【 マニアック古谷野】 3/25(月)~26(火) 走行日記
by: 古谷野 穣治

 

3/25(月)

 

 

この日は椿ライン(大観山)へ

コンディションの確認を行ってきました。

先週はヤビツで大まかな調子は確認できました

(そんな良くはありませんでしたが)。

 

 

しかし目標としている

富士ヒルクライムは距離が24kmと長めです。

ヤビツはその距離の半分以下。

なのでヤビツのタイムはあまり参考になりません。

そこで古谷野が富士ヒルの参考としているのが椿ラインです。

距離は19kmと富士ヒルには及ばないものの、

一般道でこの距離を登れるのはあまりありません。

 

 

IMG_1737

 

 

普段はちんたら登っていますが、

この日はコンディションの確認なので頑張って登ります。

 

 

 

椿ライン 距離19km

タイム:58:44

平均パワー:274W

平均ケイデンス:78rpm

平均心拍:171bpm

 

 

 良くもなく、悪くもなくといった感じ。

やる気が無いのか、

疲れが残っているのか

あまり心拍は上がらず。

 時間・距離が経つにつれてどんどんパワー・ケイデンス

が少なくなってくる安定のスタミナ不足でした。

 

 

IMG_1738

 

 

 

これからはよくここを走って

コンディションの具合を確認します。

今度はレース用のバイクで走ってみようと思います。

 

 

 

IMG_1740

 

 

 

箱根旧道を下って帰宅。

 

 

距離90km、獲得標高1541mでした。

 

 

 


 

 

 

3/26(火)

 

 

この日は山歩きをしてきました。

一カ月に一回は山へ行こうと決めている古谷野。

3月はまだどこへも行っていないな・・・。

日暮れも伸びてきたのでこの日は少し遠出してみました。

 

 

晴れの天気予報もなぜか当日の朝は小雨・・・。

雨が止むのに期待して家を出ました。

 

 

 

_DSC1284

 

 

電車とバスを使って

西丹沢自然教室へ向かいます。

神奈川定番の登山スタート地点です。

しかし古谷野がバスから下車したのは

そこの少し手前のバス停。

 

 

_DSC1287

 

 

この日のまずの目的地は

檜洞丸(ひのきぼらまる)です。

以前に西丹沢教室からそこへ

アクセスしたことがあります。

なのでこの日は少し遠回りにはなってしまいますが、

別ルートを使って檜洞丸へ行きました。

 

 

 

_DSC1307

 

 

登山開始時はパラパラ程度の小雨。

雨がいつやむか強まるか分からない雲模様でした。

 

 

 

 

_DSC1318

 

 

ルートの一部に古谷野が嫌いなガレ場があったりとしましたが

この後の事を考えたらそんなにひどい物ではありませんでした。

 

 

_DSC1324

 

 

西丹沢教室をスタートする定番の新ツツジ道より

アップダウンがあるので、意外と時間がかかってしまいました。

 

 

 

_DSC1343

 

 

新ツツジ道と合流した所。

約1時間程余計にかかりました。

この時間が後で痛い目に遭うことに。

 

 

_DSC1350

 

 

そのあと檜洞丸へ到着。

頂上という感じがしないのが丹沢の山。

 

 

 

_DSC1351

 

 

 

タイミングよく富士山が雲の隙間から現れました。

帽子付きの富士山です。

 

 

 

_DSC1354

 

 

さて、ここからが今回初挑戦ルート。

ここから丹沢系で一番高い蛭ヶ岳へ挑みます。

以前ここをお訪れた時はこの看板にビビッて

別のルートで帰りました(笑)。

 

 

この看板の表示は控えめではありません。

行ってみよう的な安易な気持ちで挑むと最悪死にますよ。

 

 

 

_DSC1355

 

 

_DSC1357

 

 

_DSC1377

 

 

 看板の表示通りいきなり下ります。

しかも結構急な下りです。

 せっかく檜洞丸まで登った分が・・・、と思いながら下ります。

ちなみに↑の画像にはシカが二匹写っています。

この日は広角レンズしか持ってきていないので

引き寄せることが出来ませんでした。

 

 

_DSC1381

 

 

はっきりと覚えていませんが急な登りと下りを

繰り返すこと2,3回だったかと・・・。

そこからようやく蛭ヶ岳の姿が間近に見えてきます。

明らかに周りと比べても高く、

頂上の山小屋がまるでラストボスの城に見えます。

 

 

_DSC1390

 

 

いや~、蛭ヶ岳手前の登りは厳しかった、

もとい怖かった・・・。

道幅が狭く、ぬかるみやすい急こう配な

つづら折りを涙流しながら登りました・・・。

ここ、一瞬でも滑ったら底まで落ちますよ・・・。

もうここへは2度と訪れないでしょう・・・。

 

 

_DSC1415

 

 

 難所を越えて登頂!。

少し雲に覆われていますが富士山も見れました!。

朝方は雨が降っていましたが次第に曇り空が無くなりました。

 

 

前回訪れた時は曇っていて何も見れなかったのと、

なぜか日暮れが短い冬に訪れてたので

ここには5分程しか滞在できませんでした。

この日は余裕がありここで昼食を取りました。

空気が綺麗で静かなので心落ち着きます。

 

 

 

FSn-iUDXTeqywG0t0RpBRQ

 

 

この日はデジタル&フィルムカメラ2台体制。

フィルムのカメラには↑の鹿を

少しアップで撮ったので現像が楽しみです。

デジタルの方は蛭ヶ岳までの急こう配で岩場に

カメラを何度か当てて傷つけてしまいました。

間違えて落としたなどの傷は嫌ですが、

一緒に苦労した傷は勲章ものです。

今思うと今度から山へもっていくカメラは一台だけにして

もう一台の分は補給食分に回そうと思いました。

 

 

 

_DSC1427

 

 

ここまででようやくこの日のルートの半分です。

ここからは丹沢山→塔ノ岳で帰ります。

 

 

 

_DSC1437

 

 

 ここからは以前に訪れたことがある道なので

大体の距離感は分かります。

一カ所だけ鎖場がありますが、

蛭ヶ岳のに比べたら大したことありませんでした。

 

 

_DSC1443

 

 

丹沢稜線特有のぬかるみ。

足回りがドロドロになりました・・・。

 

 

_DSC1457

 

 

さらば、蛭ヶ岳・・・。

比較的緩やかなアップダウンを歩きます。

この日の前半のアップダウンよりは歩きやすいです。

 

 

 

_DSC1469

 

 

_DSC1475

 

 

蛭ヶ岳から約3キロ。丹沢山へ到着。

賞味期限切れのエナジージェルを摂って補給。

 

 

_DSC1480

 

そこからまた同じようなアップダウンで約3キロ、

 

 

_DSC1489

 

 

 塔ノ岳へ到着。

 売店でコーラを買って補給。

その際に売店の方から

「これから下りますか?、お気をつけて」

と言われましたが、

その時は軽い気持ち程度だと思っていました。

 

 

 

_DSC1493

 

後は秦野・大倉まで下ります。

ここが最後の難所。

何段あるのかわからない階段を下ります。

自転車のように脚を止めても進むわけではなく、

逆に負担になります。

最後の最後にこの下りは非常にキツイ・・・。

 

 

_DSC1498

 

 

 途中分岐路がありますが大倉方面です。

左の戸沢にも一度行ったことがありますが

下りにくく、距離が長いので痛い目を見ました。

どMの方にはオススメですよ(笑)。

 

 

_DSC1499

 

 

空腹感があったので最後の補給食をチャージ。

自転車と同じく、無理せず定期的に補給しましょう。

 

 

_DSC1500

 

 

下山途中で日が暮れてしまいました・・・。

まあ、このペースで下れば大丈夫だろうと思っていた

残り3km地点で突然身体に異変が。

両腕と頭に痙攣が襲ってきました。

最初はハンガーノックの手前かと思いましたが、

すでに補給食はそこを尽きているので

きついですが進むしかありません。

残りの3キロは真っ暗の中その痙攣と戦いながら大倉へ到着。

集落の自販機でコーラ飲んで回復しました。

なんとか生きて帰れました・・・。

 

 

 

10326

 

 

バスに乗ってから小田急線で帰りました。

ちなみに小田急線は10年ぶりに乗りました・・・。

 

 

 

距離24km、獲得標高2463mでした。

 

 

 

一度は歩いてみたかったこのルート。

距離的には去年いった富士山日帰りと同じぐらいですが、

この日はアップダウンを数えきれないほどこなしたので

過去最高の厳しさでした・・・。

最後の痙攣の事が気になりますが、

これからの山歩きの為に色々勉強になりました。

 

 

 

2019/3/27 古谷野