【SONOMA ADVENTURE】巷で噂のアイツに乗ってきました。【GRAVEL】
by: 仁科嘉孝

 

P_20180928_124238_vHDR_On

 

グラベル走らずしてグラベル語るべからず。

と、いうことで幸運にもメーカーさんから巷で噂の

ボトルケージマシマシバイクことRITEWAY SONOMA ADVENTURE

をお借りできましたのでちょっくら走ってまいりました。

このモデル、同じフレームで700c Ver.650b Ver.が存在するのですが、

650b Ver.をお借りしました。

台風前で道が荒れる前に来られてラッキーでした。

 

P_20180928_103510_vHDR_On

 

まずは近所のコンビニで、これまた巷で噂の安納芋羊羹を補給食に確保、

現地に向けてスタートです。

 

P_20180928_112013_vHDR_On

 

福岡はコンパクトシティなので少し走るとこんな感じに地方感がすごい

感じになってきます。

このソノマ、価格が¥89,800‐(+税)と超破格ですが、重量がカタログ値

13Kgと中々のヘビーウェイト。0からスタートはかなりもっさりしていますが、

ある程度速度がのると気持ちよく前に進みます。

圧倒的エアボリュームからくる乗り心地の良さは流石の一言。

ジオメトリ表にフォークオフセットが記載されていませんが、トレール値

が良いですね。ハンドリングも中々GOODです。

 

P_20180928_121530_vHDR_On (1)

 

ただし、上り。

しんどい……さすがにバッグ類もありますから14Kg近い重量は

結構キますね。。。。

マァ、このスタイリングですから前後キャリアに4サイドスタイル

にすれば重量について言及するのはナンセンスですが、そうなったら

フロントトリプルのツーリング仕様にカスタムしたくなります。

 

P_20180928_124837_vHDR_On

 

待望のグラベル区間です。

しばらくは砂利道区間が続き

 

P_20180928_125216_vHDR_On

 

大きめのドロップもある区間も入り乱れ

アクションカムがあればナァ!と抜群に楽しい時間を満喫しました。

 

グラベルの走破性に関してはやはり45bのタイヤが良い仕事をして

くれます。ぜいたくを言えばチューブドなのでホイールとタイヤを

変えてチューブレス化すれば最高に面白い感じにできるとは思いますが、

予算のかけどころが悩ましいバイクだと思います。

 

P_20180928_124829_vHDR_On

 

持って重いが走りは軽やかで楽しいバイク、それがこの

 

SONOMA ADVENTUREです。

 

 

P_20180928_135652_vHDR_On

 

 

P_20180928_135916_vHDR_On

 

帰りはみんな大好き「むっちゃん万十」もちろんハムエッグ

食べて帰宅です。

沁みる美味さでした。

 

 

SONOMA ADVENTURE

通常店頭在庫はしておりませんが、ご注文にて承らさせて

いただいております。ご興味ある方はどうぞお待ちしております。