【福岡×MAVIC】歴史の狭間に消えしホイール…まだあります!
by: 仁科嘉孝

 

P_20180513_125414_vHDR_On

 

MAVICと言えば現在USTチューブレス激押しなわけですが、

そうはいってもクリンチャーが楽ちんでいいよなって人も

多いのも事実。私もレース志向ではありませんし、リカバリーの

速さはクリンチャーに分がありますので、基本クリンチャーです。

 

P_20180403_211246_vHDR_On

 

リム自体はUSTリムですがクリンチャーで運用したほうがエアを

高圧にできるので乗り味的にはクリンチャーのほうが好みです。

 

MAVICのアルミホイールと言えばKSYRIUM(キシリウム)

その歴代キシリウムの証ともいうべき

 

P_20180513_125420_vHDR_On

「イソパルス」

通常禁忌とされているドライブ側ラジアル組を可能にしているのが

MAVICの技術力の現れです。

削りだしのフリーボディはやや重めですが、捻じれ剛性が高く、

ペダリングのロスも少ないのがメリットです。

かつて、キシリウム エキップというモデルがありましたが、

現在ディスコンになりただの「キシリウム」というモデルになっています。

現行モデルは17年よりISMリムを採用したモデルになっていますが、

 

P_20180513_125352_vHDR_On

 

こちらはその前年の16モデル

KSYRIUM

フロント定価¥29,000-(+税)

→¥26,100-(+税)

 

リア定価¥35,000-(+税)

→¥31,500-(+税)

 

 

P_20180513_125437_vHDR_On

 

 

カラーは鉄板のBLK×RED

タイヤとチューブがついてこの値段ですから、実質ホイール代は

もっと安くなります。

 

P_20180513_125445_vHDR_On

 

リムは切削なしモデルですが、堅牢で振れの出にくい

安心安定のMAVICリム

 

初めてのホイール交換にいかがでしょうか??

 

 

ちなみにBLK×BLKモデルも1セット在庫があります。

 

 

福岡天神店にてCheck it out!