twitter facebook

【TEAM・Y】リベンジのつもりが返り討ち?! Crifford Round2参戦しました!
by: 間野 友輔

19045564588_651fec5cb7_z

府中多摩川店ふくてんちょの間野です。
この週末、6月28日(日)は世間的には全日本選手権だったようですが、わたくしは三重県桑名市のGONZO PARKで開催された『フリースタイルダートクリテリウム』 Crifford Round2に参戦してきました。

 

前日はフル勤務。帰宅して夜0時頃クルマで出発し、仮眠など挟んで6時頃現地着。……眠かった。なんどか居眠りしそうになってパーキングエリアに飛び込んだり。

 

そこまでして三重まで遠征する必要があるのか、自問したりもしましたが、すっごく興味あったんですよ、このレース。写真とか見ても楽しそうだったし。

 

認識が誤ってたら申し訳ないのですが、中京圏はMTBで入れる山がほとんどないらしく、そのためMTBのパークが他の地方より多いと聞いています。GONZO PARKはそういったコースのひとつで、バーム(バンクみたいなもの)やテーブルトップなどをこしらえたMTBやBMXを楽しむためのコースです。

 

わたくし、個人的にどうやらこういう縦の動きが多いコースが好きらしく、加えて一周900mくらいのコースを周回するクリテリウム的なレースだということで、大磯クリテリウムでクリテリウムの面白さにもはまってきていたわたくしとしては、ぜひ行ってみたいと思っていました。

 

会場のGONZO PARK。
19046676519_911e619e1d_z.jpg
意外と標高差があるな、という感想。歩いてコースも一回りし、うーん、序盤でいきなりバテそう、と思ったのですが、実際に試走で登ってみると、意外と楽に登れてしまう。勢いをつけてバームの壁面を回りながら登ると、単に登るより脚力使わないようです。

 

今回はシクロクロスのカテゴリー3と、MTBのカテゴリー4にダブルエントリー!
久々のシクロクロスで中京圏の競技レベルが分からないのが若干の不安。MTBの方はというと、学生の頃は尾根下りとかで遊んでいましたが、レースは生まれて初めて!ただシクロクロスの25分のためだけに三重まで来るのは……と思ったのでMTBにも挑戦してみることにしました。

 

まずはこの日最初のレースがシクロクロスC3で、いきなり出番。ゼッケン順に並んで3列目。
まあ様子見スタート、と思ったら、いきなりクリート嵌め損ねて様子見どころかだいぶ出遅れる……。おまけに1周目は落車するライダーが多く、巻き込まれはしなかったけど足止めを喰らう場面も数度。

 

そこで、コースが選択できるようになっているところで、難易度が高くて先行者がいない方を選んでジャンプアップ!
19237108481_019d691530_z.jpg

この写真で前から3番目がわたくしですが、手前側のラインを通って2人抜いています。
それ見て後続もわたくしについてきた感じですね。

これがかなり有効でした。追い付いてもなかなかコースを開けてくれないライダーもいましたが、ここで抜いてどんどん順位上げることができました。

19058093019_5be31af995_o.jpg

レース中盤には前のライダーが少なくなって順位も1桁になったらしく、目標は5位くらいかなと考えるものの、先頭2人がものすごく速かったらしく(シリーズ戦なのでRound1の成績が出走順も加味されていたっぽい)、この時点でほぼ半周差がついてしまった。それと、このレースが何分レースなのか事前に確認していなかったので、あと4周と実況されて、うげっ、っと思ってしまったりして。

19218060386_11649d1611_o.jpg19237050861_8979217478_z.jpg18621625554_9b0e320b90_o.JPG

後半は周回遅れの選手も混ざってきたので、もう何番目だか分からず……地元ライダーじゃないので、MCの人もわたくしの通過時に何位ってコールしてくれなくて(たぶんすぐに名前が出なかったからでしょう)、とにかくがむしゃらに走るだけでした。

19238442701_21f20501a4_z.jpg

結果は7位。トップとは2分4秒差、前走者とは12秒差。12秒ついちゃったら分かってても追い付けないな~。

面白かったのはリザルトにベストラップが掲載されてて、優勝者3周目、2~6位の人は1周目。わたくしは何故か4周目でした。前がクリアになって、体もコースに馴染んできて、確かに4周目くらいがいちばん調子良かったかも。そのあとは若干疲れてきてたしな~。

 

しかし、予想通りこういうコースは楽しい!
もう1レース、エントリーしといて良かった!!

 

そのMTBのレースは昼前の試走を挟んで後半なので、その後は同様に関東から遠征してきている知り合いの応援をしたり、準備をしたりして時間を過ごしました。

 

さてさて。昼試走の時間です。

 

MTBは新しいものを持っておらず、今回持ち込んだのは1994年に買ったクロモリバイク。まだカンチブレーキですw こんな古いのでショップ店員がレース出ていいのかって疑問は置いといて、シクロクロスが調子よかったので、MTBは余興と考えていたものの、それなりに走れるだろうと思っていました。

 

試走前半は特に問題なく、というか調子は良かったのですが、そこに落とし穴が……。

 

大きなバームを、シクロクロスの時と同様にターンしてたら、いきなりグリップを失って右に落車……。まったく予測できてなくてハンドル握ったまま肩から落ちてしまいました。どうやら、タイヤの空気圧が高すぎたみたいです。これがMTBレース経験ゼロの落とし穴……。いきなり試走1周目から飛ばしすぎたな~、と反省しても後の祭りで、その後も2周ほどしてみましたが、コブやドロップオフでの衝撃がキツすぎて、DNSを決めました。

 

自己診断で骨は大丈夫だと思ったので、その後も観戦していきました。
いや、観といて良かった!


実のところ、MTBのレースを生で見るのは初めてで、シクロクロスでもお馴染みのXCOの若手トップライダーの争いや、同じ関東組のライダーが見せる高いジャンプに魅了されてきました。

 

いやあ、本当に楽しい1日でした!
落車しちゃって残念だし痛かったけど、眠いとこ頑張って三重まで行った甲斐がありました。

 

このレース、運営も実際に走っている人たちが作っていて、今回ここに掲載している写真も参加費に含まれているので自由に使って、というスタンス。ライダーだからこそ、どうしたら参加者が喜ぶかよくわかっていらっしゃるのです。

 

また参加したい!そして今回のリベンジしなくちゃね!と思わせてくれました。
運営の皆様、一緒に参加された皆様に、感謝したいと思います!!

 

で、リベンジといえばタイトルなんですけど。
そもそもリベンジしにいって返り討ち、って、なんのリベンジに行ったかって話なんですが。

 

実は翌日の月曜日も休み貰っていて、愛知の山のほうをちょっと走ってこようと思っていたのです。
6月上旬に愛知県豊田市の足助地域で開催された『CHRIS KING Presents Gourmet Century Ride ASUKE』というイベントがあったんですね。当然これに行けなかったのですが、ルート見てみたら、2年前に名古屋本館の梅林店長に誘われて走ったコースが一部混じっていて、ああ、あの地域ならまた走ってみたいな、と。

 

しかもその前回走ったとき、わたくし謎の落車してまして……。
そのリベンジのつもりだったのですが……リベンジどころか走れなくちゃったいました(滝汗)
なんか……こっち方面鬼門なのかしら?いや、去年のシマノ鈴鹿は問題なかったし……。

東京戻ってきてから整形外科行って、骨には異常ないのを確認しましたので、どうぞご心配なく。
ちょっと肩が上がらないとか重いもの持てないとかですけど、ちゃんと明日から仕事します!!

 

皆様も落車しないよう、お気を付けくださいね!

 

【今回の使用機材】
バイク
AUTHOR 2013 X-Control Team CX
グループセット
Campagnolo ATHENA Ultrashift + CX11クランク + SHIMANO XTRカンチブレーキ
ホイール
Campagnolo SHAMAL ULTRA Tubler
タイヤ
CHALLENGE LIMUS チューブラー
ペダル
CRANK BROTHERS EGG BEATER 3
シューズ
MAVIC RUSH
アイウェア
OAKLEY RADAR
ヘルメット
KOOFU WG-1
ウェア
Pearl Izumi(シャツ&ビブショーツ) /  le coq sportif(グローブ)
アフターレースウェア
le coq sportif
ドリンク
梅丹本舗 電解質パウダー + glico グルタミン&BCAA

 

Photo by dsk24 & kikuzo (Crifford Official Photographers) Thanks!!

 

29th June 2015  author : ワイズロード府中多摩川店 まのゆうすけ