facebook 旧ブログサイトはこちら

【府中×じぃじFatBiker】ファットバイクの走破性…の限界 タノシミ
by: 渡邊 裕

じぃじFatBikerです
 
インフルエンザB型で隔離されてました(汗)
 
数日ぶりなんですが体が健康であることバイクに乗れることに感謝です
 
 
お陰で美味しい雪道の通勤をずいぶん逃してしまいました
 
でも今朝の出勤でもまだまだ日陰は乾燥したフカフカの粉雪
 
つるっつるのアイスバーンも残っていました
 
 
関東は数年ぶりの記録的な大雪の後は観測史上最低気温更新とか
 
府中多摩川店でも閉店後帰宅する時はすでに気温はマイナスなんてざらで
 
早朝はマイナス5度とか…本当に体験したことない寒さですね
 
 
IMG_9756
ある日の帰り道です…
 
踏み固められ融けた後再凍結してテカテカに光っている場所は
 
ファットでももちろん滑ります
 
重心と接地面をずらさぬ様に進むのはなかなか体幹を使います
 
トラクションも無理に踏むと抜けてバランスを崩す元…
 
むしろ踏んでない20cm程の雪に飛び込んだ方が
 
乾燥して軽くなっているので楽に走れるくらいです
 
ツルツルと前後タイヤが左右にずれ
 
乱れるトレースラインを修正しつつバランスを崩さない…
 
普段の街乗りレベルから白線を外さずに上ったり縁石のへりの上を走ったり
 
MTBikerとしての意識がどうであったかが試されるシーンだから楽しい!!
 
 
 
 
怖いのはミラーバーンともブラックアイスとも言われる凍結路面です
 
表面が滑らか過ぎて光を乱反射しないために発見が遅れがちで
 
通常の凍結路と比べ物にならないくらい滑ります
 
歩く事すら危ういくらいですから二輪車はひとたまりもないです
 
とにかく重心の上にしっかり加重したまま変動させないこと
 
加速も減速もしないでやり過ごすのが一番です
 
 
なーんだ「ファット最強!!」みたいなこと言ってもそんなものなの…?
 
そうです!過信はキンモツ 所詮タイヤのサイズやパターンは
 
どこまで走れる様にするかなのですから
 
限界をちょっとだけ広げそこに安心感やゆとりを与え楽しくするか…
 
 
 
走る条件をトラックやドライのアスファルトに限定してスピードを享受するか
 
その振れ幅の中、限定的な条件下でいかに自身が楽しめるかなんですね
 
 
二輪という不安定な乗り物を操る喜びはバランス
 
それをあらゆる状況で楽しめるのがマウンテンバイク
 
自分と路面とを感じ判断し操作し限界を決め
 
時にはそれを突破するタイミングを決める
 
体は熱く!頭はクールに!
 
案外クレバーな脳を使うノリモノですよ~
 
 
 
 
 

 
 
 
多摩地区最大級、売り場面積200坪
パーツ用品充実の品ぞろえ!! 
 
↓↓↓↓↓イチオシ情報満載 下記URLクリック下さい↓↓↓↓↓↓↓ 
 
http://ysroad.co.jp/fuchu/
http://ysroad.co.jp/fuchu/ 
 
 
twitter100  Facebookはじめました 
Twitterもやってます
facebook100

ワイズロード 府中多摩川
 

電話:042-352-3308 
住所:東京都府中市四谷5-42-3

営業時間
平日 12:00~20:00 
土日祝10:00~19:00

バイト募集バナー府中