。

完成車標準のパーツからホイールやハンドルを変えながらも、コンポーネントは105(5700・10速)でした。

 

それを今回R8000アルテグラに変更されました。

 

 

P1180369

 

 

太い・太いとよく言われた105(5700)ブラケットと比べるとアルテグラはかなりスリムになっています。乗車中にほとんど握っている場所なのでここの握り心地はけっこう重要です。

 

 もちろん、変速レバーの操作・動作も軽くなっています。

 

 

P1180368

 

 

6800になってローラが追加されてスムーズな動きになったブレーキ本体ですが、

8000はそれにプレートが追加されて剛性が上がっています。剛性が上がると制御力が上がりますので指一本でも十分なスピードコントロールや急ブレーキがしやすくなっています。

 

開放レバーはブレーキアーチに隠れるような形状になりましたのでよりスマートなルックスです。

 

 

P1180366

 

 

前作の4アームからボリュームは増えながらも重量増はわずかに抑えられたニュークランク。

それに調整や構造は複雑になりながらも、変速性能は確実に上がっているフロントディレーラーです。

 

 

チェーンもアルテグラ・・・、ではなく、これはデュラエースに奮発されました。

チェーンは駆動系パーツの中でグレードによる価格差が少ないパーツですし、その価格で性能アップが見込めるのなら上のグレードが方が良いでしょう。

 

 

BBはデュラエースの物が付いていたのでこれは今回そのままです。

でも、セラミックベアリングの物はさらに良いですよ~、とお客様の物欲を刺激するために書いておきますね(笑)。

 

 

P1180367

 

 

モデルチェンジで大きく変わったリアディレーラー。MTBの構造を取り入れたものなのでロード乗りからするとなんだこれは?というルックスですが、変速性能は確実に良くなっています。

 

チェーン暴れを抑えるためにスプリングテンションが高くなっているのでリアホイールの外し方はこれまでのより少しコツがいりますが慣れれば問題ない感じです。

 

 

 

ちなみにこちらのリアディレーラーはシマノ11速同士であれば互換性ありなので5800や6800をお使いの方にもおススメです。

 

 

ホイールはカンパニョーロのEURUS。当時の標準10速対応フリーボディでしたので11速用の「FH-BUU015X1」に交換して11速スプロケットを取り付けました。素材がスチールからアルミになったのでホイール重量の軽量化にもなっています。

 

 

 この度はのせかえご依頼ありがとうございました!。

同じバイクでもコンポーネントが変わると全く違うバイクのような感じだと思います!。

ぜひ時代と技術の進化を味わってください。

 

 

 

2017/7/31 古谷野