twitter facebook

【バイオレーサー日記】肩がこる?お客様も納得の原因とは,,,
by: 吉田哲朗

みなさんこんにちは。府中多摩川店の吉田です。

だいぶ走りやすい季節になってきました。

紅葉が綺麗になるのを待つばかり。

 

色々な状況が重なって、レースが秋にずれ込んだ方も多いのでは?

そこでお勧めしたいのがバイオレーサーです。

 

 

 

 

 

DSC_1199

↑ リニューアルして広くなったバイオレーサーコーナー

クランクのQファクターの改善や、レーザー&カメラの専用治具の追加など!

 

 

 

 

 

そこで本日、当社独自サービス

bnt_bio_standard

 

BIORACER Standard

のご予約いただいたのが、CINELLIにお乗りのお客様

 

 

 

 

 

「パフォーマンスは出ているが肩がこる」

との事で、これの原因は

 

理想よりも

・ハンドルが遠いか低いせいで

・ハンドル~サドル間の距離が遠くて

・腕のリーチを稼ぐために腕と肩が前に突っ張っている上、

振動も上半身で吸収しづらくなっている

 

場合が多いです。

 

 

 

 

 

 

その原因を疑って、現状のポジションを測定してみると

やはり

ハンドルが低い!

 

 

 

 

 

 

お体の測定、おすすめポジションの算出を経て

サドルを5mm下げ、サドルを20mm後退させ、

ハンドル位置を25mm高くしました。

かなりポジティブな反応を頂けました!

 

調整した数字だけ見るとアップライトでパフォーマンスが落ちるのでは?

と思われるかもしれませんが、サドルを後退させたことで

臀筋を活用しやすくなり、パフォーマンスの維持をしやすくなっています。

 

バイクのシルエットを意識した故、

ハンドルを一番下まで下げてしまっていたと仰られていたお客様。

微調整ではなく、一度このバイオレーサーでポジションを

思い切ってリセットするのも有効かと思います。

 

来週も別のお客様にご予約を頂いている人気サービス

バイオレーサーを是非ご利用ください!

 

※必ずご予約をお願い致します。お気軽にどうぞ。

BIORACER Liteはご予約がなくてもすぐにご案内が可能です。こちらもお気軽にどうぞ。

提案しますポジションは必ずしも「正解」ではありません。

骨格から見た「理想値」を提案していますので、

お客様からのフィードバックとともに、フィッティングのお手伝いを致します。

 

府中多摩川店 吉田