【マニアック古谷野】目指せ!重量5kg台への道!
by: 古谷野 穣治

 

DSCF1076

 

 

 

スタッフ古谷野のバイク

ドグマF(フラット)8

 

 

当初は街乗り移動用に

フラットバー&フロントシングル

で仕上げたのですが、その影響で

思いのほか重量は軽くなりました。

 

 

 

DSCF1079

 

 

 

そこで試しに超軽量ホイール

に付け替えてみました。

 

 

 

DSCF1080

 

 

前後で1000gを切る超軽量ホイール

BONTRAGER AEOLUS XXX

です。

 

 

 

DSCF1081

 

 

 

タイヤも軽量仕様です。

数年前にレース用で手に入れましたが、

その後は使わず放置されていました・・。

 

 

 

結果、ホイールだけ付け替えるだけでも

6.9kg

6.2kg

(ペダル込み)

と大幅に減量に成功。

 

 

 

DSCF1083

 

 

おっ、もうちょっと頑張ったら6kg切れるんじゃね?

というわけで普段気にしない軽量化をしてみました。

新しいパーツは極力使わず手持ちのパーツで。

 

 

まずは定番のハンドルバーのカット。

使わない端を2cm切りました。

 

 

 

DSCF1085

 

 

 

20gの軽量化に成功しました。

小さな数値ですが大きな進歩。

ここら辺に来ると100gは大軽量になります。

 

 

 

DSCF1082

 

 

次に、グリップをESIに変えました。

MTBクロスカントリー定番のグリップ。

シリコンでグリップが良い上に軽量(50g)です。

MTBの予備として持っていましたが

最近乗らないので良いか。

 

 

 

DSCF1086

 

 

 

結果6.08kgへ大幅(?)に軽量化!。

 

 

 

ご存知の方も多いはず、

ピナレロのバイクは

軽量ではありません

(特にフォークが重い)。

 

 

軽量をウリにしているモデルなら

余裕で5kg台は行けますが

その難しさが、逆にやる気をそそられます。

 

 

 

あともう少し・・・。

今考えているのは

・サドルを軽量な物に変える

・ペダルをスピードプレイに変える

・別の折りたたみ小径車から

       カーボンブレーキレバーを移植してくる

です。

 

 

 

 

暇が出来たら試してみようと思います。

 

 

 

 

2019/2/2 古谷野