【マニアック古谷野】11/17(月)~18(火) 走行日記
by: 古谷野 穣治

12/17(月)

 

 

朝まで雨が降っていたので午後からカメラの試し取りにMTBに乗って出かけました。

 

 

 

DSC_0525

 

 

この画像を見ておっ、と思った方は多いはず。

 

 

 

DSC_0486

 

 

夏はいつも満席ですが、この日はガラガラ。

おっ、ラッキーと思って鳥が来るのを待ちかまえます。

しかし、やってくる気配ありません。

そうですよね、こんな寒い日に水浴びしないですよね・・・。

(一羽水浴びしている鳥がいましたが。)

 

 

 

DSC_0542

 

 

場所移動。

レンズの性能を見るためにあえて太陽直射で撮影。

 

 

 

DSC_0610

 

 

上のバードウォッチングスポットは車で乗り付けてくる方がほとんどです。

自転車は気軽に移動できるので、機材の重さを我慢すれば、便利ですね。

 

 

 

DSC_0607

 

 

 

距離35km、獲得標高398mでした。

 

 

 


 

 

 

12/18(火)

 

 

 

前日は少ししか乗れなかったのでこの日は機材の確認を含めて距離を乗りました。

 

 

 

DSCF0683

 

 

 

日が短いのでその分朝は早めに出発します。

たまに走る小田原~箱根~沼津~熱海~小田原の山・平地・アップダウンを含んだテストにピッタリなルートです。

 

 

 

DSCF0689

 

 

この日は旧道を登りました。

久しぶりに登る方でしたが、気のせいかきついような・・・。

オフシーズンで速いのか遅いのか良く分かりません。

 

 

 

DSCF0695

 

 

平日の朝方というのもあって道路はガラガラでした。

箱根の麓までは寒さで指先の感覚がなくてもっと厚手のグローブで出発すべきと後悔していましたが、登り始めたら身体が温まってきました。

そのかわりに登りがきつかったですが・・・。

 

 

 

 

9M6KsRI0T3ulD_8IhLUVNg

 

 

この日のテスト機材①ズームレンズ。

いきなり自転車関係ないですね(笑)。

これまでこのカメラには単焦点レンズでしたがたまたま安くなっていたので買ってみました。

いや~、ズームは便利ですね~。

写りも悪くないし、単焦点売るか・・・。

そんな感じで最近は自転車よりカメラの方の機材変更が激しいです。

 

 

 

DSCF0700

 

 

箱根の頂上は気温3℃でした。

気温は低かったですが、日が出ていたのでそんなに寒いとは感じず。

三島までの長いダウンヒルも指先に異変はありませんでした。

ここも久しぶりに下りましたが、工事でだいぶ様子が変わっていました。

 

 

DSCF0822

 

 

 

この日のテスト機材②コンチネンタルGP5000

これまで通勤のみで使っていましたがようやく本格的にテストできました。

走り心地はコンチネンタルらしい硬さがある走りです。

データ通り、転がり抵抗は低いです。

箱根の下りの日影部分はセミウェットで最初はビビりましたがそのうちに慣れてきて安心してバイク倒せました。

グラベル系の道も少し走ってみましたが貫通パンクは無し。

あとは軽量になって薄くなっていますのでどのぐらいの寿命化ですかね。

モデルチェンジしても選んでおいて間違いないタイヤなのは変わっていません。

 

 

 

 

DSCF0883

 

 

 

いつもは修善寺まで下りますが、この日は静岡・十国峠麓を探索していました。

基本的に農道だらけです、がたまにずっとストレートが続く道があります。

この日は青空と雲がキレイでしたね。

 

 

 

DSCF0888

 

 

後半の函南から熱海に続く登りで少しハンガーノック気味になりました。

出発する時間がいつもより違うので補給のタイミングを誤ったのだと思います。

 

 

 

DSCF0892

 

 

先週ぶりの熱海。

帰りは旧道経由で、R135は工事(?)で渋滞でした。

オフシーズンを満喫したおかげで後半はきつかったです・・・。

もうそろそろしたらこの日のような走行を続けなければならない、と考えると嫌になります・・・。

 

 

 

 

距離143km、獲得標高2111mでした。

 

 

 

 

 

DSCF0165

 

 

 

この日のテスト機材③ERGONインソール(靴の中敷き)。

 

 

 

 

DSCF0166

 

 

グリップが有名なERGONとインソールのSOLESTARのドイツブランド同士のコラボ商品です。

SOLESTAR本家のインソールはとても高いですが、これはそれと比べるとまだリーズナブル(されど¥7,000)。

独自の3点(母指球・子指球・土踏まず)で足の動きを抑えるのが特徴です。

 

 

 

DSCF0164

 

 

 

このERGONはこぎだしの瞬間から違いました。

包まれるようなフィット感は感じませんでしたが、硬いです。

ソール自体はナイロンカーボンで出来ているので納得です。

まるでバイクやホイールの剛性が上がったような感じがします。

これで7000円ならバイクの機材を変えるよりは全然良いです。

もう少し踏み心地が欲しいという方はお試しください。

この日乗って嫌な感じはありませんでした。

 

 

2018/12/19 古谷野