小径車で攻める各地の名所! Prt2!  足尾~桐生編
by: 中橋 知之

いや~、大分間隔が空いてしまい申し訳ありません。 約4ヶ月ぶりに小径車で輪行の旅に出てまいりました。

ただこの間はロードに乗ったりもちろん小径も乗ったりと“ただ輪行で遠くに行けてなかっただけ!”なんですよ。

まあ、言い訳はこの辺にしておいて・・・

今回行ってまいりましたのは栃木県日光市~群馬県桐生市を結ぶ渡良瀬渓谷でございます。

渓谷3

森高千里さんの【渡良瀬橋】でご存知の方も多いと思います。

実際私も走りながら気づくと“今でも、八雲神社へお参りすると~♪”と何度か口ずさんでしまっていました・・・。

いや、でもあれは名曲ですから! ユーチューブで見ちゃいましたから!(爆)

それはさておき今回は、まだ5分くらいでしたが紅葉と歴史ある風景、自然の絶景を見ながら途中で旨い物を食べながら走るというゆったりライドでした。 ただやはり輪行での小径の利便性や現地での行動範囲が格段に広がる(今回は観光も含まれていましたので)という面を改めて再認識いたした旅でございました。

私の住んでいる船橋から武蔵野線・つくばエクスプレスと乗り継ぎましてまずは北千住へ。 そこから東部伊勢崎線・桐生線と特急りょうもう号に乗ること1時間半ほど(この間に朝ごはんを食べて朝も早かったので爆睡します。)群馬県の相老という駅に到着します。

aioi

う~ん、なんとも言えないローカルな感じ。 ワクワクしてきます。

さらにここからわたらせ渓谷鉄道というローカル線に乗り換えるのですが次の電車がくるまで50分くらいあるではありませんか・・・。 とりあえずコンビニで時間をつぶします。

そしてようやく電車がきたのですが紅葉シーズン故の混雑っぷり。 1両編成の電車でいつもは座ってゆったり行けるらしいのですが今回はひたすら立って目的地の終点、間藤駅を目指します。

車内

ただこのわたらせ渓谷鉄道は景色が半端ねーっす! 木々の中を抜けていくと途中から渡良瀬川と平行して進んでいくのですが途中でいのししの親子が線路の上を走って電車が追いかけるというハプニングや川の綺麗さであったりとすんごいんです!

渓谷2

山も微かに赤らんできています。

途中の駅も大正時代に作られ有形文化財に登録されているという駅や

駅舎

温泉が併設されてる駅

mizunuma_gaikan

昔活躍していたロマンスカーをレストランとして置いている駅

seiryu_img6

seiryu_img4

 

 

いろいろな景色を見ながら電車に乗ること1時間弱あまり。 ようやく目的地に着きます。

足尾銅山工場

歴史的有名な足尾銅山です。 少し歴史を勉強していたのでこのような歴史上の舞台にこれたことに少し感動。

ただ今でこそ観光地となってノスタルジックな感じで感傷に浸れますが当時のことを思うと少し考えさせられるものもありました。

足尾煙突

煙突とチャリ

みんなとチャリ

 

人口滝

工場橋

 

電車が走っていたところよりもう少し登ると葉の赤らみも色濃くなっています。

紅葉とBD1

今回は男4人旅でそのうち3人がBROMPTON、そして私1人、BD-1という構図。

チャリ集合

やはり走破性ではBD-1の方がBROMPTONに勝ります。 実際に乗り比べたりするといろいろな違いが分かる感じです。(今回の全行程は60kmほどでしたがそのうち3/4はBROMPTONで走りました。 ん?なんでそんなに乗ったかって? それは内緒の話か一緒に行った仲間がブログUPしてくれるのを待ちましょう。)

電車で走ってきたところを逆走で川沿いに走る。 電車だとトンネルの中を走るので分からなかったのですが途中で広大な草木ダムという名所も出てきます。

ダムとチャリ.t2jpg

 

わたらせ渓谷鉄道名物トロッコ列車がくるかな~と待ちわびていましたがなかなか来ない・・・。

紅葉・鉄橋・澄み切った川をみながらしばしの休憩。

紅葉と陸橋

そして前途で紹介いたしました【列車のレストラン・清流】でお昼ご飯を食べます。

しかしここで私やらかしてしまいました・・・。 あまりのお腹の空きっぷりに写真も取らず食べ初めてしまいました・・・。 気づいた時には写真の収められないくらいもとの形はなくなっていました・・・。ただ舞茸の天婦羅など地元名産の食材を使った料理はメッチャ旨かったです。(これも誰かしらは写真を撮った人がいると思われるのでブログをあげてくれることを祈りましょう・・・他人任せ・・・。)

そのレストランはホームにあるので食べ終わって外に出るとなんとトロッコ列車が停まっているではありませんか!

トロッコ

 

“お~っ”と感嘆しながらみているとうちの店長がメッチャ写真取りまくってるではありませんか! 恐るべし鉄道好き・・・。 ただこれはちょっと乗ってみたいな~。

トロッコ列車を見送って自分達も駅をあとにしようと走り出した瞬間に嫌な予感が・・・。 この神戸という駅に来るとき激坂を下ってきたよな・・・。 ってことはもしかして帰りは登るんだよな・・・あっ! やっぱり登るんだ~~!

まだまだお腹の中には舞茸の天婦羅が入ってきたばっかなんですよ~!、ふう~、うぷっ・・・。 皆様、自転車で行かれて清流でご飯を食べるときは注意してください。

坂を登ってからは長いくだりと緩やかな登りの繰り返しが桐生の市街地まで続きます。 そしてゆらりと走って桐生駅に到着。 時間も程よく16時過ぎ。 後はビールを飲みながら輪行で帰るだけ~。

帰りの電車はいたるところで人身事故があり大幅にかかってしまいましたがおかげさまでゆっくり寝ることも出来ました。

今回はそこまでハードなコースではなく初心に帰って小径車を楽しむ!という意味ではとてもいいコースでした。

自分のBD-1とBROMPTONを乗り比べそれぞれの特徴も感じられました。

さて、次回はどこに行きましょうか。 今回みたいに大幅に期間をあけないで行ってきたいと思います。

どこかいいとこありますか? あれば情報お待ちしています。 もちろん美味しい物情報も一緒にお願いいたします笑