【トライアスリート安田】春だから自転車通勤始めました ver2 ライト選びはここがポイント!
by: 安田 一行

自転車通勤第二回を先日行いました。

先週の金曜日の朝に自宅を出発してお店まで片道89km

Screenshot_20180321-175649

 

自宅を6時半に出発しましたが

お店には15分前に到着

ぎりぎり、朝は車の流れも悪いので余裕を持ったプランニングが大切です。

 

現在は、ちょっと寒暖の差が激しく、風邪をひいてしまったので

自転車通勤をお休みしなくてはならないのが残念です。

速く健康になって自転車に乗りたいです

 

そして

今回ご案内するのは

フロントライト(前照灯)です。

 

ライトは大きく分けると

電池タイプUSBでバッテリー充電タイプがありますが。

通勤用で考えればUSB充電タイプ一択です。

DSC_1399 DSC_1395

左 電池タイプ、右充電タイプ

 

理由は簡単、明るさが段違い

電池タイプは前照灯の補助灯として使うくらいで考えましょう。

 

 

では各メーカーUSB充電タイプを採用しているが

選ぶポイントはどこか?

・走行時間

・最大光量

・それに伴った価格

 

例えば当店人気の4モデルで比較してみましょう。

①CATEYE VOLT200

最大光量:200ルーメン

持続時間:2時間(200ルーメン)

価格:¥4,500

DSC_1395

 

②BONTRAGER ION350R

最大光量:350ルーメン

持続時間:350ルーメンで1.5時間/200ルーメンで3時間

価格:¥7,315

DSC_1394

 

③LEZYNE MICRODRIVE 500

最大光量:500ルーメン

持続時間:500ルーメンで1時間/150ルーメンで3時間半

価格:¥5,940

DSC_1397

 

④SERFAS USL-450

最大光量:450ルーメン

持続時間:450ルーメンで2.5時間/200ルーメンで3.5時間

価格:¥3,900

DSC_1398

 

まず、大きな幹線道路を使用して河川敷などを使用しないのであれば

基本的には150ルーメンから200ルーメンあれば十分でしょう。

街灯の無い道路を走るなら400ルーメン以上が必要です。

 

続いて通勤時間私の場合は3時間半走るので

持続時間がそれ以上ある事が好ましいです。

 

続いてその中でのなるべくお安いのもポイントです。

 

幹線道路使用

3時間半の通勤

安いのが欲しい

 

そんな私の場合は

④のSERFAS USL-450が

オススメとなります。

 

どのライトも道路の明るさに応じて

明るさを抑える事も出来るので

バッテリーの持ちはもう少し伸ばすことが可能です。

 

もう一点

通勤する方にオススメなのは

デイライト

フロント、リア共に

日中でもライトをつける事をオススメします。

そうする事で日中でもドライバーに自分の位置を知らせることが出来

事故のリスクを下げる事が出来ます。

自分の身は自分で守るために

デイライトオススメします。

 

早朝の出勤の際にライトをつけていたら多くのドライバーの方に気付いていただけました。

これは重要です。

 

以上自転車通勤 ver2でした。

 

2018.3.21 安田