【2020年新モデル!!】大きくモデルチェンジ!!夏のボーナスで間に合う!既に入荷しているこのバイクは一体・・・!!
by: 田渕喬介

どんどん2020年モデルが発表になったり入荷してきたりする昨今ですが

早くも大物メーカーのバイクが発表&入荷してきました!!

モデルラインナップ・カラーラインナップはこちらのブログからチェックしてみてください!

 

CANNONDALE

 SUPERSIX EVO 105

  

そもそもSUPERSIXシリーズが大きくモデルチェンジ!!

ハイエンドモデルのHi-modもフレーム形状が大きく変わりました!

軽量でかつハイスピードを保てるようにセミエアロ形状になり

48.3km/hで前作フレームより30ワットも空気抵抗を抑える事に成功しました

 

シートポストもカムテイルデザインのシートポストで

径も細くしなやかさも持ってます

リア三角は小さくなり新型のSAVEステーが衝撃を吸収します

こちらも前作に比べ柔軟性が18%アップ!

 

そして特筆すべきはHi-modグレードではすべてディスクブレーキモデル!!

やはりこれは時代の流れですね・・・

しかし専用のステムハンドルがついたモデルならば

ケーブルルーティンもヘッドチューブの中を通るようになっており

見た目にもスッキリです。

 

ヘッドチューブも大口径かつエアロ仕様になっており

フレームとの密着度が高いです

ハンドルを切ってもフォーク内部のピンがストッパーになりますので

フレームが傷つかず安心です!

 

 

パワーメーターやフロントホイールにスピードや消費カロリーを教えてくれるセンサーがついているモデルもあり

スマホに専用アプリを落とすことで表示できるものがあったりと

最新のトレンドも抑えています。

 

今回当店に入荷してきたものはミドルグレードの

SUPERSIX EVO 105

ですが

販売価格¥220,000+TAX!

19年モデルの同グレードが¥240,000+TAXであることを考えると

だいぶお安くなっており良いですね

標準のタイヤは25Cですがリムブレーキのモデルでも28cまで入るとのことなので

ロングライド系のライダーにもマッチしそうです

(ディスクモデルは30Cまで行けるとか)

 

ホイールはフルクラム RACING 900を採用!

いや他の車体メーカーの展示会でも似たような表記のものも見たことがあるので

これらも単品発売されるのか・・・それとも完成車用のホイールなのか・・・

 

 

 

そして何よりCannondaleのロゴが無い!?!?!

いやあるんですがトップチューブにちっちゃくある程度

ダウンチューブにはロゴはなくシンプルです!

 

見た目も大きく変わったSUPERSIX!!

今週末、店頭展示しておりますよ!!

もちろんご注文もできます!

 

 

 

お車でお越しのお客様

¥3000以上のお買い物

30分駐車券をサービス

させていただいております!!

お車でのご来店もお気軽に!!

(店頭の駐車場に限ります)

   Instagram0829

名称未設定

「いいね!」も「レビュー」もお待ちしております.

m(._.)m

 

トライアスロン

resized_19  

 

高額商品をご検討の方に!

1%ローンをご利用頂くとこんなにお得になります!