【マニアック古谷野】 QUARQパワーメーター超簡単インプレッション
by: 古谷野 穣治

先日のZIPPホイールの超適当なインプレッションに続き

今回はQUARQのパワーメーターになります。

これは試しではなく自費購入したものですよ。

 

 

古谷野がロードバイクに使っているパワーメーターですが、

これまではROTORのインパワ―に真円チェーンリングを取り付けて乗っていました。

しかしこの度QUARQのパワーメーターに変えてみました。

 

 

P1190062

 

 

 QUARQ RED DZERO GXP ¥151,800+税

 

 

 

特にROTORに問題があったのではなく、

逆に動作の安定性やルックスが気に入っていたのですが、

楕円チェーンリングブランドに真円チェーンリングを取り付けているというジレンマがどうしても頭の隅に残っていましたのです。

 

 

QUARQは純正クランクの他に、スラムの傘下ブランドなのでREDのグラフィックを採用したモデルもあります。

通常のGXPの他に30mmアクスル軸径もあるのでフレームのBB規格に合わせる事が可能です。

またシマノユーザー向けにシマノ4ARMチェーンリングを付けられるものも販売しています。

 

 

P1190066

 

 

チェーンリングは別売りです。

チェーンリングはスラム純正・・・、ではなくPRAXISWORKSの物です。

以前使っていて変速性能が良く印象が良かったので。あとはスラムのクランクに対応している数少ないチェーンリングというのもあります。

 

 

スラムクランクにチェーンリングに取り付ける際に注意点があります。

チェーンリングボルトは一般的な110や130ピッチなのですが、ボルトの位置が異なります。

スラムで言うHB(HiddenBolt)というものです。

一般的なチェーンリングは取り付けられなくはないですが、チェーンが外側に落ちた時にクランクアームの間に挟まることを防止するピンが無いのであまりお勧めしません。

あと楕円チェーンリングは踏み位置が変わるので↑の点と合わせてと楕円リングの意味がなくなります。

 

 

もしそれらのチェーンリングを使いたい場合NHB(NonHiddenBolt)という物があります。

取り寄せになりますが、こちらは一般的なチェーンリングボルトの位置なので他社や楕円チェーンリングに対応します。

なんでこちらのメジャーな方を出さないんだろう・・・、と疑問です。

 

 

 

P1190076

 

 

 

自分が使っているコンポがRED eTapなので ルックスはGoodですね。

 

 クランクアーム横のQマークの中にCR2032電池が入っています。工具無しで交換できますし、出先で切れてもコンビニで売っているので困りません。

 

 

で使ってみたファーストインプレッションですが、

 

データのレスポンスが早いです。踏み込んだり、力を緩めるとすぐにメーターの数値が変化します。

人によっては早すぎると感じるかもしれませんが、そういう方はメーター側の表示設定を3秒平均パワーなどにしてください。

 

 

他社のパワーメーターと比べても数値はいたって標準レベル。

いまのところパワー数値に異常値などはありません。

 

 

クランクアームがカーボンなのでカッコよいのと重量が少し軽くなりました。

剛性感はROTORやシマノのアルミクランクと比べて落ちた感じがしましたが、個人的にはこちらの方がフィーリングが良いです。

 

 

以上!。まだ使い始めて1ヵ月ぐらいなのでこんなもんでしょう(笑)。

 

 

 P1190115

 

 

 

通信規格は現在の基準のANT+とBLUTOOTHです。

なのでスマホと通信できてパワーメーター校正やファームウェアアップデートが出来ます。

またBLUTOOTHでスマホ版ZWIFTでパワー表示&動作が可能です。

 

 

 

 今のところ不満は無いので今シーズンはQUARQ使ってみます。

パワーメーターを有効活用できていないですが・・・。

 

 

 

2018/2/10 古谷野