【 マニアック古谷野】 4/9(火) 走行日記
by: 古谷野 穣治

 4/9(水)

前日が雨でバイク乗れなかったので

この日はその分含めて距離を乗りました。

 

 

距離を乗るのでいつもより早目に出発。
R246で静岡方面へ走ります。

途中で山北でいったん停止。
桜の見どころです。

雨が降らなければ前日にカメラ持ってきて

写真撮りたかったのですが・・・。

先週末が桜のピークで少し散った感が

ありましたがそれでもまだまだ楽しめます。

R246で小山町に入ります。

この日は青空が広がって富士山が

くっきり見えました。 

 

 

なので最初は登るつもりはなかった

明神峠を登ることにしました。

東京オリンピックの最難関場所です。

この日はここ以外に追い込む場所がないので

タイムトライアルしてみました。

 

 

明神・三国峠 距離6.7km
タイム34:10
平均パワー:281W

平均ケイデンス:62rpm

明神~三国峠間で強風で少し失速しましたが

一応自己ベスト記録のようです。

ここは山中湖までの移動に使うルートなので

いつもは脚温存モードで登るので

全く参考になりませんが・・・。

 

東京オリンピックに向けてか路面がきれいになって 以前のように登りにくい&下っていて怖い感じが少なくなりました。

 

三国峠を少し下ったところにあるビュースポット。

登ってきたかいがありました。

右奥にはアルプスが見えます。

ここからの景色で初めて見たかもしれません。

 

 

 

山中湖へ下ります。

 

 

 

 

湖畔のサイクリングロードを経由して

富士吉田方面へ走ります。

 

 

 

 

青空が広がっているので忍野八海にもよりました。
しかし外国の観光客の声がうるさいので写真をささっと撮ってこの場所を離れました。

何言っているかわかりませんでしたが、この外国の方々は自国でこんなきれいな青空と水を見たことがなかったので興奮しているのでしょう(笑)。

 

 

 

予定としては富士スバルラインの料金所

まで行くつもりでしたが、
こんなに富士山がきれいに見えるのなら

二十曲峠へ行ってみました。
以前某雑誌で紹介されていたのを思い出しました。
ここの麓への道がわかりにくいので注意。
スマホで地図を見たら道が全くなくて困りました。
最近日本の国土の地図データが変わって見にくくなったってどこかで聞きました。
結局アナログな看板だよりでたどり着きました。

 

 

 

ここから撮った富士山。走っている場合ではなく大きなカメラ持ってこればと後悔。
距離は2.5km、平均勾配は4~5%位で勾配の変化が少ないので走りやすいです。

 

 

山の神。
都留方面に抜ける道は通行止めだったので忍野村へ引き返しました。

 

 

 

素直に来た道をそのまま引き返せばよいのに
適当に走っていたらグラベルロードに突入・・・。
せっかく入ったのでそのまま進むことに。
ロードでも走れないことはない勾配と路面です。
すぐに終わると思いきや意外と長かった・・・。
もしこれで行き止まりだったら

非常に後悔するやつです。
最近オフロード走っていないので

へたっぷりを実感しました。

 

 

タイヤが泥まみれになって

山中湖へ戻ってこれました・・・。

道志みちで帰ることにしました。

その前に軽く補給。

道志みちは長いうえにコンビニが全くないので。

 

 

途中でがけ崩れによる道路通行止めで迂回しました。
いつもは回り道になるので初めて走るルートでした。

 

 

しかし迂回ルートを間違えて

余計に走る羽目になってしまいましたとさ・・・。
迂回ルートの看板が設置されていれば

こんなことになることはなかったですが
のどかな景色が楽しめるルート

だったので良しとしましょう。

 

 

 

無事宮ケ瀬湖へ到着。
↑のルートをそのまま走ったら

逆方向の相模湖へ行くところでした。

 


腹が減ったので

ガッツリ系ラーメン食べて帰宅しました。

距離170km、獲得標高3027mでした。

 

 

2019/4/10 古谷野