【茅ヶ崎スタイル】オン&オフロードの二刀流バイクをご納車しました!。
by: 古谷野 穣治

 

 DSCF1322

 

 

先日ご納車したバイクのご紹介をします。

JAMISのレネゲードEXPLOIT。

最近国内で着々と増えているグラベルロードバイクです。

 (※一部パーツを変えています)

 

DSCF1337

 

 

本国ではMTBがメインのJAMIS。

そのノウハウはグラベルロードにも生かされています。

 

 

DSCF1326

 

 

 

レイノルズの631パイプというコアなライダーにウケるフレームです。

当然フェンダーマウントやダウンチューブ裏のボトルケージ台座を備えていてツーリングにも対応することができる拡張性。

日本では最近グラベルロードが増えている理由のひとつです。

 

 

 

DSCF1324

 

 

 

レネゲードは完成車での販売ですが、最初からホイールとタイヤを別注文されました。

MAVICのグラベル系ホイールALLROADに、WTBのBYWAYC47Cでいきなりグラベルレディー仕様に。

グラベル系のイメージである茶色サイドタイヤがバイクの雰囲気を高めています。

 

 

 

DSCF1327

 

 

では、元のホイールはどこに行ったかというと,標準でついているタイヤを交換しています。

先ほどの画像とは別のバイクのように見えます。

 

 

DSCF1329

 

 

その標準のホイールには SCHWALBEのマラソン・スプリーム(35C)を取り付けしました。

パンク耐性が非常に高い舗装路向けのスリックタイヤです。

 

 

DSCF1331

 

 

 

 

2つのホイールを並べてみるとこんな感じ。

ほほう、タイヤの色をカスタムか・・・、と察した方、少し違います。

 

 

実はこのホイール径や幅が異なるのです。

手前が27.5インチ(650B)47mm、奥が29インチ(700C)35mm。

ロードバイクに乗られている方なら??とここで思うはず。

 

 

 

DSCF1330

 

 

 ロードバイクでは径が異なるホイールや太いタイヤは設計上取り付けできませんが、オフロード系のバイクはタイヤクリアランスが広いので可能です。

標準では29インチのホイールが付いているこのバイクですが、27.5インチにサイズダウンしてタイヤを太くすれば直径はほとんど変わらずタイヤボリュームを増やすことができます。レネゲードは700×42C,650×47Cまでのタイヤなら対応しています。

 

 

 

タイトルにも書いたオン・オフ両方こなすバイクとは、バイクは同じながらもタイヤ径や太さを変えて乗るシチュエーションを合わすことができることです。

これはディスクブレーキだからこそできる技でもあります。

(タイヤクリアランスが取れる上にブレーキがリム外周ではなくホイール中央にあるため)。

ディスクブレーキが増えているのはその性能だけではなくフレームの設計にも自由度が増えるからです。

 

 

DSCF1339

 

 

 

 JAMISのようなMTBをリリースしているブランドはそういうニッチな設計にしてくれています。

このバイクで行動範囲がかなり広がるでしょう。

是非その「探検」をお楽しみください・

 

 

 

2019/3/10 古谷野