初めてのビンディングペダルにはSHIMANO?TIME?
by: 鶴﨑瑛

初心者のステップアップとしてよくあるのが

 

フラットペダルからビンディングペダルへの挑戦

 

 

 

専用のシューズとクリートを使ってペダルと足を固定するというのは

 

最初は戸惑いと恐怖がありますが

 

慣れると無くてはならない存在になるのが

 

ビンディングというものです

 

 

 

そんなビンディングペダルにも色々と種類がありまして

 

今回は定番のSHIMANOと、私が愛用しているTIMEのペダルについて

 

初めてビンディングに挑戦する方の

 

ペダル選びの1つの判断材料になるといいな~

 

と思いつつ書いていきます

 

 

まずはSHIMANOのSPD-SLから

 

 

DSC_4555[1]

 

言わずと知れた、日本が世界に誇る一大メーカーが作るレースペダル

 

乗り手のパワーを最大限に伝達するために、幅広の踏み面

 

しっかりとした固定力(調整可能)

 

ダイレクト感の強い踏み心地はスプリンターのパワーをも確実に受け止め

 

プロチームでの採用も多い

 

 

また耐久性が非常に高く、ユーザーのスタッフ居藤によると

 

2万キロ近くメンテナンス無しで

 

雨の中だろうが構わずに使ってきたがまだまだ余裕とのこと

 

一度買えば数年は持つと考えるとかなりコストパフォーマンスが高いですね

 

DSC_4556[1]

 

使用するクリートは三種類

 

黄色が一番遊びがあり、赤が完全固定、青がその中間といったところ

 

クリートの減りは標準的。クリートの価格も控えめです。

 

また広く普及しているペダルなので、クリートの入手性も非常に良いです

 

 

さて良い所ばかり書いてきましたが、次はデメリットを

 

・重たい

 

これは後述するTIMEと比較すると顕著です

 

耐久性や剛性感のためにやはりどうしても重くなる模様

 

シマノのデュラエースペダルとTIMEのエントリーグレードが

 

228gと同じ重量となっています

 

 

・クリートのセッティングがシビア

 

個人的に一番気になる部分がこれで、実際に最近SPD-SLペダルを

 

暫くの間使っていたのですが、ガッチリと固定されるので

 

少しでもクリート取り付けの角度や位置がずれていると、違和感があり

 

膝の痛みにもつながります

 

自分にピッタリの位置を見つけるまでの試行錯誤が必要ですね

 

私は見つけられずに断念しました………

 

 

ベストな位置さえ見つかれば非常に長く安定して

 

使い続けられるペダルと言えるでしょう

 

 

 

 

 

 

続いてはTIMEのペダル

 

DSC_4553[1]

 

もっと脚に優しいペダルを作る、という思いのもとに生まれたペダル

 

シャープな見た目とは裏腹に、独自のフローティング機構によって

 

脚を完全に固定せず、十分な遊びを持たせている。

 

ガタがあるような遊びではなく、スルスルと滑らかに動く為

 

はずれそうな不安感は無し

 

また疲れてペダリングが崩れてきても

 

フローティング機構によって脚に負荷がかかりすぎない様に

 

調整してくれる優れもの

 

 

何よりも走行時の付け外しが非常に楽

 

パチンパチンと非常に軽い力で付け外しが可能

 

ペダル自体はかなり軽量で、一番下のグレードですら

 

SHIMANOのトップグレードに匹敵するほどの軽さ

 

TIMEのトップグレードは133gという驚異の軽さとなっています 

 

DSC_4554[1]

 

クリートはこちらを使用

 

減りは結構早く、徐々に固定力も弱くなってくるのでこまめな交換が必要です

 

また取り扱っていない自転車店も多々あるため

 

入手性がやや悪いといった問題点も

 

 

クリートセッティングはフローティング機構も相まって

 

自由度が高く、多少位置がずれていても違和感があまりありません

 

クリート位置で沼にハマるといったことも殆どないかと思います

 

SPD-SLと比べると固定感がやや薄いため、好みが分かれるペダルです

 

 

 

というわけでSHIMANOとTIMEの二種類を紹介させていただきました

 

入手性や耐久性、信頼感といった点

 

また多くの方が使っているため、アドバイス等も聞きやすく

 

SHIMANOのSPD-SLは初心者にも使いやすいと言えるでしょう

 

しかしながらクリート位置のセッティングにおいては

 

非常にシビアな所があるので、膝などに不安がある場合

 

また自分だけでベストな位置を探し続けるのが難しいという方

 

なるべく軽い力で付け外しができる方が良いという場合は

 

TIMEがオススメになります

 

 

 

どちらも大手メーカーが本気で開発したペダル

 

それぞれ個性がありますので、ビンディングにこれから初挑戦しようという方は

 

是非参考にしてみて下さい

 

 

もちろん店頭での相談も承っておりますので

 

お気軽にスタッフにお尋ねください!