【マニアック古谷野】富士ヒル前のバイク点検
by: 古谷野 穣治

古谷野の愛車サーベロS3ディスク。
富士ヒルクライムにはこのバイクで出場します。
レースに向けてパーツを交換しました。

まずはパーツ交換の前に全体点検。
各ボルトやパーツが緩んでいないか、
ブレーキシューなどが減っていないか・・・、など。
これらは日常メンテの範囲内です。

電動変速機のユーザーはバッテリーが
充電されているか確認しましょう。
またサイコンの電池など、普段気にしないところは
意外と忘れがちなポイントです。

ではパーツを変えていきます。
まずはチェーン。
チェーンが伸びていると脚の力がギアに伝えられません。

定番のデュラチェーンです。
もっと高価なチェーンもありますが、
十分すぎる性能とやはりシマノコンポには
シマノチェーンが相性抜群だからです。

元のチェーンはチェーンチェッカーでは
要交換ではありませんでしたが、

少しでも無駄な力を無くすために新品に交換しました。
慣らしがありますのでチェーン交換は
レース直前にやるのはやめておきましょう。

チェーンオイルはSQUIRTのWAXルブ。
ここ数年古谷野の気に入りのオイルです。
チェーンにコーティングが張るので汚れにくいのと、
この手のオイルに関しては抵抗が低いのです。
チェーンやスプロケットに汚れが乗っていると
抵抗になるのでチェーン交換しなくても
掃除はした方が良いです。
古谷野もチェーンを新しくしましたが、
直前にまた綺麗にします。

次にタイヤ。
パナレーサーの新商品RACE A EVO4チューブレスで走ります。

タイヤは新品とすり減ったものですと全く抵抗が変わります。
タイヤはもう少し走ったら交換します。

自転車のパーツ関係ないですが、
シューズのインソール(中敷き)もレースに向けて交換。

ERGONとSOLESTARが共同開発したものです。
剛性が高く、これに変えるだけでも
バイクの剛性が上がったと勘違いしてしまう程です。

普段は別のバイクシューズに入れて
剛性を調整しているのに使っていますが、

レースなのでサーベロに乗る時に履くシューズに入れました。

あとはボトルケージを一つとって若干の軽量化にしたりです。

どれも大きく性能アップにならないパーツですが、
塵も積もれば山となるのように細かいことが結果に影響します。

2019/5/31 古谷野