【茅ヶ崎スタイル】2019キャノンデール展示会へ行ってきました!
by: 古谷野 穣治

 

 

8月某日某所、2019年キャノンデールの展示会が行われました。

 

 

 

IMG_0055

 

 

この日の目的はキャノンデールのニューバイク、

 

 

 

IMG_0051

 

 

SYSTEM SIXです。

 

 

エアロ系バイクに積極的ではなかったキャノンデールが遂にエアロロードバイクをリリースしました。

 

 

約10年前に同時モデル名のバイクが存在しましたが、もちろんそのバイクとは別のコンセプトです。

 

 

 

IMG_0056

 

 

 

 時代の流れであるエアロ化ですが、ついにキャノンデールがエアロロードバイクをリリースするところはその影響が大きいからと思われます。

 

 

上の画像のように、バイクに乗っている際には様々な抵抗が発生しています。

 その中でも空気抵抗が大幅に占めていて、登りになると登坂抵抗が大きくなります。

 

 

IMG_0057

 

 

 

古谷野には疎い分野ですので要約しますが、

 

 

「同じ体重、同じパワーなら勾配6%までだったら同社のスーパーシックスよりシステムシックスが速い」

 

 

という驚きのデータが示されました。

抵抗の中でも空力抵抗が一番大きな割合を占めているということです。

 

 

この点個人的に少し思っていたことがあるのです。自分の調子を確認するために登っている峠のタイムですが、ロードバイク(7.2kg)とTTバイク(8.5kg)では重量が軽い方が有利なはずですが、ベストタイムはほんのわずか差なのです。その疑問が払しょくされました。

 

 

個人的にはワイドタイヤ化並の驚きでした。

エアロロードバイク=登れない、という考えは各ブランド含めて今後通用しないかもしれません。

 

 

 

IMG_0062

 

 

画像は最上位モデル

 

SYSTEM SIX Dura-Ace Di2

¥1,050,000+税

 

 

 

IMG_0063

 

 

キャノンデールならではシステムインテグレーションが大いに生かされています。フレームに合わせた専用のハンドル・ステム。一体型のように見えますが交換が可能でハンドル角度も8度まで変えられるので扱いやすい仕様となっています。

 

 

IMG_0098

 

 

最近のエアロ系バイクというと完全にケーブルがフレーム内蔵のバイクも珍しくもないですが、

メンテナンスの事も意識されています。例えばステムの交換をする際はケーブルを外す必要はありません。

 

 

 

IMG_0097

 

 

肝心のエアロ性能は良い意味で後発にリリースしたエアロフレームであって、空洞実験のデータ上はライバルブランド・モデルより総合的に空力抵抗が低くなっています。

 

 

 

IMG_0095

 

 

Hi-Mod系の完成車にはPowe2Max社のパワーメーターが標準で付いています。

※そのままではパワーメーターが使用できないので別途登録料(5~6万円ほど)が掛かります。

 

 

 

IMG_0112

 

 

で、乗ってきました。

 

 

各社のトップグレードのエアロロードバイクのように抵抗感が少なくスムーズに進む感じがします。

特に下りが速いの速いの。さすが業界No.1のエアロロードバイクでしょうか?。速度が上がれば上がるほどその効果が得られるでしょう。

 

 

若干癖があるバイクコントロールでしたが、それはおそらくフレームサイズが2サイズ小さかったということと、システムシックスに合わせて設計された64mmリム高のKnotホイールの影響だと思います。

ちゃんと適正サイズに乗って慣れれば問題なく乗りこなせるレベルです。

 

 

 ディスクブレーキに関しては個人的に同じシステムを使用して慣れているのもあって全く問題ありませんでした。繰り返すようですが、リムブレーキと比べても違和感が少なくなっています。会場にいて同感したスタッフも多いのではないでしょうか?。

 

 

以上、最新モデルであって

 

エアロで速く

扱いやすく(操作性・メンテ性含めて)

登れる

 

と、総合的にバランスが良く・高いバイクです。

 

 

お値段はパワーメーター込みの金額と考えれば比較的お求めやすい価格設定なのではと思います。

ディスクブレーキ搭載など最新のトレンドを網羅したバイクです。いかがでしょう?。

 

 

 

IMG_0115

 

 

他にも試乗したバイクがありますので今度ご紹介しますね!。

 

 

愛車キャノンデールSLATEで展示会まで往復140km走った古谷野でした。

 

 

 

2018/8/5 古谷野