【タイヤ交換】コルサ25C、通勤で衝撃のタイムをたたき出す。
by: 小西 真人

 

DSC_0364

 

 

 

 

 

2年ほど使ったシュワルベ「ワン」の25C。

 

乗り心地も良くてグリップ感も高く、かなり好みのタイヤなのですが

ちょっとゴムが硬くなってきたというか、モチモチ感が減ってきたので・・・

 

思い切って交換です。

 

 

 

 

 

DSC_0357

 

 

 

 

新たなタイヤはやはりコレ。

 

福岡天神店イチオシの「ヴィットリア コルサ」。

バイクの雰囲気と乗り心地を考えて、グレーサイドの25Cをチョイス。

 

 

 

 

 

DSC_0350

 

 

 

「KOM  EVO」は一昔前のバイクいうこともあり、25C幅だと干渉しないか

ちょっと心配でしたが・・・全く問題なし。

 

なんとなくヴィットリアは「実寸だとちょっと太め」な印象だったのですが

どうやら思い過ごしだったようです。

 

 

 

 

 

さて。

 

以下簡単ですがインプレです。

 

 

 

〇25Cとは思えない軽快感。

 

タイヤが重くて太いため「乗り心地は良いけどちょっとダルい」というのが

25Cのイメージでしたが、コルサにはあまりそういったネガは感じません。

 

どちらかと言えば23C派でしたが、このコギの軽さならアリかも。

 

 

 

〇抜群の転がり。

 

スピードの伸びが良いので、ゼロ発進から20km/h越えまでがあっと言う間。

さらに踏めばスルスルと30km/hまで簡単に加速していきます。

 

ガーミンでちょいちょい確認したのですが、いつも以上にスピードが出ていて

「あれ?ここでこんなに速度が上がるか?」という感じです。

 

転がりが軽い分、脚を止めた時の速度の落ちも緩やか。

 

 

 

〇乗り心地はまあ普通。

 

そもそもKOM+レーゼロの組み合わせがガチガチなので、いくらコルサとは言え

ここはカバーしきれなかったように思えます。

 

「絨毯の上を走るような乗り心地になるのでは?」と密かに期待していましたが

普通に揺すられるというか路面からの振動はしっかり感じました。

 

とはいえ、ロードバイクとして考えれば十分許容範囲内。

ケーシングが硬めのタイヤではもっと大変なことになっていたと想像できます。

 

 

 

 

 

で、家に着いてビックリ。

 

再現性のない一発のデータなのであくまでも参考値ではありますが。

 

 

約16kmの通勤の帰路で、過去最高の平均速度をたたき出しました。

 

KOMでの今までのベストが・・・27km/h。

練習不足丸出しの直近のデータが・・・25.7km/h。

今回タイヤを替えただけ?で・・・28km/h。

 

と2km/h以上も上がっているなんて。

 

 

たかだか40分程度の通勤ライドで、タイム(移動時間)自体も

ベストと比べても1分、直近の結果と比べたら3分!も早くなっています。

 

 

やっぱりスゴいなコルサ。

 

タイヤ交換しただけで、平均速度が10%近くも上がるなんて。

これはコルサの転がりの軽さの効果と言っていいのでは。

 

 

 

まあ家に着いた時点で今まで例がないほどヘロヘロでしたので、

タイヤにかなり急かされた感はありますが。

 

 

 

 

どんなに良いバイクに乗っていても、

どんなにいいホイールを履いていても。

地面と接しているのはタイヤです。

 

加速も減速も旋回も、全てはタイヤの限界次第。

 

 

ロードバイクに慣れてきて、もっと速く!という欲求が出てきたのなら

タイヤは出来るだけ良いモノを選んであげましょう。