【インプレ】シャマルにチューブレスを履かせてみた話
by: 鶴﨑瑛

 

 

みなさんこんにちは!

 

福岡天神店の鶴崎です!

 

先日、スタッフの明石が自前のアルテグラホイールに

 

チューブレスタイヤを履かせて以来

 

「チューブレスはいいぞ」

 

しか言わないおじさんになっていました。

 

 

度重なる洗脳熱い勧めを受けて、とうとう私は思ってしまったのです…

 

 

「チューブレスを使ってみたい…!」

 

 

とはいえ、チューブレス対応のホイールを持っていないワタクシ……

 

 

しかし!!

 

ここは何と言ってもワイズロード福岡天神店

 

スタッフの中には使ってないチューブレス対応ホイールを

 

余らせてる人がいるはず…

 

 

そう思った私は片っ端から

 

「チューブレス使ってみたいんですよねぇ~」

 

と露骨なアピールを始めたところ

 

インプレを書くのを条件に

 

スタッフ井手が貸してくれることになりました!!

 

井手さんありがとうございます!!!!!

 

さて、ホイールを受け取ってびっくり

 

「とりあえず対応してるアルミホイールに付けて渡すね」

 

と言われてたので想像してたのはアルテグラホイールとかそのあたり

 

 

しかし出てきたのはカンパが誇る高級アルミリムホイール

 

シャマルウルトラ 2way-fit!!

 

どんだけ金持ってるんだこの人……

 

こんな高級ホイールを快く貸してくれるスタッフ井手の

 

器の大きさに感動しました(露骨なヨイショ)

 

 

 

さて、肝心の走行感を書いていきたいと思います

 

基本的にシャマルすげー!というインプレです

 

チューブレスの良さを知るはずが、シャマルの良さまで

 

知ることになってしまいました…

 

走ったルートはこんな感じの走行距離130km程

 

Screenshot_20170423-112045

 

唐津の方に走りに行って、ついでに鏡山ヒルクライムもしてきました

 

使用機材は超絶カッコイイ愛車のSCOTT SOLACE

 

SCOTTのエンデュランスモデルの一つです

 

シャマル

 

ホイールは前述のシャマルウルトラ 2way-fit

 

使用したチューブレスタイヤはIRCFORMURA PRO

 

 

今回はシャマル×チューブレスのインプレとなりますので

 

FORMURA PRO単体に関しての記事はまた後日ということで…

 

 

まずは漕ぎ出し

 

さすがはシャマル、ホイール自体が軽いこともあって

 

非常にスムーズに発進できます。

 

低速度帯から中速度帯、高速度帯へと加速していくときも

 

非常に滑らかにいきます

 

踏み込んだ力がしっかりと伝わってぐんぐん加速していく感じ

 

 

 

振動吸収に関しては

 

以前レーゼロを使った時に感じたアルミスポーク特有の

 

コツコツというかガツガツくるフロントホイールへの衝撃が

 

チューブレスタイヤによってかなり軽減されているように思えます

 

というか、はっきり言ってしまうと

 

 

「乗り心地がとてもいい!!」

 

 

シャマルというと高剛性で硬いというイメージが強いですが

 

チューブレスを使うと、踏み込んだときの加速感や反応性から

 

しっかりとした剛性を感じつつも、乗り心地が非常にマイルドになって

 

かなり相性が良いように思えます。

 

 

 

40km/h程で巡航しても、ローハイトのホイールながら

 

スポークのエアロ効果や空力的に有利とされるスポークパターンの

 

メガG3が非常に良く働き、思った以上に速度の維持が楽チン

 

 

 

チューブレスはよく転がると聞いていましたが

 

USBハブも相まって面白いほど回ります

 

 

 

むむむ…?

 

もしかしてコレは最強系ホイールなのでは…!?

 

 

 

相当高水準にまとまっているように思えますが

 

登坂だとどうでしょうということで鏡山ヒルクライムにチャレンジ!

 

 

私はシッティングでコツコツと登るタイプの人間なのですが

 

踏んだあとのタメのようなものがなく

 

登りでも踏むとラグ無しでスッと加速する感じ

 

 

 

トルクをかけて登るというよりかは、ケイデンス高めで

 

くるくると回すように登る方が良いのではないかとも思いましたが

 

ダンシングしてみるとこれはこれはガツンと加速して登る登る…

 

 

 

なにこれ凄い…

 

 

鏡山は途中路面がそこそこ荒れてる箇所があるんですが

 

チューブレスパワーで不快な突き上げもなく楽に登っていきます

 

平地もこなせるし山もどんとこい

 

さすがはカンパの自信作なだけありますね

 

 

楽しく登ったあとは展望台からの絶景を見てしばし休憩

 

 kagamiyama

絶景を見ながら飲むコーラは最高でした

 

 

さてさて、高剛性のホイールについてまわる

 

脚への負担の話

 

 

帰り道、走行距離が100kmを越えたあたりで脚が張ってくる感じがありましたが

 

そもそも僕は100kmも走ればどんなホイールだろうが脚が張ってくる貧脚なので

 

シャマルが疲れやすいホイールかは断言できない感じ

 

 

とはいえ、足が攣りそうなほどキテるというわけでなく

 

疲れが溜まってだるいなぁという感じ

 

 

余計に疲れるとかではなくて、普通に距離に比例して

 

疲れてるって感じがしますね

 

 

軽く回して流す分には200km走っても大丈夫そうでした

 

 

 

様々な場面でガンガン活躍できるシャマル×チューブレス

 

ロングライドにも非常に向いているように感じました

 

 

とりあえずはこの組み合わせだと

 

非常に乗りやすく、平坦でも登坂でも高性能ホイールの恩恵を

 

充分に堪能できるかと思います。

 

 

もしかすると硬いホイールにチューブレスを履かせるのは

 

大正義かもしれない…

 

 

鶴崎がシャマルを買う日も近いか……?

 

 

2way-fit仕様はありませんが、通常のクリンチャーのシャマルは

 

店頭に在庫しております!

 

気になる方は是非ご来店ください!

 

 

「チューブレスはいいぞ!」

 

あとは井手さん僕にシャマル売ってください (小声)