【スタッフ勉強会・SHIMANO編】RS81 C35 ホイール交換した感が全開です!
by: 嘉悦賢

img_2759

 

 

先日よりメーカー様のご厚意により、シマノホイールRS81 C-24、C-35、C-50をお借りしており、スタッフそれぞれ試乗させていただきました。

 

 

 

先日はc-35を取り付けし試乗してきました!

(写真は撮り忘れてしまったので過去ブログより拝借)

 

 

 

 

 

リムはアルミリム×カーボンラップのハイブリッド仕様は上位DURA ACEと同じ。

 

 

 

最初に軽量なリムを造るというところがスタートなRS81シリーズ。

 

 

各社はリムの切削処理で軽量化を図るところ、シマノは軽量なリムを土台に、必要なところにカーボンラップで強度をだし、できる限り軽量化を図っています。

 

 

 

img_2767

 

img_2761

 

 

 

スポークは細めのステンレス製バテッドスポーク。

 

 

 

フロントはラジアル組。

 

 

リアは駆動側を非駆動側の2倍配置し2:1とするOPTBALスポークシステム採用。

 

 

左右のテンション最適化し、ホイールのバランスを調整。

 

 

 

 

 

 

ハブは上位DURA ACEよりダウングレードしたモデルです。

 

 

img_2762

 

 

 

初速から加速、中速域までスムーズに伸び、c-50ほどではないにしろ、巡航に入ってからもなかなか伸びていきます。

 

 

そして、c-50程の質量を感じずにケイデンスもスムーズに上がります。

 

 

 

 

 

 

 

登りではリムの軽さからか、思っていた以上にスイスイ登る印象。

 

 

 

 

 

 

 

リアのOPTBALシステムもしっかり効いており、踏んだ時のかかりもよく、反応良く加速します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハブも上位DURA ACEよりダウングレードとはいえ、セミウェットな質感でよく回ります。

 

 

 

しっかりメンテナンスされているのでしょうが、メンテナンス次第で化ける&楽しめる所だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップダウンコースには最適でしょう。

 

 

 

 

 

 

グランツールを走るプロは様々な要因からか山岳ステージさえも上位DURA ACEの50mmハイトで走っているようですが、一般のライダーにとってはこの35mmハイトが最もバランスが良く、おいしいところを多くの場面で享受できると思います。

 

 

 

 

 

 

 

当然、価格も魅力的すぎます。

 

 

 

 

 

 

初めてのホイール交換にも最適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、ご相談ください!